役立ち 機材 音楽

プロが教えるギター弦 保管方法! これで弦を錆びさせない・劣化させない!

更新日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

「ギター弦の保管方法ってどうしていいのか」ってありますよね。

保管方法によっては錆びてしまうし、劣化してしまう。

Music Lifeでは弦を真空パックにしていますが、錆びやすい弦はさらに保管方法にも気を付けています。

ギターのプロとして、Music Lifeというお店で試行錯誤して辿り着いた方法を書いていきます。
試してもらえると嬉しいです♪

スポンサーリンク

湿度を減らしてギターを劣化から守る!

弦にとって湿気は大敵です。
ここでオススメするのがこれ!

東洋リビング モバイルドライ 除湿ユニット MD-2

東洋リビング モバイルドライ 除湿ユニット MD-2」というもの。
ギター弦を湿度から守る モバイルドライ 除湿ユニット MD-2<

除湿剤として以前はこれを使用していました。

これの難点は「除湿をしたら捨てることになり、無くなったら新たに買い替えないといけない」という点。
ずっと買い続けなきゃいけないのはコスパが悪いですよね。

その点、今回紹介する「モバイルドライ MD-2」は繰り返し使えるんです。

繰り返し使える除湿剤!

繰り返し使える除湿剤!モバイルドライ! ギター弦を錆びさせない!

この部分が

こう!

コンセントに挿せば繰り返し使えるシリカゲル!

プラグが出てきました!
これをコンセントに挿せばOKです!

シリカゲルは熱を加えることで、吸った湿気を飛ばして復活するようで、コンセントに挿して発熱をすることで再利用できるようになっています。
エコ!経済的!

ちなみに先程の以前使っていた「なんでも除湿シリカゲル」も電子レンジやトースターでやれば復活するというのが書かれていましたが、時間がかかりすぎる(電子レンジで10分くらい)うえに、シリカゲルの色が変わらず復活できませんでした。

コンセントに挿すタイミング

「復活するというけど、いつコンセントに挿せばいいの?」

これは本体を見れば一目瞭然!
シリカゲルが外から見やすいようになっています。

これが購入時。ピンク色になっていて、これは「もうアカンで~!」というサイン。
モバイルドライのコンセントに挿すタイミング

これをコンセントに挿して数時間するとこうなります。
モバイルドライ MD2 のシリカゲル
青!!
この状態が完全復活した状態。

これを繰り返すことで何度も使用できます♪

で、「何度も使える除湿剤」を紹介しましたが、このまま部屋に放置しておくとダメです。さすがに部屋の湿度を無くすことはこれだけでは無理だからです。

なにかしらのケースに弦を入れて、このモバイルドライを一緒に入れて下さい。

ここでオススメのケースも書きますね^^

弦を錆びから守るためのオススメのケース

ベストなケースは防湿庫です。
カメラなどを保管する際に使うケースで、高品質です。

  • 防湿庫 カビ対策 カメラ収納ケース ドライボックス 容量25L
  • HAKUBA 電子防湿保管庫 E-ドライボックス 25リットル KED-25
  • しかし・・・高いです!
    良いとはいえ、さすがにこれらはオススメするのは厳しいですよね^^;

    その中でオススメしたのがこちら。

    ナカバヤシ キャパティ ドライボックス

    僕はこのケースをオススメしたいです。
    11L グレー DB-11L-N
    ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 11L グレー DB-11L-N

    蓋を開けると

    弦を錆びさせないケース

    結構大きいです。

    試しに弦を入れてみます。
    中に入れたのは
    Martin M535 11-52 CUSTOM LIGHT PHOSPHOR BRONZE
    GHS Progressives プログレッシブ 10-46 PRL010 750円 ガス
    弦を入れてみる。 錆びさせないケース

    かなりの大容量ですよね。

    さすがに一人で利用するのはこれは大きすぎるので、8Lのものが良いと思います。

    もっと入れたい場合は27Lのも良いと思います。

    このケースの良いところはもう二つあります。

    シリコンゴムでしっかり密閉

    蓋のフチにシリコンゴムがあり、隙間を減らししっかり密閉してくれます。
    シリコンゴムでしっかり密閉してギター弦を錆びさせない

    湿度計付き

    高品質思うけど、湿度計があるため中の湿度が外から一目瞭然!
    湿度計があり、ギター弦の湿度が一目瞭然
    これがWETになったら要注意で、モバイルドライの効果が無くなっている可能性があります。 これを目安にモバイルドライをコンセントに繋ぐようにするのが良いと思います。

    おわりに

    モバイルドライ MD-2、ドライボックスを紹介しました。
    弦を錆びさせないようにして、劣化も出来るだけ抑えて気持ち良くプレイしてもらえれば嬉しく思います!
    この記事が役に立てば嬉しいです^^

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

    ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ
    この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

    -役立ち, 機材, 音楽
    -, , , ,

    Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.