動画・音源 音楽

【動画あり】2016楽器フェア Greg Koch(グレッグ・コック) 来日に大興奮! -異次元すぎるギタリスト!-

更新日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

先日「2016楽器フェアに行ってきました!」を書きました。

クロサワ楽器の友人から教えてもらった情報。

「のりさん、このあと15時からGreg Kochのデモがあるんですよ^^」

Greg Kochを生で見聞きして超絶テンション上がったのを書いていきます!
動画もちょいと載せるよ^^

スポンサーリンク

Greg Koch とは?

まずこの人は誰なの?という人がほとんどな気がする。 日本では知る人ぞ知るくらいかも。
なので紹介したい。

読み方

これ重要(笑) Greg Koch と書いて「グレッグ・コック」。
今まで、グレッグ・コッホだと思ってた。
なぜなら「Koch(コッホ)」という機材メーカーがあるから。
グレッグ・コッチ、グレッグ・コッケ、などと明記されていることもある。
クロサワ主催のこのイベントでは「グレッグ・コック」と書かれていたので、これが発音上近いと思います。
(海外の方の名前の日本語表記って難しいよね><)

どんな人?

1966年生まれ、アメリカ出身のギタリスト。
大学でジャズギターを学び、自身のバンドで数々の賞を受賞。
スティーヴ・ヴァイのレーベル、Favored Nationsと契約。
ギター・プレイヤー誌( Guitar Player Magazine )は”fiendishly talented”(悪魔のような才能の持ち主)だと絶賛。
ギター・クリニックを開き、教則本や教則DVDも発売。

これだけだったら「なんか凄そうなギタリストやな」という感じなんですが、個人的にぶったまげたのがあるんです。

数少ないFender社公認のクリニシャン

クリニシャンというのは、メーカーの製品を使っていかに素晴らしいかを多くの人に広めるのが仕事。
Fenderを良さを広めるのがお仕事ということです。

あの! Fenderが! 認める! ギタリスト!!

アメリカ国内だけ見てもたくさんのギタリストがいて、べらぼうに上手い人達が多く、その中で選ばれた人間。 世界のFenderに選ばれた。 しかも日本とか中国とかの有名な人を使う外人枠とかではなく、本国の人間で選ばれてる。 これだけでも相当な本物という情報。

とにかくスゴイ人なんです。

楽器フェア デモンストレーション

今回の2016 楽器フェアではぼくが見たのはクロサワ楽器のブースでだけど、しっかりしたステージでもやったり3日演奏してたそうです。
そんなのは知らなかったので、友達に教えてもらって大興奮!
10年ぶりくらいの来日だそうで^^

Greg Koch グレッグ・コック のデモが最高すぎる!

これを撮るぼく。
グレッグ・コックのクリニックが超絶楽しみ norinori0107

PUメーカーのFISHMAN のデモンストレーターとしての来日。
ギタリストでグレッグ・コッホを使うのは卑怯だ!!(笑)
ハッキリ言って、なんでも良く聞こえるぞ!!w

早めに到着して最前列を陣取りました(笑)

目の前にMartinのアコギが2本、逆側にエレキギター(テレキャス、ストラト、レスポール)がスタンバイ。
Greg Koch ギター

ちなみにこれはクロサワ楽器の友達に聞いた裏話だけど、「Martinはクロサワさんが用意したものだけど、エレキギターはグレッグ本人のもので自分で持ってきた」らしい。

そしていよいよスタートです。

アコギ

まずはアコギを!
Greg Koch のアコギ演奏

いきなりぶちかましてくれます。

あー、素敵すぎるで~!!

ラリー・フィッシュマン

横にいるのはFISHMAN の社長 ラリー・フィッシュマン。
社長自ら来日し、説明してくれました。 
社長&最強助っ人のグレッグで本気度が伺える。

Greg Koch が弾くFISHMAN REP103 RARE EARTH BLEND
これは「FISHMAN RARE EARTH BLEND」を装着したギターを弾くグレッグ・コック。
レアアースブレンドは僕も愛用していて、とても良いPUです。 マグとマイクのブレンド具合も調節できるし、生音もしっかり拾ってくれるので使いやすいです。オススメ!

エレキギター

お待ちかねのエレキギター。
Greg Koch のストラト エレキギター演奏

いやー、すんごい。
動画載せますね!

うーん、何この人。すごいな(笑)

そしてシグネチャーテレキャスター!

Greg Koch シグネチャー テレキャスター

ボリュームとトーンの間にボタンがあり、キャラクターが変わる。

レスポールは弾く時間がなかったようで、音を聞くことができなかった。

こうしてあっという間にグレッグのデモンストレーションが終わってしまいました。

グレッグさんヤバすぎ!!

もうずっとYoutubeで見てきた人が目の前であのプレイ。
動画で伝わったか分からないけど、超絶ですよ。
テクニックがスゴイとかもあるんだけど、音楽力がずば抜けてますね。
リズムが良いとかノレるとかの能力もスゴイ。
全てがノレる、全てが音楽的。
音楽を奏でていて、時にフリーテンポになったり間違えもあるけど、しっかり音楽に戻ってくる。

この次元でこのプレイを出来る人ってどれくらいいるんだろう?
ずば抜け過ぎていて驚き。
比べる気はないけど、どうしても色んな人と比べてしまうし、楽器フェアで見たどの人とも次元が違う。 いやー、世界レベルを見せつけられて呆然となりました。
トーンも異常だしさー。
本当にこの人はなんなんでしょう? 素晴らしすぎました。

FISHMANの製品 エレキPU

そうそう、今回来日はFISHMANのPUの宣伝に来てたんです。
アコギでは有名なFISHMANだったけど、今回はエレキのPUに力を入れてきたようです。

・シングル

・ハムバッカー

テレはネットにはなかったです。まだ販売はしてないのかな?

これ別の友人も言ってたけど「めちゃめちゃ良い」らしい。
あまり知られてないし、まだエレキPUは実績などがないから使われてないけど、かなり良いらしい。

だけど問題が1つあって、FISHMANのPUって・・・アクティブらしいんですよ。

アクティブを載せるのは面倒くさい

これは僕の気持ちでもあるんだけど、アクティブのPU自体は良くても面倒くさいんですよね。

搭載するのが!

しかもアクティブということは電池でしょ?
本体に穴開けるのとかお金もかかるし面倒。

「FISHMANさん、来てくれたけど、良い音鳴らしてるけど、加工のこのハードルは高いですよ~。。」

・・・

と思ってたら、ちゃんと考えてくれてました!!

穴あけする必要無し

電池の問題があり、電池を収納するスペースが必要になるため加工が必要になる。
素敵な物を用意してくれてました。
これは本当に驚いたよ!

ジャン!

FISHMAN PU アクティブの電池

わかる?

ストラト用ので、裏バネのカバーに取り付ける電池パック!!

iPhoneで「バッテリーケース」というのがあるんだけど知っていますか?
ケースにバッテリーがついているケースにiPhone本体を入れると、本体の電池+バッテリーケースのバッテリーで長時間使えるというもの。

これと同じように、薄いバッテリーをカバーと一体化させてるんです!!

これは本当に頭良い!
これなら加工する必要がない!!

充電は中央上部にある穴にmicro USBを挿して充電。
たしか3時間の充電で150時間だっけかな?1500時間? ちょっとの充電でたくさん使えるらしい。

レスポール用もある。
FISHMAN PU アクティブの電池 レスポール用

これもカバーに取り付けるので、micro USBで充電。

テレは写真はないんだけど、ギターのシールドジャックの部分でそういうのがある。
シールドを挿す穴の下にmicro USBのコネクターがあるので、そこで充電する。

全てよく考えられてるよね~。

これで加工をせずにアクティブPUが使えるという事。
可能などうか分からないけど、これってEMGとかの別のアクティブにも使えるんじゃないかな? 加工無しでアクティブが使えるようになればもっと良いよね^^

おわりに

という具合です!
最後にグレッグとツーショット^^
グレッグ・コッホとの2ショット

グレッグめっちゃ背が高いです(笑)
多分200cmくらいあるんじゃないかな?(笑)

超優しいし、笑顔素敵だし!

楽器フェアで歩いていた有名なアーティストとは写真を撮ろうとは思ってなかったけど、この人だけは別でした。 ただのファンと化していたので、どうしても一緒に撮りたかった(笑) 

あ~、感激~(*´ω`*)

そしてこれ。
グレッグ・コックのギターケース

これがグレッグ・コックのギターケース。
これ見るのかなりレアかと。
このケースにテレ、ストラト、レスポールの3本を収納してアメリカから持って来てくれたらしいです。 こんなケースあるんだ~。

最初から最後まで驚かせてくれたグレッグのプレイ&人柄でした。
最高過ぎます!

そして僕は最近グレッグのこの動画にハマってます。
クラプトンスタイルのビブラートを教える(?)みたいな短い動画なんですけど、良い音だな~って♪

色々とヤバイ人なのでチェックしてみてね! 本当にオススメ!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ

-動画・音源, 音楽
-,

Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.