本・読書 考え 読了まとめ

赤羽 雄二 さんの本は1冊読めば充分!?

更新日:

Pocket

今回の記事はちょいと強めな記事ですよ!
批判的な記事ですよ!!

先日図書館で本を借りました。
借りた本は「赤羽 雄二(あかば ゆうじ)」さんの本。

以前よんだ本が中々良かったので借りてみたんだけど、読んでいてちょっと残念な気持ちになりました。

スポンサーリンク

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

まず赤羽さんの代表的な本に「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」という本があります。

めちゃめちゃ売れた本で2014年の時点で7万部なので、現在はもしかしたら10万部くらいいっているかもしれないです。

本の内容はぶっちゃけ「メモの大事さ」を伝えるもの。
Amazonのレビューで良い説明があったので引用。

・A4横使いで書く
・1枚1件だけ書く
・左上にタイトルして、アンダーライン引く
・内容(本文)は1枚につき4-6行で(1行=20文字程度)
・本文の各行頭には「ー」ハイフンを付ける
・1枚1分以内で書く
・吐き出すように、「思いつく速度」で書いていく
・とにかく1日10枚書く
・書ききった後で、クリアファイルに分類・整理する

僕もメモをよく取るし、考えを整理するためにとにかく書くので、この考え方には賛成。
ただ、この考え方というか近い方法を既に自分の中に取り入れていたため、なにかをプラスにすることはなかった。 付箋も1つも付けずに終わった。でも良い本だと思います。
(僕は気になった場所に付箋をつける読み方をしています。)

それでも「赤羽 雄二」という人が評価されているし、他にどんな本を書いているのか興味は湧いた。

二つの本

そして図書館にある本を予約し借りてきた。
赤羽 雄二 さんの本は1冊読めば充分!? 「焼き直し本」に注意!

タイトルだけ見ると僕が悩んでそうな本(笑)
でもそういうのはなくて、「何かしらプラスになる考え方が発見できればな」という思いで気になったのはとにかく借りまくっています。

しかーし!!

これがダメ最悪だった!!!

スポンサーリンク

呆れるレベル

もうね、普段ここまでなることはないですよ!
怒るを通り越して呆れるレベルですよ!!
対人とか感情的になるものだったらまだしも、本を読んでこんな思いになることはめったにない。

最初に読んだのは「頭を前向きにする習慣」という本。

頭を前向きにする習慣

頭を前向きにする習慣は読む必要ない

冒頭から嫌な予感はした。
なぜなら見出しが

・私の人生を買えた「メモ書き」について

となっていたからだ。

メモ書き・・・それって「ゼロ秒思考」で書いてたよね・・・??

ま、まぁね、自分の中で大事なことってあるし何度も書きたいし、これが初めての人にも説明しないとね!

・・・

違った。

速攻で「A4メモ書き」について語りだした。

OKOK、それは「ゼロ秒思考」で知ってるZE!?

読み進めると、第一章でメモ書きからは離れて色々な物事に対して自分の考えを述べる。
ここらへんは「本っぽくて」良いです。
ただ、内容が薄いしよくある内容だったのでつまらなかったので飛ばし読み。
ここらへんは個々の好き嫌いなのですが、僕はピンとこなかったです。

「こんな感じの本なのかな~」

と、読み進めるとちょくちょく出てくる。

A4メモ書き」という文字が。

もうね、もういいんです。「A4メモ書き」という文字は。

そして中盤から最後まで、特定の議題・対象を出してA4メモに書きこういう風に解決してゆける・・・という風に述べている。

・・・

それもう知ってますから!!!!

「A4メモ」という言葉が頻繁に出すぎて、A4メモアレルギーになりそう。

それに全体的な内容も薄いし、やけに長く書かれている。 「無理矢理時数増やしてるのかな?」と思ってしまうほど。初めての人用に説明をしているのかもしれないけど。

一応最後まで読んだ。

ただ、ほとんどの内容は「ゼロ秒思考」と同じ・・・というかメモ書きのやりかたを詳しく書いているだけだった。
「ゼロ秒思考」を読んだ自分としては、「これはファンのことバカにしてるのかな?(笑)」と思えてしまったほど。 
正確には違うのかもしれないけど。「A4メモ書き」を違う本なのに説明するのは微妙すぎる。
大事なのは分かる。 けど、なにかしら違う情報を求めて見ていて同じような事を書くのは・・・。。

もちろん付箋もゼロでした。特筆すべきポイントはなし。

次の本へ。

1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法

「頭を前向きにする習慣」を読み終えて「返す前に少しは読んでおきましょか」という思いでこの本へ。

しかし、嫌な予感が・・・。
1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法を読む必要はない

この表紙の右上。

1分書くだけ」

・・・危険だ。。

なぜなら「A4メモ書き」のルールとして「1枚1分以内で書く」というのがあるからだ。

まさかその「1分」じゃ・・・。

でも、もう散々A4メモ書きについて書いたもんね(笑)

さらに前述の本は2014年12月、この本は2015年4月が初版。
時間が経ってるからね。

そんなことを思いつつ本をめくる。

目次

・・・

ぎぇぇぇええ~~~~~!!!!

嫌な予感的中。

そこには

「第3章 世界一シンプル! A4メモの書き方」

と書かれているじゃないですか!!

もう「A4メモ書き」はいらないんですよ!!!!(泣

中をパラパラとめくると、例のA4メモの図が出てきた。
これは「0秒思考」でも「頭を前向きにする習慣」でも良く出てきた図だ。

僕は読むのをやめた。

今回の本は「もやもや」のような、気持ちを落ち着かせる・生理するためのような本だと思う。

読者をバカにしてるのかな?

やはりここでも「読者をバカにしてるのかな?」と思ってしまった。

A4メモの方法・効果は「ゼロ秒思考」で書かれてある。
方法を学んだ。
もしそれを読んでいる人にとってはこの2冊は全く持って不要と呼べる。

だってさ、既にやり方教えてもらってるんだよ?

例えば
「1+1=2」です。「+」っていうのを使えば総数を導くことができるよ。これから色々と活用してね^^
って教えてもらったのに、別々の本で「2+2の場合はね」「5+10の場合はね」て説明しなくてもいいんじゃないかと思うわけです。
各々が「この場合はA4メモ書きを活用するとこう書けばいいのかな」と考えながらやればいいだけではないのかなと思うんですね。

読者ってそこまでバカなのかな?
考える力ないのかな?

ただ、他の本を読んでいなくて、これらの本から入った人には良いかもしれない。
でも今回紹介した本を1冊でも読んでいたら読む必要はないと思った。
だって、おんなじことが書かれているんだもん。

マッキンゼーって微妙な人が多いんかな?

話は逸れるけど、ふと思ったことがあります。

今回の赤羽雄二さんはマッキンゼー出身です。
すんごい有名&優秀な人が集うコンサル会社。

マッキンゼーでなんでこんな本を・・・と考えた時に思い出した人がいた。

株式会社ロコンドの田中 裕輔さん。
この人もマッキンゼー出身で本を出している。

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?」という本。

これも読んだ。

超くだらない本だと思った。

本に対して好き嫌いはあれど、この本も「まじでしょうもない!読んで損した!」と思った本。
ハッキリ言ってAmazonの評価も低い。

あれ?・・・マッキンゼー出身の人で本を書く人は地雷なのかも・・・。

でもマッキンゼー出身と噂の「ちきりん」さんの本は面白いと思ってます。 あと「勝間 和代」さんも。

「マッキンゼー」という肩書きだけを見て騙されちゃいけないのかもしれないですね。

他にも同じことを感じている人が!

話を戻しまして・・・。
怒りのような呆れのような、とにかくとても残念気持ちになっていた僕ですが、「これは俺だけなのかな?他の人はどう思っているんだろう?」と思った。

Amazonのレビューを見てみるとかねがね評価は高い。
そう、たしかに別々で見ると悪くない本だと思っています。

そこで発見してしまった。
赤羽雄二の評価

ゼロ秒思考の焼き直し
書いてある内容は、同著の「ゼロ秒思考」とほとんど同じだと感じました。
違う点は、例題としてキャラクターを設定し、メモ書きの具体的な活用法が示されていることです。ゼロ秒思考を読み、著者の意図を理解されている方は読む必要は無いと考えます。

・・・まさにこれ!!!同感!
(「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法」のレビューです)

「ゼロ秒思考」は中々良い本だと思うんです。
ただ今回読んだ本はほぼ同じ内容でした。
正確には内容(題材)は違うけど同じ手法を使って解決するもので、別の本として出さなくても良いのではないかなとも思いました。
出版会社が違う本だとはいえ、いくつか読むとこれは微妙な内容でした。

今回は図書館で借りた本だけど、購入してたらすんごい凹んでたと思う。

「赤羽 雄二」さんの本はこの3冊しか読んでないけど、今後読むかどうか・・・。
買ったり借りる場合は店頭で多少読んでからですね。

もう「A4メモ書き」という文字は見たくないんです。。。

ゼロ秒思考」は中々良いのでこれは読んでみるのも良いと思います! 
メモや紙に書いて考えを整理するというのは確実に効果があると僕も思っているので。
これを読んだら他の本(今回紹介したの)は読む必要がないと思います!

という、勢いに任せて書いたブログでした!
じゃーねー!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

-本・読書, 考え, 読了まとめ
-,

Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.