役立ち 機材 音楽

2~3個のエフェクターを持ち運ぶのにオススメな方法。【動画もあるよ】

更新日:

Pocket

先日「シールド(ケーブル)を入れるオススメの袋!!!」というのを紹介しました。

シールドに続いて今回は「2~3個のエフェクターを持ち運ぶのにオススメな方法。」の紹介です。

スポンサーリンク

数個のペダルを持ち運ぶのに使うのはコレ!

エフェクターケースなんて必要ない!

エフェクターを入れるためのケースが色々と出てるけど、2~3個のためにエフェクターケースを買うのももったいない!
持ち運ぶのも面倒!
↓こういうの便利だけどいらない!

エフェクター 持ち運びに使うのはコレ!

シールド(ケーブル)を入れる袋のオススメはコレ!!!

そう! 「シールドの袋」で紹介したクッションケース!!
これがペダル入れにも超便利!

機材を入れてみます。

エフェクターを入れます

今回入れる機材はこちら!
入れる機材はこのエフェクター
これらはよく僕が持って行ってるペダルです。 遊びでスタジオ入ったり軽くセッションしたりするときはほとんどこれでOKな状態です。
先日もこれを持ってスタジオに入りました。詳しくはこのページの最後に書いてあります^^ 動画もあるよ♪

クッションケースの中に入れてみます。
エフェクターを袋に入れてもまだまだ余裕!

まだまだ隙間がたくさん! これくらいのエフェクターだったら余裕!
しかも端っこを折りたためる程の空き!
エフェクターをオススメの袋に入れてもまだまだこんなに空いています

シールドも入れます

エフェクターを入れてまだまだ隙間があるので、必ず持って行くシールドも一緒に入れてみます。(D.A-Line 3m × 2)
オススメの袋にシールドも入れてみます

中に入れてみると・・・

エフェクターとシールドを入れてもまだまだ入る!

まだまだ入る!余裕余裕。
凄いぞクッションケース!

開けっ放しというのもなんなんで、ジッパーを閉じてみます。
クッションケースの封を閉じます

こんな感じになります。
まだまだ入るし、程よいクッションだし、1つにまとまるし、これは本当に便利。
こうやって1つにまとめてギグバッグのポケットへ。

エフェクター類で1つの袋、シールドは別の袋に分けるのも良いかも♪

どこで売っているかというと・・・!!

スポンサーリンク

どこで売ってるの?

はい、前回と同じ流れです(笑)

どこで売っているかというと・・・

100円均一ショップ DAISOです!

税込み108円で買えます!

エフェクター、シールド別々の袋を用意しても二つだから216円で済みます。
安い!!!

このケース超絶オススメです♪

実際スタジオに持ち運んでみた

余談ですが、先日この袋に入れてスタジオへ持って行きました。
1つにキレイに収まるのは本当に楽。
さらに全部を入れてもパンパンの状態ではないので、出し入れが楽。
スタジオの残り時間がなくて焦ってる場合でもガンガン入れられると思います。(余裕を持って退出しようね♪)
結構感動するレベルで使いやすい。

機材

スタジオに持って行った機材は上記のと同じです。
2~3個のエフェクターを持ち運ぶのにオススメな方法。

【Effector エフェクター】
Ovaltone GD-013 -gravitational drive zero thirteen- 、D.A-Booster3 / D.A-projectMooer reecho
【Cable シールド】
D.A-LineEBS PL-20
【Power Supply パワーサプライ】
InMK2 電圧選択 セミオーダーパワーサプライ / InMK (インク)

動画

スタジオでとあることを試している時に思い浮かんだフレーズです。
メモ代わりに録画してみました。


RT・イイネしてもらえると嬉しいです♪

こちらの記事もオススメ!

  • 持ち運びが楽なエフェクターバッグを選ぼう! オススメTOP10!


  • 【厳選】疲れないギター ストラップ の オススメ 4選!ネットで大人気!


  •  

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

    ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ
    この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

    -役立ち, 機材, 音楽
    -, , , ,

    Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.