つれづれ

「これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」のオープニング・セレモニーに招待して頂きました!

投稿日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

今日は2月23日から東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催される『ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力』のオープニング セレモニーに招待して頂いたので行ってきました。

スポンサーリンク

Bunkamuraザ・ミュージアム

場所は渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム。
これぞ暁斎! 世界が認めたその画力

久々のBunkamura!
Bunkamuraザ・ミュージアム

ここの地下1回です。
「これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」のオープニング・セレモニーに招待して頂きました!

音声ガイドが無料!

入口で見かけた「音声ガイド」。

この日は無料で貸し出しでした。
借りたことが無かったんですが、この日は無料ならとお借りしました^^

初めての音声ガイド!
音声ガイドが無料!

この音声ガイド、声を聴いたことあるぞ!
声の主は・・・落語家の春風亭昇太さん!
笑点大好きの自分としては司会である昇太さんで嬉しい限り♪

後ろに曲が流れているんだけど、これも聞き覚えのある声。

イメージソングは和楽器バンドの「浮世heavy life」だそうな!
和楽器バンドの和太鼓 黒流さん、琴 いぶくろ聖志さんとは一緒にお仕事したことあるので、なんか嬉しいです^^

色々な方が関わっているんですね~。

暁斎の絵

久々に河鍋暁斎の絵を生で見ました。

やはり良かったですね~。

近世戯画集 「狂齋百圖」 を読む

先日「近世戯画集 「狂齋百圖」 を読む」を書いた父と行ったんですが、かなり教えてもらいながら周りました。

正直、音声ガイドは最初しか聞いていません(笑)
音声ガイドよりも、プロ中のプロの話のが裏話や本質を聞くことが出来るので楽しいからね!

この解説は本当に楽しかったです。

暁斎の鴉

今回見た中で鴉の絵が最高に好きでした。

こんな感じ。
暁斎の鴉

・・・今日見たのとちょいと違うな~。
迫力とか力強さが全然。。
やはり生で見て欲しいな。

画だから止まっているんだけど、今にも動き出しそうな画なんですよね。
これは鴉の絵に限らず、暁斎の画に共通している気がします。

鴉の画は枝の描き方が本当にカッコイイ。
なんでこんなにカッコ良く描けるの?っていうくらいカッコイイ。

あれだけでも見に行ってほしいくらい。

空白を作る

色んな絵があるけど、僕は空白がある画が基本的に好きなようです。

これは先日知り合いにも話したことなんですけど、音楽でも「詰め込み過ぎる」のがあまり好きじゃない。
よりシンプルなのを好むんですね。

音楽っていくらでも音を重ねる事ができます。
たしかに豪華になるんだけど、わちゃわちゃとしてしまうのもある。
シンプルにした方が好きで、そのためだったら自分がやってるギターもいらないんじゃないかなぁって思うくらい。

暁斎の鴉の画も空白がたくさんあって、空白と枝と鴉だけでめちゃめちゃインパクトのある構図にしてるんですよね。

これは刺激を受けました。
「こういうのだよ!」って思ったもんね。

自分が音楽に対して思っているのと近い感じを受けて感動しました。

レセプション

色々と見た後はレセプション。
河鍋暁斎 レセプション

軽い飲食を頂きました。
おいしいおいしい^^

色々と見た後はレセプション。

こういうの良いよね♪

おわりに

『ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力』展。
2017/2/23(木)-4/16(日)までやっているので、是非!

超オススメ! カラスの画オススメ!

やはり日本画は良いよね。
久しぶりに生で見て、より好きになりました^^

余談

久々にジャケットを着てみたので自撮りをしてみました!

ジャケットnorinori0107

・・・チャラくないよ~!!(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

-つれづれ

Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.