機材 音楽

AIR CELLのギターストラップが素晴らしい!安価で肩の負担を減らしてくれてくれる! ! けど、ここに気をつけて!

更新日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

先日「【厳選】ギターストラップ の オススメ 4選!疲れなくて楽!ネットで大人気!」という記事を書きました。

肩に負担のかからないストラップを色々と紹介した記事です。

その中で紹介したギターストラップを先日購入しました!

それは・・・AIR CELL ストラップ

良い部分もあるんですが、ちょっと気になる部分もあったので、良し悪しの両方を記載していきます!
気になってる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

AIR CELL ギターストラップが届いた!

今回はchuya-onlineさんにて購入しました。
chuya-onlineさんからAIR CELLを購入!

そして、ようやくAIRCELLのストラップと対面です。
AIR CELLのギターストラップが素晴らしい!安価で肩の負担を減らしてくれてくれる! ! けど、ここに気をつけて!
ビニールに包まれています。

AIR CELL のストラップ
AIR CELLのマークがあります。

AIR CELLストラップのエアー部分がとても良い!

AIR CELLのギターストラップの最大の特徴の「エアークッション」の部分。
AIR CELLのギターストラップの最大の特徴での「エアークッション」の部分。

この部分は、プニプニしていて、本当に良い!

これが肩に当たるわけだけど、柔らかく当たり心地も良いし、重みがかなり軽減されます

これは流石です。

エアクッション部分が肩に直接当たるので、クッション部分は内側になります。

エアクッションが1枚ではなく、凹凸で細かく区切られているため、間に空気が通るので蒸れることが少なくなりそうですね。
よく考えてありますね^^

幅も75mmという太めなので、表面積が増えて肩の負担も減ります!

そしてさらに良いのが素材!!!

エアーセルの素材

エアクッション以外の部分の素材が、地味に良いんです。
Amazonの詳細でこのように書かれています。

エアーセルは伸縮性に優れた素材を採用して肩に掛かる 重さを自動車のショックアブソーバーの様に軽く感じさせる働きを致します

「そういう素材なんてあるんだな~」

と思っていましたが、購入後、兄に見せた結果、この素材が判明。

この素材はおそらく・・・ネオプレーン

ネオプレーンなんて言われても、分からないですよね。

この素材は、サーフィンなどで着るウェットスーツで使用されている素材なんです。

素材として耐摩耗性に優れ伸縮性があります。

ウェットスーツは硬そうな感じなんですけど、とても丈夫で伸縮性があるんですよね。

AIR CELLもこの伸縮性のため、少し伸びてギター・ベースの重さを、この素材が支えてくれるわけです。

ちなみに、この素材は前回紹介した、最も多くの人が勧めてくれた「Comfort Strapp コンフォートストラップ」でも使われています。

コンフォートストラップは少し値段が張りますけど、それと同じ素材・機能がAIRCELLに備わっています。
値段も半分以下!

AIR CELLはかなり良いです!

AIR CELLのここに注意!

AIR CELLの機能はとても良いです。
本当に素晴らしく、値段も3000円をきっているので、この値段でこんな良いストラップが買えるのは驚きです。

なんですが、気をつけて欲しい部分が2つあります。

スポンサーリンク

ストラップピンに着ける穴が小さすぎる!

ストラップピンに取り付ける穴がとにかく・・・小さすぎる!

AIR CELL ストラップピンに着ける穴が小さすぎる!

手で少し広げてみます。
AIR CELL ストラップピン穴が小さすぎる!

全然広がらない!!!

AIRCELLのこの穴の問題は検索するとちょいちょい出てきます。
でも、実際に自分で見て触ってみると、思った以上に小さいです。

ストラップピンとの比較画像がこちら。
エアーセル ストラップピンとの比較画像がこちら。

入らなそう・・・。

少し入れてみると、
エアーセル ストラップピンに入れてみると

片側だけ入れてみましたが、正直全部が入る気がしないです。

かなり力を入れても、広がらないし、ストラップピンを入れることが不可能。
僕には絶対無理と感じました。
むしろ、これをハメられた人はどうやってやったんだろう?凄すぎる。

無理と感じたので、仕方がなく・・・

ハサミで皮を切って、穴を拡張します!
AIR CELl ハサミで皮を切って、穴を拡張します!

僕が使っているのは「コクヨ エアロフィットサクサ チタン・グルーレス刃」。
先端部分がとても切れて、力を入れずにスパッと切れるので、これじゃなかったらかなり厳しい気がしました。

ハサミで多分「1cm」くらい拡張して、ストラップピンを入れてみます。
ハサミで多分「1cm」くらい拡張して、ストラップピンを入れてみます。

1cmくらい大きくしても、かなり大変でした。

もう片方も挟みで拡張をしてはめ込みます。
AIRCELL ハサミでストラップピンを拡張

すんごい硬い!

これ絶対、切って拡張しないと無理ですよ。。
ストラップピンに大きさがあるのか分からないけど、大きめのストラップピンには最初の穴だと無理だと思います。

かなり力を入れて、入れましたが、「気軽に着けたり外したりは難しそう」という印象が残りました。

革なので、何度も付けたり外したりすれば、慣れてきて装着しやすくなるのかもしれないですが・・・。
でも最初はかなり時間がかかるし、僕の場合は切らなければ装着は無理でした。

さらに大きな欠点があります。
僕にとっては一番大きな問題です。

スポンサーリンク

エアーセルのストラップが長過ぎる!短くならない!

ストラップをつけて、ギターを担いでみました。
そして、いつものようにストラップの長さ調節をしました。

あれ?

一番短くしたのに、長い!?

一番短くした状態で、この状態です。
エアーセル一番短くした状態で、この状態です。

僕の「おへそ」はギターのだいたいここらへんです。
エアーセル一番短くした状態で、この状態です。

ピックガードの少し上くらいです。

僕の長年愛用していた「SURE-LOCK SL-1600」だとこの長さです。
一番弾きやすい高さに設定してあります。
SURE-LOCK SL-1600の長さ
SURE-LOCK SL-1600を使用時の「おへそ」の位置はこちらです。
SURE-LOCK SL-1600を使用時の「おへそ」の位置はこちらです。

・・・

全然位置が違う!!!

これでもAIRCELLのストラップを一番短くしているんですよ!?
エアーセルのストラップが長過ぎる!短くならない!

ストラップの長さは弾きやすさを重視、見た目を重視、などなど人それぞれだと思います。

僕はストラップをかなり短めにするタイプだと思います。

短めにする理由は

  • 腕がそこまで長くない。
  • 指が短い。
  • ソロなどで低音弦のハイフレットも多用する。
  •  
    からです。

    ストラップを短めにして、ギターを高い位置にしたほうが弾きやすいんですよね。
    指の動きに制限をかけなくすることで、弾けない事を減らすことができます。

    そのうえで「自分のプレイスタイルに合う長さはこの長さ」というのが決まったのですが、AIR CELLではその位置まで高くすることができません。(僕の場合)

    ジャズやテクニカルなことをする人はギターをある程度高い位置に持ってくる人が多いと思うのですが、そういう方々にとって「短く出来ないAIRCELL」は厳しいと思います。

    「自分はストラップをかなり短めにするタイプだ」と思う方にはAIR CELLよりもComfort Strapp コンフォートストラップなどの方が合うのかと思っています。

    「ストラップでそんなに高い位置にしないよ。普通か低い位置だよ」
    という方には、AIR CELLはオススメしたいです。
    機能的にも素晴らしいですし、なにより安い

    あとアコギ弾きなどの楽器本体に厚みがあって、一番短くしなくても大丈夫なものだったら問題ないと思います。

    ちなみに検索をすると「長さでクッション部分が肩に当たらない」というのもありましたが、クッション部分の位置については特に何も感じませんでした。

    【オマケ】ストラップの長さについて

    ストラップの長さを書いておきたいと思います。

    今回僕が購入した「AIR CELL ASG70N」の長さは 104~126cmです。

    次に購入予定の「Comfort Strapp コンフォートストラップ」の長さは 98cm~114cmです。

    一番短くすると「6cm」の差があるので、僕にとってはComfort Strappだったらギリギリ大丈夫そうな気がします。 6cmの差は大きいですよね。

    結局「SURE-LOCK SL-1600」を使う

    AIR CELLを購入しましたが、「ギターの位置」の面で不満が残りました。
    機能面ではかなり良いと思いますが、「思うように弾けなくなる」というのはプレイヤーとしてはマイナスだと思います。

    なので、まだ当分はいままで愛用していた「SURE-LOCK SL-1600」を使うことになりそうです。
    このストラップは超オススメです♪

    おわりに

    今回、肩に負担がかからないようなストラップを求めて「AIR CELL ストラップ」を購入してみました。

    負担という面においては、かなりよく考えられていると思います。
    実際つけてみて、ギターが少し軽く感じましたし、「これで長時間担いでても大丈夫そうだな」と思いました^-^

    ただ、「装着のしづらさ」「長さ」という問題もありました。

    どちらを取るかですよね。

    ただ、僕のようにかなり上にする人はそんなにいない気がするので、だいたいの人は気にならないと思います。

    僕にとっては「AIR CELLは難しい」という結果になってしまいましたが、物は確実で「もっと使用者が増えてもおかしくないのに」と思っています。

    知名度さえ上がれば、かなり人気になると思います。
    それくらいのポテンシャルを持っているストラップです。

    安くて良い&疲れにくいストラップを探している人には、今回の記事を参考にして頂いた上で、是非ともAIR CELL ストラップは選択肢の一つに入れてもらいたいです^^

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

    ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ

    -機材, 音楽

    Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.