つれづれ

【無償交換】HERCULESのギタースタンドがベトベトしたら注意!壊れても無償で交換してもらえる方法!

更新日:

Pocket

僕は「HERCULES STANDS ( ハーキュレススタンド ) / GS414B」というギタースタンドを使用しています。
HERCULES STANDS ハーキュレススタンド ギタースタンド GS414B

このスタンドはギターのヘッドの付け根部分を掛けることで自動的にロックされるのが特徴。
そして、スタンドの足部分がクッションとなっているので、ここにギターのボディを当てる形になります。
普通に使いやすいし気に入ってます。

先日、愛用していたこのギタースタンドが・・・壊れました

壊れたんですが、とある方法無償交換できました。

ギタースタンドがベトベトしてきてたんですよね。
同じような症状の方、ハーキュレスのギタースタンドを使用している方、見ておいて損はないですよ!

スポンサーリンク

ギタースタンドが壊れた

部屋の掃除をしていてギタースタンドの配置を変更。
移動の際ギターをスタンドから外して片手にギター片手にスタンドという状態で移動。

スタンドを置くとスタンドネック部分がするすると落ちてきた

ハーキュレスのスタンドはネック部分のレバーを引きながらながら調節をするタイプ。
レバーを弾かない限りはオートロックされる。 ・・・のはずなんだけど、落ちてきた

「おかしいなぁ?」

レバーを引いて調節しよう。

・・・

ハーキュレス ギタースタンドが壊れた

レバー部分がボロっと取れました。

この部分が破損し、スタンドのネックも固定されなくなったので、完全に使えない状態。 壊れた。。

壊れてから、TwitterFacebookで呟くと、色んな情報が・・・。

【もらったコメント】

  • そこしか壊れないよね。ベタベタしてきたら、要注意‼️
  • ハーキュレスあるあるです
  • ハーキュレスはロッドによってこのような症状が起きると聞いたことがあります。
  • うわぁ~!怖い・・・
  • まったく同じことなりました!!
  • 安心と信頼のハーキュレスが...
  • これ、ウチもなりました。ゴムがベタついてきたらヤバい合図みたいですね・・・

  • おぉ・・・みんなも同じ経験してる!

    この中の「ベタベタ」や「ゴムがベタついてきたら」 っていう部分に注目。

    これ、僕のもそうだったんです。
    さっきの画像見るとテカってる部分がまさにベトついてる部分なんです。
    で、ベタついてるから部屋のホコリや犬の毛がくっついてる。

    さらにレバー部分の根元(スプリングの上)のところを見ると
    ハーキュレス ベタベタで壊れた

    欠けてる!

    この部分の破損は気が付かなかったんですけど、この黒いプラスチックの破片は今まで部屋に落っこちてたんですよね。

    「なんだろこれ?」と思いつつ掃除をしていたんですが、まさかこのスタンドのプラスチックとは!

    調べてみると、このゴム・プラスチックの部分は経年劣化でベトついてくるようです。
    ハーキュレスのスタンドはみんなの意見とか経験を聞く限り、かなりの確率でベタつくっぽい。
    そしてベタつきだしたら壊れる可能性が高まる

    ベトベトしてきたら注意 です!

    ギタースタンドとしては優秀なんだけど、この部分は気を付けないとですね。
    たまにチェックして、ベトベトしだしたら交換か気を付けて下さい。

    僕はギターを掛けてて壊れたわけではないので、ギター本体にダメージはなかったんだけど、これで掛けてる時にスタンドが壊れたらギター・ベース本体にダメージ、最悪ネックが折れたりする可能性もありますね。

    マジで怖い。。

    で、ここで気になることがあります。

    何年使用して壊れたの?

    「壊れたー!」って言っても「1年使って壊れた」のか「15年使って壊れた」のでは色々と印象が変わってくると思うんです。
    何十年も使用すれば壊れることもあるわなぁ・・・という人もいると思うます。

    「何年使用して壊れたのか?」

    というのが重要かと思います。

    購入履歴を見てみると購入日は 2009年06月09日
    ギタースタンドの寿命は6年?

    2009年購入なので、6年3カ月(当時)使っての故障となります。

    その前に破片などもあったから、もう少し前に故障ということでもあるけど、完全に故障というのは6年です。

    「6年も使ってれば壊れるかな」

    ・・・とも思えるけども、兄の部屋にある超普通のギタースタンドは16年使っているけど問題なし。
    使ってるスタンドはこのタイプ「ZENN ( ゼン ) / GS1 Black
    【国内正規品】 ZENN ゼン ギタースタンド GS1 Black

    どこにでもあるごくごく普通のタイプ。

    自分の家にあるのは普通に楽器店で買ったと思うけど、値段は1000円以内です。

    ハーキュレス  3000円 寿命6年
    普通のスタンド 1000円 16年経過壊れていない

    あれ? ハーキュレスってコスパ悪い?

    安さ・寿命だけで決めるわけではないんだけど、この2つだけで見ると普通の方でも良いかなというのは思えます。なんだかんだ「壊れない」という安心感もある。

    でもハーキュレスカッコイイし楽なんですよね。
    しかもギタースタンドのスペースの縮小に一役買っています。

    今回のギタースタンドが壊れた件で言えるのは「ハーキュレスはベトベトしてきたら気を付けて下さいね」ということです。
    4~6年使用してる人は一度チェックして見て下さいね♪

    ・・・

    そんな時こんなコメントを頂きました。

    これ、改善前のですね。同様のケースで、連絡したら無償交換してもらえたというカキコミを見ました。 

    今のはこういう部分が改善されたモデルになっている??

    そして、モリダイラ楽器さんにお問い合わせをしたら・・・無償交換して頂けました!

    ここから詳しく書いていきます。

    スポンサーリンク

    ベトベト、ボロボロになる原因

    ハーキュレスのギタースタンドがベトベト、ボロボロになり朽ちる現象は「加水分解」というもの。

    反応物と水が反応し生成物に分解する反応で、カメラのグリップやスニーカーのゴムが代表格ですね。
    何年も使わずにおいたスニーカーなどゴムの部分がボロボロになります。

    「連絡したら無償交換してもらえた」ということで検索をしてみると、この加水分解によって壊れた方で、正規輸入代理店のモリダイラ楽器に問い合わせたら交換してもらえたという記事がいくつかありました。

    というわけで、モリダイラ楽器さんに連絡してみました。

    モリダイラ楽器さんにハーキュレススタンドの件で連絡

    こちらの要件を簡単に書くと

    HERCULESのギタースタンドがベトベトになったあと破損してしまいました。
    故障原因を調べてみたら、交換して頂いた方がいました。
    2009年に購入し6年以上使用していますが交換は可能でしょうか?

    というものです。

    モリダイラ楽器さんはすぐに返事がありました。

    必ず起こる現象ではないですが、過去一部の生産に不具合が出ていることは確かなので、不具合品を無償交換させて頂きます。 
    商品を受け取ると同時に不具合品をドライバーに渡してください

    という返事でした。
    上記文章は僕が超簡潔に書いただけで実際はもっと丁寧で分かりやすい返信でした。

    無償交換!!

    スゴイですね!

    送付先等を連絡した数日後・・・。

    ギタースタンドの無償交換

    届きました!
    ハーキュレススタンドの無償交換

    壊れたギタースタンドは適当な箱がなかったため余っていたプチプチでくるみ、配達ドライバーの方にお渡ししました。

    届けて頂いたギタースタンドの開封です。

    ハーキュレス 開封

    ハーキュレス ギタースタンドの箱

    ハーキュレスの登場

    この二つのパーツが入っています。

    土台となるパーツを開いて

    ハーキュレス 土台を開く

    そしてネック部分を取り付けます。
    ギタースタンド ネック部分を取り付け

    説明書不要の誰でもできる設計。
    完成です!

    ギターを掛けてみるとこのようになります。
    ハーキュレスギタースタンドにギターをかける

    ちなみにこのギタースタンドのモデルは 「HERCULES シングル・ギタースタンドGS414B」です。
    HERCULESは「GS412B」など色々と種類があるなか、これを使う理由があります。
    が、これに関しては後日記事にしますね^^

    モリダイラ楽器さんとの詳しいやりとり

    今回、ハーキュレスのギタースタンドが破損しましたが、モリダイラ楽器さんにお問い合わせをして無償交換して頂きました。

    冒頭でも書きましたが、このベトベトや破損は何人かが経験しています。

    「一部ロットでは壊れやすい物があったが、現在は改善されている」と教えて頂きましたが、「改善されたのはいつか?またいつ頃のものがこのような状態になるのか?」という疑問がありましたのでモリダイラ楽器さんに下記の質問をしました。

  • 「現在のパーツは同じ形状ですが予防対策済」とありますが、これはいつ改善されたのでしょうか?何年前、いつ頃~かを教えて頂きたく思います。
  • 改善前のを使用していて故障したのであれば無償交換して頂けるのでしょうか?
  • 知り合いに話したところ何人かが同じ時期の購入・使用時期で、同じようにゴム部分がベタベタしているとのことでした。
    まだ壊れてはいないのですが、もしかしたら同じロットの物の可能性があり、情報を教えてあげたく思ったので質問致しました。

    回答はこのようなものでした。

    現在使用しているパーツは2010年後期からになります。
    2008年から2010年の生産一部に症状が出ていますので、お知り合いの方で同じベタつき症状が出ているならば交換させて頂きます

    とのことです。

    スポンサーリンク

    ベトベトで壊れたら捨てないで!

    僕が購入したのは2009年なので、「2008年から2010年の生産」に見事にあたっています。
    もちろん全ての物がダメになるわけではないのですが、2008~2010年に購入した方はチェックです。

    無償交換して頂けるようですが、不具合品は捨てずに持っておきましょう
    新品と不良品の交換なので、これがないと交換はしてもらえないです。

    僕は既に無償交換をしていただけたのですが、同様の症状がある人が周りにいあたのでこの記事が参考になれば嬉しいです。 
    また検索などでこの記事に辿り着いた方にも参考になるかと思います。

    もし同様の件でお悩みの方がいましたらモリダイラ楽器さんにお問い合わせをすれば対応して頂けるかもしれません。
    壊れたからって諦めて買い替えないで!

    現在のは改善されているようですね。

    モリダイラ楽器さん、とても丁寧な対応をして頂き本当にありがとうございました!

    【モリダイラ楽器】
    HP ・・・ http://moridaira.jp/
    お問い合わせ ・・・ http://moridaira.jp/inquiry



     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

    ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ
    この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

    -つれづれ
    -, ,

    Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.