Amazonタイムセール
この記事のURLをコピーする

機材 考え 音楽

高い機材を買うのはお金の無駄? 本気でやっていきたい人にとってはお金の無駄ではない!早めに良い機材を買うのがオススメ!

投稿日:2016年12月18日 更新日:

Pocket

高い機材を買うのはお金の無駄? 本気でやっていきたい人にとってはお金の無駄ではない!早めに良い機材を買うのがオススメ!

先日「良い機材をできるだけ早く買っておいた方が良い3つの理由。」というのを書きました。

「数年の人にとってお金の無駄じゃないか?」
「宝の持ち腐れじゃないか?」

という声も聞こえて来たり。

たしかにそうとも思うかもしれない。

けど・・・

僕はそう思わないなぁ。

というのが本音です。

完全に始めたての初心者が高い機材を買うのは無駄?

まず「完全に始めたばかりの人」は、超高価なものは絶対に必要とは思わないです。

でも、お金が許すのであれば、出来るだけ良いのを買った方が良い。と思っています。

ただ、この時期は続けるか辞めるかどうかが半々といった具合の時期。

ギターで言えば「Fコードが抑えられなくてやめた」という人も多く、何がきっかけでつまづくかは分からない状態です。

最初は音などよりも「見た目で気に入った物」を買って弾くのが良いと思っています。

理由はまずは「楽器を好きになる」事が重要だから。

見て嬉しくなったり、持って楽しくなったり、とにかくモチベーションが上がるモノがベストだと思っています。
モチベーションが上がっていれば、自然と触りたくなるし、弾けば自然に上手くなる。

問題はこのあとです。

ある程度続けられて、数年経った人だと思います。

数年経ったら出来るだけ良い機材を買ったほうが良い

数年経験してきた人は

良い機材をできるだけ早く買っておいた方が良い

と思っています。

「数年の人にとってお金の無駄じゃないか?」
「宝の持ち腐れじゃないか?」

と思う人もいます。

それでも僕は「良い機材を買え!」と言いたい。

ただし、条件付きです。

しっかりとやっていきたい人」は買った方が良い。

楽器を始めて数年もしたら自分が何をしたいかどうしたいかが分かる

まず楽器を始めて数年経てば「今後どうしたいか」というのがわかってくると思います。

  • ごくたまに家で演奏できればいい。
  • 趣味としてやっていきたい。
  • プロになりたい。
  • プロは目指さないけど上手くなりたい。

  •  ・・・他にも色々な道があるはず。

    このどれに進むかはお任せしますが、「どれくらいの本気度か」というのは分かりますよね。

    それ次第です。

    本気の人やプロになりたい人は良い機材を買うべき

    本気の人は良い機材を買うべき。

    その方が絶対早く上手くなるから。

    宝の持ち腐れかどうか・・・それはその人次第だよね。

    本気だったら使いこなすしかないですね。
    良い機材というのは高いのが多いし、結構な決意がないと購入しずらい。

    購入に踏み切った決意があれば、使いこなしてみせる気概もあるはず。

    宝の持ち腐れとするかしないかはその人次第。

    僕の場合でも今だったら良い機材を一気に買う

    僕がギターを始めたのは16歳の終わり。
    すぐにメタル系をやって、ギターヒーロー系をコピー。
    高校を卒業する頃にはかなりの曲をコピーして、難しいのもコピーできていた。
    この時に「俺上手いかも。ギターでやっていきたい!プロになれる!」・・・とか思っちゃったんですよね~(笑) 
    でも、ギターを始めて2年ちょいで「プロになる!」という思いが芽生えていたわけです。
    当時はネットも楽器・機材の知識も、持ってなかったから、機材を買っては売ってを繰り返したけど、今だったら良い機材を一気に買う。 今だったら最高峰のがかなり安く手に入るし。 (安いのもかなり質が良いけど。)

    という具合です。

    「どうしたいか」は人によって違うとは思うけど、3年前後である程度は分かるんじゃないのかと思う。

    「プロ」は別としても「もっと上手くなりたい!」「もっと良い音を!」か、「趣味程度で」なのか。

    なんとなくでも分かれば今後の見の振り方や何を買うか、どれくらいお金をかけるかなどが分かるはずです。

    使えるお金があるのであれば高い良い機材は買うのがオススメ!

    「使えるお金があるのであれば高い良い機材は買うのがオススメ!」

    結局何かの機材を買うには「お金」が必要です。
    使えるお金がある、比較的簡単に貯められる・・・など、余裕があるのだったら、買っちゃった方が良いのかなと思います。 やる気があるなら。

    また、エレキギターで言えば、高価な機材を買ってもなんだかんだ安く済む分野だと思っています。
    これがアコースティックギターになるとギタ-本体の値段が高くなります。(経験上アコースティック楽器の質の良さは比較的値段に比例するし、良いものはすぐに何十万・何百万となります。)

    クラシック系の楽器は一気に跳ね上がるし、それこそ本気度が問われる分野かと。

    上手くなりたいならチューブアンプとデジタル機材を買おう

    ギターを上手くなりたいならチューブアンプとアンプシミュレーターの二つを所持しよう」というのにも書いたけど、二つ持っておくのが良いというのが持論。

    【チューブアンプ】

  • Fender USA Blues junior III
  • 【アンプシミュレーター系】

  • Fractal Audio Systems Axe-Fx III
  • KEMPER PROFILING AMP POWER RACK
  • 【プラグイン】

  • Positive Grid BIAS FX 2 Standard
  • Positive Grid BIAS FX 2 Professional
  • などなど。

    高い機材を買うのはお金の無駄? 本気でやっていきたい人にとってはお金の無駄ではない!早めに良い機材を買うのがオススメ!

    今回の「ギターを始めて数年の人が高い機材を買うのはお金の無駄?」という問題にたいしての僕の回答は、

    本気でやっていきたい人にとってはお金の無駄ではない!

    ということ。

    やる気・本気度次第なのかと。

    オーバースペックだとしても、高すぎるものだとしても、本気で必要と思ったのなら買えば良いし、必要なら使いこなせば良いだけ。

    あと結局はその人の感情なので、その人の中で「満足」という結果が得られていればそれはそれで良いはず。

    自分の気持ちを聞いてみて、どの暮らすの機材にするか選ぶのが良いのかと思います。

    本気なら良い機材を買った方が成長しやすいですしね^^


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Twitter で nori_blog(更新情報用)を

    Amazonタイムセール
    この記事のURLをコピーする

    -機材, 考え, 音楽
    -

    Copyright© のり部屋 , 2019 All Rights Reserved.