Amazonタイムセール
この記事のURLをコピーする

つれづれ 考え

他人を引きずりおろそうとする人がいるけど、そんなことやっても何も変わらないのにね。

投稿日:2016年12月19日 更新日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

ネットでもリアルでも、見ていると色々な人がいるよね。

その中で気になるのが「他人を引きずりおろそうとする人」。

結構たくさんいるなぁって思うんですよね。周りにいない?

そういう人を見るたびに「そんなことやっても何も変わらないのになぁ。」と思っちゃうんだよね。

なぜ、他人を引きずりおろそうとするのか?

そもそもなんで引きずりおろそうとするのか?

多くは「妬み・嫉妬・羨望」なのだと思う。

  • 自分よりも成功している
  • 羨ましいと思う事をしている
  • 今の自分よりも楽しそう
  • などなど。

    芸能人の失敗、
    自分より先に昇進した人、
    自分よりも稼いでる人、
    自分より先に行ってしまった人、
    自分よりも上手く出来る人、

    とか、こういう人に対して「引きずり下ろす」という行為は多い。

    「人の不幸は蜜の味」とも言われているので、自分の行動で不幸になれば楽しくなる・・・のかな?

    他人を引きずりおろそうと思った時点でその人との位置関係がハッキリする

    色々と書いてて思ったのが、「引きずり下ろす」という文字は「上にいるモノを引っ張って降ろす」ということだよね。

    ということは立場的に確実に自分が下にいるという状況。

    上のものが「引きずり下ろす」なんてことは言葉上も実際にしないだろうし。

    「目の上のたんこぶ」で、上にいるからこそ気にくわなくて、何かを言いたくなって「落としたくなる」のは分かる。
    ついつい言いたくなってしまうし、失敗を望んでしまうよね。

    人の不幸は蜜の味。

    他人を引きずりおろそうとした時点で自分は置いてけぼり

    他人を引きずりおろそうと思った時点で上のモノ、下のモノという位置関係がハッキリする。
    下のモノが引きずりおろそうとする。

    ハッキリ言って、「引きずりおろそう」とした時点で勝ち目ないよね。

    なぜなら「上に行ったモノの方が力がある」から。

    力関係

    まず上の存在(Aさん)ということは「既に上に行ってしまっている」ということ(当り前)
    「上に行ける力がある」わけです。

    それに引き換え下の存在(Bさん)は「上に上がれない、まだ下にいる」という状態。
    「上に行ける力がない」わけです。

    まずここで力関係が明確になっている。

    BさんはAさんを疎ましく思い、引きずりおろそうとする。
    悪口・陰口を言ったり、時間を取って邪魔したり。

    上手く、自分の場所まで引きずりおろせたとする。
    作戦は成功だ!

    でも、ここで気付くのが、位置は同じになったとしても、力関係は変わっていないという事。

    Aさんは引きずりおろされたとはいえ、既に「上に行ける力がある」状態。
    Bさんは引きずりおろすことが出来たが「上に行ける力がない」状態。

    仮にBさんがその間に力をつけたとする。
    でも、なんやかんややっている間にAさんはさらに力を蓄えているのではないだろうか?

    また引きずりおろされるという事態から多くの事を学んでいるかもしれない。
    その事態(落とされまい)と耐えるために力をつけたのかもしれない。

    さらにパワーアップしてしまったのでは??
    Bさんが降ろそうとして、力をつけさせたのでは??

    なんて無駄な行為。

    力があればまた上にあがれる確率が高まるから、先に行っちゃうよね。

    以前書いた「悪口はその人を成長させる栄養剤! アイツを成長させるのはあなたの悪口!」を思い出しました。

    他人を引きずりおろそうと考えた時点で終わってる

    もうね、「引きずりおろそう」と考えた時点でその人に負けてるんですよね。

    完全に北斗の拳のケンシロウのセリフです!

    お前はもう死んでいる
    他人を引きずりおろそうとする人がいるけど、そんなことやっても何も変わらないのにね。

    そう!死んでいるんですよ!

    考えた時点で死んでる!!

    むしろ、「コイツには完全に負けてる。もう勝てへん!」と思った時に「よし、引きずりおろそう」と考えるようになるんじゃないかな!?
    それか「アカン!負けそうや!」という状態。

    死んでるか瀕死の時。負けを認めた時に「他人を引きずりおしてやる」と考えるのだと言える。

    引きずりおろす行為はカワイイ。

    なんかそう考えると相手がカワイく見えてくるね。

    「あ、敗北宣言したんですね?」

    て思えたり。

    そう考えるようになれれば、もしいま言われてる人がいたらちょっとは楽になるかも?

    他人を引きずりおろそうとする人との接し方

    引きずりおろそうとする人とは・・・

    付きあわない方が良いですね!!

    他人を引きずりおろそうとする人種はおそらく治らないと思います。
    自分と同じ場所にいる場合は良いけど、他の場所や少しでも上に行った場合は同じ行為を自分に向けてくるはずです。

    他人を引きずりおろすのに必死な人」という本に色々と対処法など書いてあるので気になる人はチェック。

    以前の「悪口や陰口を言う人と付きあわない方が良いよ。損をする。」と同じ。

    悪い思い・嫉妬心などは結局は自分に向け続けられるんですよね。
    よほどその関係が重要な場合以外は、その人の事はあんまり気にする必要はないのではないかと思います。

    引きずりおろそうとしてる場合じゃない

    問題の降ろそうとする人(Bさん)、「引きずりおろそうとしてる場合じゃない」ですよ!

    そんなことをやってる場合じゃないし、そんなのをやってる間にAさんはどんどん前に行っています。
    また、周りも前に進んでしまう可能性も。

    結局、自分だけ取り残されてしまうんじゃないかな?

    また、その行為をやっているのを見て離れる人も増えてしまうんじゃないかな?

    うーん・・・他人を引きずりおろそうとするのは良いところが少なそうな気がします。

    そんな時こそ、自分が上に上がる力を養うのが一番良いのではないかと僕は考えます。

    誰かを引きずり降ろす」のではなく「自分が上に上がるように」した方がメリット大きい。

    気にくわない相手を攻撃する前に自分のことをどうにかする。
    その方が良いことが多い気がします^^

    他人を引きずりおろそうとするのは負けも認めることになるし、やってもメリット少なさそうだし・・・。

    他人を引きずりおろそうとする人がいるけど、そんなことやっても何も変わらないのにね。

    他人を引きずりおろそうとする人がいるけど、そんなことやっても何も変わらないのにね。
    もったいないよね。

    個人的にそういうのはする気はないし、そういうことをする人とも関わろうともあまり思わない。

    色々とあったとしても、好きな人も嫌いな人もいるからね。
    他人を引きずりおろそうとする人に関わっている時間ももったいないよね。

    もし他人を引きずりおろそうとする人に悩んでいる人にこの記事が役に立てば嬉しいです^^

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Twitter で nori_blog(更新情報用)を

    Amazonタイムセール
    この記事のURLをコピーする

    -つれづれ, 考え
    -

    Copyright© のり部屋 , 2019 All Rights Reserved.