▶ ランダム記事
Amazonタイムセール

本・読書

投稿日:2022年3月22日 更新日:

【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

amazon-student-Prime Student無料体験に登録可能、かつ、過去にPrime Studentに登録経験のないお客様

【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

「読者が選ぶビジネス書グランプリ」は、
ビジネスパーソンが「読むべき本」
を選出するコンテストです。

「読者が選ぶビジネス書グランプリ」というものがあります。

読者・ビジネスパーソンが選んだものでとても役に立つ勉強できる本ばかりです。

この記事では「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」のグランプリ&ランキングTOP10の目次を全部紹介していきます。

目次だけでも勉強できますし、興味を持ったら是非本を手に取りより詳しい内容を読んでもらえたら嬉しく思います。

5秒で分かるコンテンツ

【全目次】ビジネス書グランプリ2022 ランキング1位~10位

最初にランキングをまとめて紹介し、このあとでもう少し詳しく紹介したいと思います。

【1位】1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書

【全目次】1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 / 藤尾秀昭【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【2位】超ファシリテーション力

【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【3位】LISTEN

【全目次】LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる / ケイト・マーフィ【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

目次記事 LISTEN

【4位】認知症世界の歩き方

【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【5位】プロセスエコノミー

【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【6位】ビジョナリー・カンパニーZERO

【全目次】ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる / ジム・コリンズ【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【7位】稲盛和夫一日一言

【全目次】稲盛和夫一日一言 / 稲盛和夫【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【8位】今日がもっと楽しくなる行動最適化大全

【全目次】行動最適化大全 今日がもっと楽しくなる ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す / 樺沢紫苑【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【9位】マイノリティデザイン

【全目次】マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【10位】進化思考

【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

目次記事 進化思考

ここから全目次を載せていきます。

楽しんでもらえたら嬉しく思います!

【全目次】1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 / 藤尾秀昭【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 / 藤尾秀昭【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

藤尾秀昭 さんの「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】1月 January【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
知恵の蔵をひらく
稲盛和夫(京セラ名營会長)

2日
一日の決算は一日にやる 土光敏夫の座右の銘
吉良節子(土光敏夫元秘書)

3日
仕事にも人生にも締め切りがある
道場六三郎(銀座ろくさん事主人)

4日
ドラッカー七つの教訓
上田惇生(ものつくり大学救授)

5日
幸田露伴が発見した成功者の法則
渡部昇一(上智大学名誉教授)

6日
人を育てる十の心得 加賀屋の流儀
小田真弓(和倉溫泉加賀星女)

7日
ヒット商品を生み出す秘訣
佐藤可士和(クリエイティプディレクター)

8日
独創力を発揮するための三条件 糸川英夫の教え
的川泰宣(宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授技術参与)

9日
嫌いな上司を好きになる方法
林 成之(日本大学大学院総合科学研究科教授)

10日
公私混同が組織を強くする
平尾誠二(神戸製鋼ラグピ一部ゼネラルマネージャー)

11日
ソニー創業者・井深大のリーダーシップ論
宮端清次(はとバス元社長)

12日
本田宗一郎のデザイン論
岩倉信弥(多摩美術大学理事,教授、本田技研工業元常務)

13日
「おかげさま」と「身から出たサビ」
山中伸弥(京都大学-PS細胞研究所所長)

14日
経営者の人間学とは修羅場を経験すること
鬼塚喜八郎(アシックス社長)

15日
あかあかと通る一本の道
齋藤茂太(精神科医)

16日
一%の明かりを見つけて努力する
山下俊彦(松下電器産業相談役)

17日
渋沢栄一は三つの「魔」を持っていた。
城山三郎(作家)

18日
すぐやる、必ずやる、出来るまでやる
永守重信(日本電產社長)

19日
正しい決断と間違えた決断の共通項
松井道夫(松井証券社長)

20日
二十一世紀のあるべき経営者の心得
塚越寬(伊那食品工業会長)

21日
イチローの流儀
山本益博(料理評論家)

22日
負けず嫌いにもレベルがある
張栩(囲蕃棋士)

23日
一度は死に物狂いで物事に打ち込んでみる
安藤忠雄(建築家)

24日
人ではなく、時計と競争する 人間国宝の仕事術
大場松魚(漆芸家)

25日
奇跡を起こす方程式
佐渡裕(指揮者)

26日
プロは絶対ミスをしてはいけない。
王貞治(福岡ソフトバンクホークス球団会長)

27日
10ㆍ10・10の法則
藤居寬(帝国ホテル顧問)

28日
世界一の監督になれたバックボーン
松平康隆(全日本バレーボール協会名誉会長)

29日
努力の上の辛抱という棒を立てろ
桂小金治(タレント)

30日
教員の仕事は教壇に立って教えることだ
坂田道信(八ガキ道伝道者)

31日
自分を育てるための三つのアプローチ
今野華都子(タラサ志摩スバ&リゾート社長)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】2月 Febrary【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
命とは君たちが持っている時間である
日野原重明(聖路加国際病院理事長)

2日
みてござる
西端春枝(大谷派淨信寺副住職)

3日
松井秀喜の才能を花開かせたもの
山下智茂(星種高等学校副校長,野球部監督)

4日
勝負にこだわるな、芸を磨け
藤沢秀行(蕃九段,名誉棋聖)

5日
教室中の親子が涙した最後の授業
大畑誠也(九州ルーテル学院大学客員教授)

6日
S君の生き方から教わったこと
木下晴弘アピリティトレーニング社長)

7日
人は生きてきたように死んでいく
柏木哲夫(金城学院大学学長)

8日
裸に生まれてきたに 何不足
川上哲治(元巨人軍監督)

9日
私を救った兄からの手紙
越智直正(タビオ会長)

10日
心の中に佐渡島をつくれ
伊藤謙介(京セラ元会長)

11日
パセリの教訓
中井政嗣(千房社長)

12日
運命の軽車に乗る
坂村真民(仏教詩人)

13日
鬼と化した母の愛に救われて
西村滋(作家)

14日
人生逃げ場なし
石川洋(托者)

15日
ものの見方を百八十度変える俳句の力
夏井いつき(俳人)

16日
狂狷の徒たれ
白川静(立命館大学名誉教授)

17日
子どもの可能性を伸ばす十か条
杉山美沙子(般社団法人次世代SM1LE協会代表理事)

18日
現場には仕事と無駄の二つしかないと思え
張富士夫(下ヨタ自動車相談後)

19日
よいことの後に悪いことが起こる三つの理由
浅見帆帆子(作家・エッセイスト)

20日
安田善次郎の遺した教訓
安田弘(安田不動産顧問)

21日
本当に強くなる選手
吉田栄勝(志ジュニアレスリング教室代表)

22日
与うるは受くるより幸いなり
コシノジュンコ(デザイナー)

23日
マザー・テレサへの質問
上甲晃(志ネットワーク「青年塾」代表)

24日
よい顔をつくる法則
藤木相元(嘉祥流說相学会導主)

25日
一に努力、ニに努力、三に努力、すべて努力
福島孝徳(テューク大学教授)

26日
ナポレオン・ヒルの成功哲学
黒岩功(ル・クログループォーナーシェラ)

27日
ストレスに負けない生き方
松崎一葉(筑波大学大学院人間総合科学研究科教授)

28日
好成績を維持する秘訣
和田裕美(HIROWA代表取締後)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】3月 March【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
日本代表のためにあなたは何をやってくれる?
中田久美(パレーボール女子日本代表監督)

2日
時間を消費する人、投資する人
横田尚哉(ラァンクショナルアプローチ研究所社長)

3日
天狗は芸の行き止まり
龍斎貞水(講啟師)

4日
"法隆寺の鬼"の教え
小川三夫(工舎含主)

5日
教えてもらったことは忘れる・
小野二郎(すきやばし次郎主人)

6日
一番よい会社の条件
柳井正(ファーストリイリング会長兼社長)

7日
リーダーは上機嫌で希望の旗印を掲げ続けよ
三浦雄一郎(冒険家)

8日
人間は試練があるとひらめく
陳昌鉉(バイオリン製作者)

9日
禍を試練と受け止めて前進せよ
昇地三郎(しいのみ学園園長)

10日
アイデアの神様が降りてくる人
森岡毅(ユー・エス・ジェイ元CMO、、刀代表取締殺CEO)

11日
エジソンに学ぶ成功の秘訣
浜田和幸(国際未来科学研究所代表)

12日
積極的プラス思考型人間になれ
国分秀男(東北福祉大学特任教授・元古川商業高等学校女子バレーボール部監督)

13日
幸運の女神が微笑む人の条件
米長邦雄(日本将棋連盟会長:永世棋)

14日
限界は人間の意識の中にある
山口良治(京都市スポーツ政策)

15日
人生とは織物である
志村ふくみ(染織作家・人間国宝)

16日
どん底の淵から私を救った母の一言
奥野博(オークスグループ会長)

17日
最大の危機は、低過ぎる目標を達成すること
鍵山秀三郎(日本を美しくする会相談役)

18日
兄・小林秀雄から学んだこと
高見澤潤子(劇作家)

19日
生徒に遅刻をさせない方法
原田隆史(大阪市立松虫中学校教論)

20日
命のバトンタッチ
鎌田實(原訪中央病院名誉院長)

21日
泥棒と悪口を言うのと、どちらが悪いか
三浦綾子(作家)

22日
手足のないことが善知識
中村富子

23日
天に神あり、地に心あり、人生誠以て貫く
森村武雄(森村設計会長)

24日
祖父・北里柴三郎の報恩精神、
北里一郎(学校法人北里研究所頭間)

25日
両目を失明した時に九歳の息子が言ったこと
福島令子(「指点字」考案者)

26日
先義後利 義を先じて、利は後とする
玉置辰次(半兵衛誌第十一代当主,会長)

27日
親父の小言
青田晚知(大聖寺住職)

28日
あなたの一だけをひたすら書きなさい
ひろはまかずとし(言の葉墨彩画家)

29日
組織が沈没する時
我喜星優(興南高等学校硬式野球部監督)

30日
苦難こそが人生の肥やしになる
福島智(東京大学先端科学技術センター教授)

31日
「鬼の口」に飛び込む思いをしなければならない
出町讓(作家・ジャーナリスト<テレビ朝日動務>)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】4月 April【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
中畑清の二言挨拶
太田(駒澤大学野球部元監督)

2日
"生"と"生"を重ねて生きる
あまんきみこ(童話作家)

3日
社員満足度をいかに高めるか
横田英殺(ネッツトヨタ南国社長)

4日
売れる営業マンになるための七か条
加賀田 晃(加賀田式セールス学校講師)

S日
大工の技術取得法三段階
田中文男(大工棟梁)

6日
大事なことは現場、現場、現場
宮脇昭(横浜国立大学名誉教授・国際生態学センター研究所長)

7日
それで、あなたは何をしましたか
田中繁男(実践人の家副理事長)

8日
仕事は祈りである
平澤興(京都大学元総長)

9日
不可能を可能にするための三条件
熊井英水(近読大学名誉教授)

10日
札付きだった支店長の勇断
佐々淳行(初代內閣安全保障室長)

11日
運気を上げるための四つのポイント
佐々木洋(花卷東高等学校硬式野球部監督)

12日
天知る、地知る、我知る
高橋恵(サニーサイドアップ創業者・おせっかい協会代表理事)

13日
三百年続く老舗の家訓
中村四郎兵衡(扇四呉服店九代目当主)

14日
水車の例え話 二宮尊徳の訓え
中桐万里子(リレイト代表,二尊德七代目子孫)

15日
感謝は人の心を大きく、美しく、強くする
古市忠夫(プロゴルファー)

16日
横山やすしさんから学んだこと
大谷由里子(プロデューサー)

17日
失敗する経営者の条件
後藤昌幸(滋賀ダイハツ販売グループオーナー)

18日
営業マンの鉄則十五か条
林薫(ハヤシ人材教育研究所所長)

19日
事業に失敗するこつ十二か条
菅原勇継(王子屋社長)

20日
商いは飽きてはいけない
千葉ウメ(謙倉鉢の木創業者)

21日
エネルギーは出し切れ
飯田亮(セコム会長)

22日
君はそれ、自分で確かめたんか?
佐久間県二(WOWOW相談役)

23日
黒田官兵衛や西郷隆盛に影響を与えた書物
數土文夫(JFEホールディングス特別顧問)

24日
「信用」は使ってはならない
黒田暲之助(コクヨ会長)

25日
人物の条件
安岡正篤(東洋思想家)

26日
段取り力を鍛える
笠原籽弘(日本料理「黄香両店主)

27日
一日最低十回は「日本こと口にする
西谷造(大阪桐陈高等学校硬式野球部監督)

28日
マニュアルの先にあるものを読む
陳建一(四川飯店オーナーシェフ)

29日
褒める人間は敵と思え
桂歌丸(落語芸術協会会長)

30日
始めあらざるなし、克く終りある鮮し
伊與田覺(論請普及会学)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】5月 May【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
日本には唯一の地下資源がある
梁瀬次郎(ヤナセ会長)

2日
悪い会社幹部の三タイブ
渋沢栄一(実業家)

3日
白いものを黒と言われた意味を考える
牧野眞一(ムッシュマキノオーナーシェフ)

4日
ブランドを築くために大切なこと
水野学(クリエイティプディレクター)

5日
成功する人は脳に何をインプットしているのか
西田文郎(サンリ会長)

6日
人を叱る三つのコツ
井村雅代(アーティスティックスイミング日本代表ヘッドコーチ)

7日
会社は人間修業の道場
染谷和巳(アイウィル主宰)

8日
国際情勢を見る四つの要諦
中西輝政(京都大学名营教授)

9日
幸運を招来する法
中矢伸一(日本弥栄の会代表)

10日
コツはただ、コツコツコツコツやることだ
笹戸千津子(彫刻家)

11日
まね、慣れ、己
小田禎彦(加賀屋会長)

12日
夢が人生をつくる
川端克宜(アース製棗社長)

13日
民族滅亡の三原則
中高徳(アサヒビール名誉顧問)

14日
腹中書あれば負けず
青木擴憲(AOKーホールディングス会長)

15日
時間のものさし
林雄二郎(日本フィランソロビー協会頭間・トヨタ財団元專務理事)

16日
試す人になろう
野中郁次郎(一橋大学名誉教授)

17日
どういう会社が奇跡を起こすのか
竹田和平

18日
知恵を富に換えるのが仕事
林野宏(クレディセソン社長)

19日
人間の脳波を止めてしまう言葉
植松努(植松電横代表取締役)

20日
天ぷらが揚がる百七十度のエネルギー・熟意を出せ
森下鶴史(テンポスバスターズ社長)

21日
百里への道の半分は、五十里ではなく九十九里
小田豊四郎(六花亭製集代表取締役)

22日
病気も「ようこそ」と考える
青山俊童(愛知専門尼僧堂堂頭)

23日
嫉妬しているうちは福は回ってこない
小出義雄(佐倉アスリート倶楽部社長)

24日
人を恨む行為は、人生をつまらないものにする
河野義行(松本サリン事件被害者)

25日
人生はあなたに絶望していない。
永田勝太郎(公益財団法人国際全人医療研究所理事長)

26日
人の痛みがわかる本当のチャンピオンになれ
山下泰裕(東海大学教授)

27日
仕事は自ら探し出すもの
桜井正光(リコー会長)

28日
いつも不安の中に身を置いておく
堀文子(日本画家)

29日
人生は三切る―踏み切る、割り切る、思い切る
津田晃(野村達券元專務)

30日
ナンバー1とナンバー2の違い
古森重隆(富士フイルムホ―ールディングス会長兼CEO)

31日
物事を成就させる秘訣
西堀栄三郎(理学博士)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】6月 June【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
人間のプロになれ
杉原輝雄プロゴルファー)

2日
運は自分がこしらえるもの
宇野千代(作家)

3日
宇宙と私たちは一体である
柳澤桂子(生命科学者)

4日
マザー・テレサはなぜキレなかったのか
渡辺和子(フートルダム清心学園理事長)

5日
働くとは、人にサービスをすること
水戸岡鋭治(工業デザイナー)

6日
腹を括れば、自分がなくなる
水野彌一(京都大学アメリカンフッットボール部前監督)

7日
耐え抜くところから信用はついてくる
比屋根毅(エーデルワイス社長)

8日
やらされている百発より、やる気の一発
中村豪(愛知工業大学名電高等学校,豊田大谷高等学校硬式野球部元監督)

9日
修練と勇気、あとはゴミ
黒柳徹子(女優,ユニセフ親善大使)

10日
「くれない族」では幸せになれない
曽野綾子(作家)

11日
現場力の高め方
遠藤功(シナ・コーポレーション代表取締役)

12日
内なる自分と信頼関係を築く
河原成美(力の源ホールディングス社長、ラーメン店「一風堂」創業者)

13日
選手育成の鉄則 飯クソ・風呂
古沼貞雄(サッカー指導者・帝京高等学校サッカー部元監督)

14日
色眼鏡でものを見るな
酒巻久(キャノン電子社長)

15日
雪絵ちゃんとの最後の約束
山元加津子(特別支援学校教論)

16日
あんたが変わらなければあかん
脇谷みどり(作家)

17日
破草鞋の公案
千玄室(茶道裏千家前家元)

18日
立ち直ろうとしないのはあんたのせいや
大平光代(弁護士)

19日
死は前よりしも来らず、かねてうしろに迫れり
清川妙(作家)

20日
準備、実行、後始末
桜井章一(雀鬼会会長)

21日
私は虫であり、虫は私である
熊田千佳幕(生物画家)

22日
正射必中 経営に生かす弓道の極意
ジェローム・シュシャン(コディパ・ジャパン社長)

23日
怪我に泣いて土俵に笑う
尾車浩一(尾車部屋親方)

24日
「もう一回」の言葉の重み
石原仁司(日本料理未在店主)

25日
この世は愛の教習所
鮫島純子(エッセイスト)

26日
人生を切り開く「ダブルゴール」
岩出雅之(帝京大学ラグビー部監督)

27日
不可能を可能に変える経営哲学
鈴木敏文(セプン&アイ・ホールディングス名誉顧問)

28日
天命追求型の生き方、目的達成型の生き方
白駒妃登美(ことほぎ代表取締後)

29日
「まだまだ」と「よし」
堀澤祖門(三千院門踏門主)

30日
前提条件を覆せ 大野耐一の激怒
林南八(元卜ヨタ自動車技監)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】7月 July【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
心のじようぎ
石川紀行(草木谷を守る会代表)

2日
大事なのは丸い土俵から何を学ぶか
納屋幸喜(相撲博物館館長·元橫網大大鵬)

3日
自分の荷は自分で背負って
宇治田透玄(東井義雄記念館館長)

4日
一流になりたければ超一流に触れよ、
高橋忠之(志摩觀光ホテル元総料理長兼総支配人)

S日
麦は踏まれて強くなる
小嶺忠敏(長崎県立国見高等学校サッカー部梯監督)

6日
伸びる選手には"狡賢さ"がある
田中澄憲(明治大学ラグビー部監督)

7日
仕事でもらったスランプは仕事で返す
松本明慶(大佛師)

8日
限界をつくっているのは自分自身
宮本祖豊(十二年能山行満行者,比山延屠寺円龍院住職)

9日
尊敬する人を持たない人は成長しない
橋本保雄(日本ホスピタリィ推進協会理事長・ホテルオークラ元副社長)

10日
心・力・意を尽くす
辰已芳子(料理研究家)

11日
足下を掘れ、そこに泉あり
宮本輝(作家)

12日
金がないから何もできないという人間は
大村智(北里大学特別栄營教授)

13日
経営的発想のできる人間が伸びる
川田達男(セーレン会長養CEO)

14日
素人発想、玄人実行
金出武雄(カーネギーメロン大学教授)

15日
男は十年だ
北方謙三(作家)

16日
一生一作 師・棟方志功の教え
長谷川富三郎(板画家)

17日
能力を高める秘訣
鈴木鎮一(才能教育研究会会長)

18日
種田山頭火という生き方
大山澄太(俳人)

19日
人生は美しいことだけ覚えていればいい
佐藤愛子(作家)

20日
与えられた環境を最大限に生かす
稲尾和久(プロ野球解說者)

21日
よい人と歩けば祭り、悪い人と一緒は修行
小林ハル(越後響女・人間国宝)

22日
私はピアノで、ピアノは私
フジコ・ヘミング(ピアニスト)

23日
社長が求めているものを求めているか
河田勝彦(オーポンヴュータンオーナーシェフ)

24日
人生、すべて当たりくじ
塙昭彦(セプ一&アイ・フードシステムズ社長、前イトーヨーカ堂中国総代表)

25日
創業時を支えた二つの言葉
鳥羽博道(ドトールコーヒー名營会長)

26日
仕事は追い掛けられるな、追い掛けろ
森口邦彥(染色家,人間国宝)

27日
断ったらプロじゃない
新津春子(日本空港テクノ所属環境マイスター)

28日
トップアスリートの共通項
荒牧勇(中京大学スポーツ科学部教授)

29日
私と刺し違えるつもりで来なさい
植木義晴(日本航空会長)

30日
運を無駄遣いする人、味方につける人
谷川浩司(日本将棋連盟棋士九段)

31日
どこまで人を許せるか、
塩見志満子(のらねこ学かん代表)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】8月 August【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
発想力を鍛えるためのポイント
山本康博(ピジネス・バリュークリエイションズ代表)

2日
最も問題が解決しない考え方
岸良裕司(コールドラット・コンサルティング日本代表)

3日
「あおいくま」の教え
滝川広志(コロッケ)(ものまねタレント・俳優)

4日
幸福になる四つの因子
前野隆司(慶應義塾大学大学院教授)

5日
鏡の前で毎日言い続けている言葉
松岡修造(スポーツキャスター)

6日
自分の仕事に命を懸けなさい 森信三の教え
加藤彰彦(沖縄大学人文学部福祉文化学科教授)

7日
前後際断·瞬間燃焼
斎藤智也(聖光学院高等学校硬式野球部監督)

8日
苦を忘れるために夢中になる
坂東玉三郎(歌舞伎俳優)

9日
清、負けたらあかん!
川辺清(五苑マルシングループ代表)

10日
「人」という字を刻んだ息子
秋丸由美子(明月堂教育室長)

11日
あずさからのメッセージ
是松いづみ(福岡市立百道浜小学校特別支援学級教諭)

12日
上手な苦労と下手な苦労
淡谷のり子(歌手)

13日
売れる商品と売れない商品の差
松野幸吉(日本ビクター会長)

14日
一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数
藤原正彥(数学者)

15日
ルバング島で孤独感がなかった理由
小野田寬郎(元陆軍少尉·財団法人小野田自然整理事長)

16日
クリエイターに必要な三要素
早乙女哲哉(天ぶら「みかわ是山居」主人)

17日
結果のコミュニケーション
田村潤(100年プランング代表・キリンビール元副社長)

18日
頭の強い人と弱い人
片岡一則(ナノ医療イノベーションセンターセンター長)

19日
戦艦大和の上官がくれた命
八杉康夫(戦艦大和語り部)

20日
自分の仕事を天職だと考える
福地茂雄(アサヒビール社長)

21日
鈴木大拙の風韻
岡村美穂子(大谷大学非常動講師)

22日
手術の極意は「独坐大雄峰」
佐野公俊(副院長,腦神経外科頭間)

23日
小林秀雄から教わった歴史を知る意味
占部賢志(福岡県立太宰府高等学校教諭)

24日
伸びる人と伸びない人の差
山田満知子(フィギュアスケートコーチ)

25日
ノーベル賞を取るための五か条
江崎玲於奈(物理学者)

26日
「感動分岐点」を超えられるか
塚本こなみ(浜松市花みどり振興財団理事長)

27日
帰りがけの挨拶を見ておくように
高嶋栄(船井総研ホールディングス社長)

28日
困難は解決策を連れてくる
川勝宣昭(DANTOTZ consulting代表)

29日
一所懸命やらなかったことを失敗という
高田 明(ジャパネットたかた創業者)

30日
自分の思う限界は限界ではない
山川宗玄(正眼寺住職)

31日
人が嫌がることを三百やる
奥田政行「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】9月 September【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
「三つ星」を取れる人と取れない人の差
米田肇(HAJIMEオーナーシェフ)

2日
すべて私にお任せください
加藤健二(元キャビトル東急ホテルェグゼクティブコンシェルジェ)

3日
偉い人間にならなくていい、立派な人間になれ
ガッツ石松(元WBC世界ライト級チャンピオン)

4日
仕事に言い訳しちゃいけないよ
三浦由紀江(日本レストランエンタプライズ大宮営業所長)

5日
明日を案ずるより今日を最期と生きるのです
石川真理子(作家)

6日
今日の決心がそなたの家の存亡にかかわる
二宮尊德(農政家)

7日
本当に大事なことは二十年かかる
中村桂子(JT生命誌研究館館長)

8日
相手が自分を必要とする時は
牛尾治朗(ウシオ電楼会長)

9日
戦死した二人の兄の教え
相田みつを(書家)

10日
人生の後半をどう生きるか
外山滋比古(お茶の水女子大学名誉教授)

11日
気を満ち溢れさせる四条件
唐池恒二(九州客鉄道会長)

12日
平生の心の持ち方により芸術の高低が出る
谷川徹三(哲学者)

13日
塩瀬饅頭総本家の家訓
川島英子(塩瀬税本家三十四代当主会長)

14日
時は心のうちにからだのうちに積りゆくもの
山本富士子(女優)

15日
その職務に死ぬ覚悟がなければ本物にはなれぬ
野尻武敏(神戸大学名誉教授・生活協同組合コープこうべ理事長)

16日
下積みがなけりゃ、偉くなれない。
松久朋琳(大仏師)

17日
本物の人物を撮る心得
藤森武(写真家)

18日
悪いが良い、良いが悪い
日比孝吉(名古屋製酪社長)

19日
祈らない祈り 仕事は祈り
鷺珠江(河井背次郎記念館学芸員)

20日
小売業がうまくいくかの指標はただう
大久保恒夫(成城石井社長)

21日
真心尽くせ 人知らずとも
松原泰道(南無の会会長・龍源寺前住職)

22日
宣長は何によって偉い人になったか
吉田悦之(本居宣長記念館館長)

23日
四耐栗不
平岩外四(東京常力社長)

24日
覚悟を決めよう
井上康生(全日本柔道男子代表監督)

25日
運を強くするには人の道を守ること
樋口武男(大和ハウス工業会長CEO)

26日
不満に思うか、ありがたいと乗り越えるか
栗山英樹(北海道日本ハムファイターズ監督)

27日
自己改革の六つのキーワード
大谷將夫(タカラ物流システム社長・タカラ長運社長)

28日
ピンチはチャンスだ、ありがとう
加治敬通(六ローデイ社長)

29日
いまが「どん底」だと分かればそれ以上は落ちない
山下弘子

30日
知識、見識、胆識
豊田良平(コスモ証券元副社長)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】10月 October【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
勝負の神様は細部に宿る
岡田武史(日本サッカー協会理事・サッカー日本代表前監督)

2日
本当の商人の謙虚さ
矢野博丈(大創産業創業者)

3日
人生の五計
小島直記(作家)

4日
落ちるからこそ、いい作家になれる
片岡球子(日本画家)

3日
人間がかかる四つの病
高原慶一朗(ユニ・チャーム会長)

6日
いかに忘れるか、何を忘れるかの修養
新井正明(住友生命保険元社長)

7日
人間は努力するかぎり、迷うものだ ゲーテの言葉
森本哲郎(評論家)

8日
才能があるのに伸びない選手
金子正子(日本水泳連盟シンクロ委員長)

9日
売れるキャッチコピーを生み出す秘訣
神田昌典(経営コンサルタント)

10日
学ぶとは真似て自分を改造していくこと
観世榮夫(能楽師)

11日
経営と仕事の違い
福永正三(京セラオプテック元社長)

12日
貧乏には二通りある がばいばあちゃんの教え
島田洋七(漫才師)

13日
ベトガーに学ぶセールスの極意
田中真澄(社会教育家)

14日
かくて奇跡のりんごは実った
木村秋則(可んご農家)

15日
トヨタの技術者が繰り返してきた言葉
海稲良光(OJTソリューションズ專務)

16日
悲しみをとおさないと見せていただけない世界がある
東井浴子(净土真宗東光寺坊守)

17日
免疫力をアップする三つのスイッチ
吉丸房江(健康道場・コスモポート主宰)

18日
ライト兄弟が人類初の空中飛行をできた理由
原俊郎(航空ジャーナリスト)

19日
脳にベクトルを持つ
加藤俊德(「脳の学校」代表取終後·医師・医学博士)

20日
遂げずばやまじ 日本初の近代的国語辞書を創った信念
高田宏(作家)

21日
理屈ではなく、体で覚える
西岡常一(法隆寺,溪師寺宮大工棟柔)

22日
繁栄の法則
北川八郎(陶芸家)

23日
年中夢求 百分間限定練習
平岡和德(熊本県宇城市教育長,熊本県立大津高等学校サッカー部税監督)

24日
人生の問題は一つ一つ解決していく
佐々木將人(合気道本部師範)

25日
この世のすべては借り物
古田貴之(千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長)

26日
見えないものを追いかける仕事
天田昭次(刀匠)

27日
一隅を照らすとは、仕事に全力を注ぐこと
山田惠諦(比叡山天台座主>

28日
花が咲いている 精いっぱい咲いている
横田南嶺(円覚寺派管長)

29日
自分が社長ならどうするか
渡邊直人(王将フードサービス社長)

30日
再建が必要となる会社に共通していること
長谷川和廣(会社力研究所代表)

31日
合唱力を高めるポイント
浏上貴美子(杉並学院中学高等学校合唱部指揮者)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】11月 November【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
自家発電能力
覚張利彦(SM-ジャパン公認エージェンシー リバティー北海道代表)

2日
先読みでゴールを見極める
吉野彰(旭化成名誉フェロー)

3日
"できない"を"できる"に変えていくために
岩倉真紀子(京都明徳高等学校ダンス部顧間)

4日
愛されるために何が大事か
藤重佳久(活水高等学校吹奏楽部音楽監督)

S日
仕事がない時こそ最大のチャンス・
隈研吾(建築家)

6日
不可能を可能にする気持ちでやれ
山高篤行(顺天堂大学医学部小児外科・小児泌尿生殖器外科主任教授)

7日
高校生らしさだけは日本になろう
佐藤久夫(明成高等学校男子バスケットポール部ヘッドコーチ)

8日
心の中で二次災害を起こさない
鈴木秀子(文学博士)

9日
誰にも譲れない信念があるかどうか
川口淳一郎(宇宙航空研究開発横構シニアフェロー)

10日
会社は悪くなってからでは遅い
木下宗昭(佐川印刷会長)

11日
ドラッカーの説く、なすべき貢献の中身
佐藤等(ドラッカー学会理事)

12日
医者としてのすべてのプライドを懸けろ
上山博康(旭川赤十字病院第一脳神経外科部長,脳卒中センター長)

13日
脳みそがちぎれるほど考えろ
孫正義(日本ソフトパンク社長)

14日
倒産から立ち上がる人、立ち上がれない人
野口誠一(八起会会長)

15日
上達の三原則 よき師、よき友、長時間
丸谷明夫(大阪府立淀川工科高等学校名誉教喻·吹奏楽部顧問)

16日
織田信長の驚くべき斬新性
堺屋太一(作家)

17日
上に立つ者の絶対条件は悪口を真に受けないこと
谷沢永一(関西大学名誉教授)

18日
"たまたま"ということはない。
白鵬翔(第六十九代横綱)

19日
芭蕉俳諸の本質
尾形伪(国文学者)

20日
喜びが喜びを生んでいく
東城百合子(『あなたと健康』主幹)

21日
医療者の使命
澤村豊(北海道大学病院神経外科医)

22日
一流の人間は一流の生活をすべし
青木定雄(MKグループ・オーナー)

23日
どの子も子供は星
東井義雄(教育者)

24日
お菓子の神様に魂を捧げる
辻口博啓(パティシエ)

25日
断捨離思考法
やましたひでこ(クラター・コンサルタント)

26日
虎屋に代々伝わる儀式と掟書
黒川光博(虎屋社長)

27日
現場主義こそがすべて
山本明弘(広島市信用組合理事長)

28日
長生きも芸のうち
平山郁夫(画家)

29日
プロとは考えずして正しい答えが出る人
舩井幸雄(粉井総合研究所社長)

30日
成長会社のトップ三十数人の共通項
井原隆一(日本光電工業副社長)

【1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 目次】12月 December【藤尾秀昭・要点・もくじ】

1日
トンビでもタカの子育てを真似ればタカになる
池江美由紀(EQWELチャイルドアカデミー本八幡教室代表)

2日
一筋っちゃええもんやぞ
山田重太郎(演師)

3日
誕生日は、産んでくれた母に感謝をする日
松崎運之助(夜間中学校教)

4日
一流の男の背景には必ず母親からの影響がある
堀内政三(果鴨学園理事長,学校長)

5日
国語教育の神様・大村はまの指導術
苅谷夏子(大村はま記念国語教育の会事務局長)

6日
因と縁の力を大事にする
中村元(東方学院院長)

7日
大事な時に偶然でもいいから現場にいる
高橋幸宏(桶原記念病院副院長)

8日
生かされている実感
大石邦子(エッセイスト)

9日
心の養生・食の養生・気の養生
帯津良一(蒂津三效病院名誉院長)

10日
若い時に流さなかった汗は老いて涙になる
三村仁司(アシックスグランドマイスター)

11日
指揮者に求められるもの
小林研一郎(指揮者)

12日
生命保険の営業に真に求められるもの
柴田知栄(第一生命保険特選営業主任)

13日
必ずやり遂げる徹底心 出光佐三の処世信条
北尾吉孝(SBーホールディングス社長)

14日
いまがその時、その時がいま
外尾悦郎(サグラダ・ファミリア主任彫刻家)

15日
自分の状態を測るリトマス試験紙
羽生善治(将棋棋士)

16日
命懸けで人の話を聴く
皆藤章(臨床心理士)

17日
自分がどう生きるかではなく、自分がどう生きたか
羽鳥兼市(1D0M名誉会長)

18日
母性のスイッチが入る瞬間
内田美智子(助產師)

19日
実力より評判だよ
鈴木茂晴(大和証券グループ本社社長)

20日
倒産危機に聞こえてきた母の声
青谷洋治(坂東太郎社長)

21日
剣道家の真価が問われる時
一川一(剣道教士八段)

22日
二十七歳までに決断する
西本智実(指揮者)

23日
退路を断つ力 アナウンサーから弁護士へ
菊問千乃(弁護士)

24日
出撃前夜の特攻隊員
神坂次郎(作家)

25日
てんぷらに革命を起こす
近藤文夫(てんぶら近藤店主)

26日
葬儀の現場で気づかされたこと
青木新門(作家)

27日
宇宙を貫く「ありがとう」の法則
小林正観(心学研究家)

28日
負けて泣いているだけでは強くならない
井山裕太(基棋土)

29日
自分の心の三畳間を持つ
童門冬二(作家)

30日
枯野をかけめぐる夢
境野勝悟(東洋思想家)

31日
人生は正味三十年
森信三(香学者)

あとがき

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 / 藤尾秀昭の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「ビジネス人物伝」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 / 藤尾秀昭【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「ビジネス人物伝」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 / 藤尾秀昭【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「ビジネス人物伝」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 / 藤尾秀昭【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

◎爆発的人気!! 異例の30万部突破
◎読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 総合グランプリ受賞!!
◎2021年上半期いちばん売れた自己啓発書(オリコン調べ)
◎2021年上半期いちばん売れた経済・ビジネス書(honto調べ)
◎2021年年間ベストセラー第7位(ビジネス部門/日販、トーハン調べ)
◎2020年ブクログ年間ランキング第1位(評価順)
◎ベストブック2021・ビジネス書ランキング第2位(週刊東洋経済)
◎誕生日など、大切な方へのギフトブックとして喜ばれています
◎東京五輪金メダリスト 阿部詩選手、オカダ・カズチカ選手も愛読する本
◎「読めば誰もの“座右の書"となり、大切な誰かに贈りたくなるだろう」
内田 剛氏(本屋大賞理事)
◎明治学院大のゼミや、流通経済大柏高校の授業でもテキストに採用
◎全424頁のまさに永久保存版
◎1日1話1頁、日めくり形式で読める

◆かつてない7つのこだわり

1、一流プロ365人、超豪華ラインナップ

稲盛和夫氏、王貞治氏、井村雅代氏、平尾誠二氏、羽生善治氏、柳井正氏、永守重信氏、山中伸弥氏、佐藤可士和氏、森岡毅氏、フジコ・ヘミング氏……など、ジャンルを超越した豪華ラインナップ。『致知』だからこそ実現できた究極の仕事の教科書です。

2、全424頁、永久保存版

創刊42年の歴史を持つ『致知』の1万本以上に及ぶ人物インタビューの中から、編集長と編集部が総力をあげてセレクトした傑作選。1年半がかりの制作期間に加え、40年以上に及ぶ歴史によって紡がれた、まさに永久保存版です。

3、仕事力と人間力が身につく

各界第一線で活躍する方の仕事術や発想法に触れられるのみならず、深い人生体験に根ざした生き方の哲学も味わえることで、仕事力とともに、人間力も身につきます。

4、1日1話形式(各1頁)で、1年間読める

インタビューの精髄のみを抽出したコンパクトな分量でありながら、ずしりとした読み応え。就寝前や出勤前の3分間、ページを開くことで、1年後の仕事のスキルアップ・人間力向上へとつながります。1日1話1ページの日めくり形式。

5、胸が熱くなる感動秘話も満載

読めば思わず目頭が熱くなる感動ストーリー。思わず誰かに話したくなる話が満載で、会社の朝礼や幹部会議、結婚式等でのスピーチ、社員教育にも使えます。「ネタの宝庫」としても活用度大。

6、『致知』読者でしか読めなかった記事を初公開

書店で一切販売されていない『致知』の記事は、これまで定期購読者でしか読むことができなかったもの。本書に収録される内容の大半が、一般向けには初公開の記事となります。

7、幻の秘蔵記事も一挙集結

32歳当時の孫正義氏の記事「脳みそがちぎれるほど考えろ」(1989年)や、伝説のアシックス創業者・鬼塚喜八郎氏、相田みつを氏など、貴重なインタビュー記事を一挙公開。取材当時の生々しい興奮や熱が伝わってきます。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!
平石直之 さんの「超ファシリテーション力」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【超ファシリテーション力 目次】平石流ファシリテーションの極意【平石直之・要点・もくじ】

準備力

聞く力

場を作る力

はじめに

【超ファシリテーション力 目次】第1章 ファシリテーターの心得【平石直之・要点・もくじ】

Q そもそもファシリテーターとは?
ファシリテーターの立ち位置は、ひとつにあらず。顔ぶれによって柔軟にアレンジを。

Q 面識のない人ばかりの会議で、堅い空気を和ませるには?
ファシリテーターはとにかく初めての参加者に寄り添う姿勢を。

Q 人に話を振るとき、質問がうまく思いつかない⋯⋯。
質問はときに発言を妨げます。「どうぞ」のひと言だけで充分な場面も。

Q なかなか意見が出ず、会議が盛り上がらないときは?
グループトークは"大なわとび"のようなもの。みんなが輪に入りやすい空気を大切に。

Q 相手にとって話しやすい雰囲気を作るポイントは?
反復、要約、同調。"伝わっている"ことを伝えましょう。

Q もっと議論を深めるにはどうすればいい?
ファシリテーターも手ぶらはNG!自分なりの仮説を用意して臨む。

Q 苦手な人がいると、仕切りづらくなってしまうのですが⋯⋯。
どんなことでもいいのでいいところを探し、発言者にリスペクトの気持ちを。

Q 話し下手な人をさりげなくサポートするには?
ファシリテーターが言葉をたくさん積んで、考える時間を作ってあげる。

Q 上司が部下にお説教を始めてしまい、誰も止められない⋯⋯。
会議は団体戦。上司であってもファシリテーターが協力を求める。

Q 言葉遣いが荒い人がいて、場が乱れがちなときはどうすればいい?
優しい言葉に言い換えながら介入し、ゆっくりトーンダウンさせましょう。

Q 掘り下げるべき話題"はどう見極めればいいですか?
話し手の熱量と参加者の反応を見て、フレキシブルな対応を。

Q ファシリテーターは、つねに冷静でいるべき?
ときにはあえて熱量を上げ、場を盛り上げる必要も。

Q 知識のない話題が飛び出したときは、どう対応すればいい?
正直に「わかりません」と言うことで、いっそう信頼を得られるケースも。

Q 想定外の展開に、頭が真っ白になってしまったら?
想定していたシナリオにとらわれすぎないことも大切です。

Q いい意見が引き出せず、議論が停滞してしまいがちです。
"一人=一見せ場"を意識して、時間の配分を考えましょう。

Q 相手に気を遣いすぎて、異論や反論を取り上げにくいのですが⋯⋯。
きちんと受け止めた姿勢を示すことで、反対意見も言いやすくなります。

【超ファシリテーション力 目次】第2章 話し合いを円滑に進めるコツ【平石直之・要点・もくじ】

Q 会議の出だしをスムーズにするには?
会議の序盤は、否定的なコメントをできるだけ避ける。

Q アジェンダが多くて、時間配分がうまくいかないのですが⋯⋯。
あらかじめアジエンダを開示して、参加者にも進行管狸に力してもらいましょう。

【超ファシリテーション力 目次】第3章 ファシリテーションは準備が9割【平石直之・要点・もくじ】

準備すべき要素を書き出し、優先度の高いものから着手する。

ファシリテーターの生命線は情報収集!速読や倍速を駆使して効率アップ。

【超ファシリテーション力 目次】第4章 即使える!キラーフレーズ集【平石直之・要点・もくじ】

参加者同士で激しい言い合いが始まってしまったとき

脱線した話題を本題に戻したいとき 

超ファシリテーション力 / 平石直之の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「仕事術・整理法」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「仕事術・整理法」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「仕事術・整理法」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「仕事術・整理法」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【オススメ】「仕事術・整理法」本で人気の目次一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次ジャンル・カテゴリ】【全目次】超ファシリテーション力 / 平石直之【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

★「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」ビジネス実務部門賞受賞

個性的な出演者をさばく名ファシリテーター
平石直之アナウンサー初の著書!

参加する会議がことごとくつまらない。
終わってみたら何も決まっていなかった。
時間がかかり過ぎて意欲が失われる。

なぜなのか?

数々の論客の様々な意見が飛び交う場を
コントロールしてきた著者が、
「つまらない、決まらない、終わらない」
会議・ミーティングを一変させるテクニックを
あますことなく紹介します! :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる / ケイト・マーフィ【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる / ケイト・マーフィ【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

ケイト・マーフィ さんの「LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる」の全目次を紹介します。(松丸 さとみ (翻訳), 篠田 真貴子 (監修) )

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【LISTEN 目次】chapter1 「聞くこと」は忘れられている【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

「誰とでも話ができる」は「誰の話でも聞ける」ということ

「要点を早く言わない人」は、悪い人か

「話を聞かれない」と孤独になる

誰かと一緒にいても、人は孤独を感じる

「聞きなさい」と言われる話は「会話」ではない

「聞く」職業の人でも、本当は聞いていない

「暮らす人」の声に耳をふさいだ政治家が分断を生んだ

SNSは、社会全体を反映してはいない

「SNSにコメントを書く人」は、実はわずか

「自分の話なんて他人には迷惑」だと思う人は多い

携帯電話を見るのは、退屈で面倒な他人の話を聞かなくてすむから

「話を聞く」とは相手のおしゃべりを待つことだと思っている人が多い

【LISTEN 目次】chapter2 私たちは、きちんと話を聞いてもらえた経験が少ない【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

誰かの話を本気で聴くとはどういうことか

まわりの人に無関心な方が、よほどリスクが高い

「聴く」ことは、自分自身への理解も深めてくれる

聞くことで他人の才能も共有できる

相手の話を聞けば聞くほど、お互いが似てくる

ふたりで議論を重ねると、ひとりではできない発見ができる

親に聞かれたかどうかがその後の生きやすさに影響を与える

ほとんどの人が、安定型と不安定型のはざまにいる

生い立ちに人生を左右される必要はない

観察ができれば、空気が変わる

孤独を感じるのは、「よいことが起こった」のに誰にも注意を払ってもらえないとき

「赤ちゃんの泣き声がうるさいの」という母親には、何と聞くのが正解?

出発点は、「他の人の声に耳を傾けること」

【LISTEN 目次】chapter3 聞くことが人生をおもしろくし、自分自身もおもしろい人物にする【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

どんなに情報がない人物でも、話を聞けばだいたいわかる

道を誤る瀬戸際にいる人のことが理解できるようになる

CIAが採用するのは、聞く力が優れている人

うなずいたり、おうむ返しは「聴くこと」ではない

自分の話に耳を傾ける人がいると、外の世界に安心して出ていける

他人に関心を持って過ごす人は、多くの友人ができる

好奇心があるということは、思い込みがないこと

見知らぬ人よりも、「知っている嫌な人」に話しかけてしまう理由

人の話を聞かないのは、何も起こらないつまらない人生

正しい情報を得たいなら、尋問よりも「きちんと聞く」方が効く

ただの質問と、好奇心を持っての質問は全然違う

【LISTEN 目次】chapter4 親しい人との仲もレッテルからも「聞くこと」が守ってくれる【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

夫婦仲が悪くなったのは「相手が何を言うかわかっているから」という思い込み

親密であればあるほど、相手への誤解が多い

「出会った日とずっと同じ人間」なんていない

友情を維持する第一の方法は、「日常的な会話」

深く話を聴いたことがある人とは、久しぶりに会っても昨日のように戻れる

第三者がいるだけで会話の質が変わる

半分以上の人は、「心配事を仲のいい人には話さない」

自分自身にさえ打ち明けるのも恐ろしい思い出もある

相手を嫌いになるのは、理解してもらえるという期待が裏切られたとき

親しくない相手の話を聞くときには先に分類してしまっている

みんな「自分には先入観がない」と思いがち

私たちは、話すよりも前に「シグナリング」で判断している

「シグナリング」だけでは、人の本質はわからない

親しい人との伸も、知らない人への誤解も、「聴くこと」が守ってくれる

【LISTEN 目次】chapter5 「空気が読めない」とはそもそも何が起こっているのか【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

友人が「クビになった」と言ってきたら、何と声をかけますか?

「よい聞き手」とは、話し手と同じ感情になって聞ける人

相手が自分でもわかっていないことを引き出すのが聞き上手

「相手がなぜそれをあなたに言ったのか」をくむこと=共感

「事実」の奥には、必ず感情がある

人質交渉のポイントは「犯人に共感すること」

大量殺人犯の共通点は、「誰も話を聞いてくれなかった」こと

初対面の相手でも、身の上話は聞きだせる

自分の話だけする人は、チャンスを逃してしまう

相手の視点を受け入れることは、人間の器を大きくする

【LISTEN 目次】chapter6 「会話」には我慢という技術がいる【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

うわのそらになるのは、「思考」が話よりも速いから

内向的な人が、聞き上手だというのは間違い

優れた聞き手は、余っている処理能力を頭の中での寄り道に使わない

いちばん会話を邪魔するのは「自分は次に何を話そうか」という心配

「次に何を言おう」と考えている方がかえって不適切な返答をする

「うまい言葉」が、信頼関係に必要なわけではない

自分の考えを忘れて相手の話を聴いた方が結局おもしろい会話になる

話が正しく聞けないのは、「不安やうわべの判断」にとらわれているから

「頭の中の寄り道」を我慢すれば会話はものすごくおもしろくなる

嫌なやつに対しても「きちんと聴こう」とすれば、不快感は減る

【LISTEN 目次】chapter7 反対意見を聞くことは「相手の言うことを聞かなければならない」ことではない【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

質問は、「好奇心」からでなくてはいけない

反対意見を聞くことは、人間にとっては生理的に「脅威」を感じること

解決をしたいなら、相手の意見を聞くしかない

ソーシャルメディアは、誰にも邪魔されずに自分だけの現実をつくり出せる

自分が支持しないグループには「恐怖」すら抱いている

効果的な反対意見は、相手を理解してのみ可能

「自分が問違っているかもしれない」という可能性を考えながら聞く

「偏桃体」の活動量が多い人は、不安症やうつになりやすい

「原始的な偏桃体の反応」があることを知っておく

人として成長する唯一の方法は、反対意見に耳を傾けること

優れた聞き手は、「相容れない考え」に耐えられる

グレーゾーンに耐えられる人は、アイデアを思いついたり、判断をするのが得意

【LISTEN 目次】chapter8 ビッグヒットは消費者の声を「聴く」ことから生まれる【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

アンケートの精度を上げるのも聞く力

消費者の無意識の意見を探り当てる「フォーカス・グループ・インタビュー」

フォーカス・グループよりも、データを集める方が早くて安い

フォーカス・グループにはお金がかかるが、効果は高い

名モデレーターは何を聞いているのか

聞き上手は「なぜ?」という質問を使わない

消費者の気持ちがわかったことで、ヒット商品が生まれた

人の感情や習慣は、データを超えてくる

ヒトが創造できるのは「聴く」から

そのデータがどういう意味を持つのかをわかっていないと結局意味がない

うまく聞ければ、自分ひとりでは絶対に見られなかったものが見られる

【LISTEN 目次】chapter9 チームワークは、話をコントロールしたいという思いを手放したところにやってくる【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

もっとも生産性の高いチームは、全員の発言量が同じくらい

「心理的安全性」は、相手の話を聴くことから始まる

会社員は、一日のうち約8割の時間をほかの社員とのコミュニケーションに費やしている

即興劇が上手な人は、聞くことが上手

チームとしての能力を高めるための「即興劇」研修

「注目を浴びたがる人」が聞くようになるまで

目立ちたい人は、自分が「十分ではない」ことをカバーするために自己顕示する

自分の空間の雰囲気は、自分でつくれる

自分を見せたいという欲求のせいで、ほかの可能性をなくしている

話をコントロールしようとすると、逆に進まない

つまらないギャグを言う人は、たいてい人の話を聞いていない

相手とつながっているという感覚をいちばん実感できるのが「笑い」

【LISTEN 目次】chapter10 話にだまされる人、だまされない人【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

全員が同じように話を聞いているわけではない

会話の感受性が高い人は、隠された意味に気づける

それぞれの視点から聞いた話をまとめたら最高の作品ができる

その人の「プライベートな部分」に人はいちばん共感する

「通りいっぺんの話題」が、聞いていていちばんつまらない

「事前にその人について調べる」「たくさん質問をする」と人は積極的に話したくなる

優れた聞き手になるには「自分の弱さを理解する」

「自分」が何を気にしているか知っていることはよく聞ける耳を持つようなもの

先に相手に話させて、会話を操ったジョンソン元大統領

「自分の聞きたいようにしか聞かない」人はだまされやすい

優れた聞き手は、だますのもだまされているのを察知するのも上手

つじつまが合わない会話をそのままにしておくことがだまされる原因

会話でわからなかったところをきちんと確認すればチャンスを見逃さない

【LISTEN 目次】chapter11 他人とする会話は、自分の内なる声に影響する【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

自分を批判する「内なる声」

「ひとりごと」は自分の中にいる他者の声

ネグレクトされた子どもはひとりごとが少ない

あなたのひとりごとは、自分を責めがち?他人を責めがち?

内なる声は、リアルの自分に大きな影響を与える

読書も、内なる声をつくる

内なる声は、あなたがどう現実に対応するかに大きな影響を与える

多くの人が、自分に批判的な内なる声を持っている

個人とする会話は、すべて自分の内なる声に影響している

【LISTEN 目次】chapter12 「アドバイスをしよう」と思って聞くと失敗する【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

聞き上手は、人を惹きつける

ヘタな聞き手は「ずらす対応」を優れた聞き手は「受けとめる対応」をしている

「ずらす対応」は、人とつながるチャンスを逃す

「自分はすごい」と見られたいだけの質問に気をつけよう

話に素直に耳を傾けるには、冒険心がいる

女性の方が、親身になって話を聞ける人が多い

ネガティブな反応は、ポジティブな反応の5倍の強さで感じられる

「アドバイス」をしだす人は、きちんと相手の話を聞いていない

相手の状況を「感じとる」のが、深く聞くこと

シンプルな質問は、本人も気づいていない答えを浮かびあがらせる

いい質問のウラには、「救ってあげよう」「助言してあげよう」がない。

自分の感情をひとまず置いて、先に相手の話を聞いてみよう

耳を傾けると、相手の問題解決の能力も上がる

日常で、家族に耳を傾けることは難しい

「広い質問」をすると、恋に落ちる?

その人が変わっていく過程に耳を傾ける以上の愛があるでしょうか?

聴くことは、名作も生む

【LISTEN 目次】chapter13 騒音は孤独のはじまり【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

雑音の中から、聞きたい音が聞けるのはどうして?

話のニュアンスも、脳は聞きとれる

脳は、音のニュアンスも含めて話を判断している

同じことだけ聞いていると、現実のとらえ方が偏ってくる

右耳は言葉を聞きとり、左耳は感情を聞きとる

あなたはどちらの耳をよく使っていますか?

音は、空気の圧縮を受けとって聞こえる

耳の神経は、体のどこの部位よりも多い

騒音は、音を聞きとる神経に傷をつける

難聴にならないために、騒音に気をつける

聞こえないときに、脳が勝手に補うから聞き間違いが起こる

難聴は孤独を生む

しゃべっている様子も含めないときちんと話を聞いたことにならない

本音はだいたい伝わる

経験さえあれば、細かな表情はどんな人でも読みとれる

話すときの情報はとても多い

しっかりと聞くために、この話は対面にするかそうではないか選ぶのもいい

電話は、技術的に「ぎりぎり話ができる程度」でつくられている

【LISTEN 目次】chapter14 スマートフォンに依存させればさせるほど、企業は儲かる【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

携帯電話を見ている間に「何かを生みだす時間」を失っている

スマートフォンの待ち時間が3秒以上かかるとイライラする

人々が注意力散漫であればあるほど、企業はお金になる

「速く聞く」と声のニュアンスも失われる

携帯電話があるだけでそのテーブルには親近感が生まれない

音が流れていると衝動買いをしやすくなる

マルチタスクは幻想

家族の食事の時間があっても好奇心がある会話がないと意味がない

「聴くこと」は、最高の友情でもある

子どものころに話を聞いてもらった経験は人生に大きな影響を与える

【LISTEN 目次】chapter15 「間」をいとわない人は、より多くの情報を引き出す【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

売上ナンバーワンの営業マンは、何をやっているのか?

お客さんに話してもらった方が、早いし楽な上、間違いも減る

ほとんどの話には間がない

0・5秒以上の沈黙があると、人はそれを不満や罰だと解釈する

すぐ返事がもらえないと、人は動揺する

自分が話さなかったからこそ、価値のあることが聞ける

ほとんどの宗教が「沈黙」を大事にしている

交渉は、よく聞いていないと間違いなく失敗する

24時間だけでも話さないことに耐えられればより優れた聞き手になれる

【LISTEN 目次】chapter16 人間関係を破綻させるもっとも多い原因は相手の話を聞かないこと【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

うわさ話は、私たちを社会のよい一員にする

「悪いうわさ」を聞くと、自己肯定感があがる

うわさは、その集団にとってよくない人を罰したいときに生まれる

複雑すぎる人間関係を把握するのにはうわさが最適

うわさは、集団が学習するための効率的なしくみ

SNSは、早く大量にうわさを見られる

うわさを聞けるあなたには、すでに信頼がある

「他者」に耳を傾けることは私たちが同じ人間であると実感すること

個人主義は、安心感を失わせる

お互いの話を聞かないと、達成できることが減る

人生の大切なときに「耳を傾けなかった」ことを後悔するかもしれない

聞き逃したと気づいたときには、たいてい手遅れ

もっとも多いネグレクトは、相手の話を聞かないこと

【LISTEN 目次】chapter17 だれの話を「聴く」かは自分で決められる【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

心からの笑いとつくり笑いの違い

話は、お互いの協力で成り立つもの

話すときは、相手に「期待して」いる

いちばんイライラするのは、期待どおりの会話をしない人

誰もが、同じ関心や理解力を持っているわけではない

「最高の会話」では、どちらが話していても、ふたりが互いに熱心に耳を傾けている

なぜあの人は、婚活でも自分の話だけしてしまうのか

相手に「自分についてこう感じてほしい」と説得するのは意味がない

聞く時間が長いと疲れる

優れた聞き手は、自分の限界を知り、無理をしない

その人の話を聴くと苦しくなる人は有害な人

「聴く」過程が、人を親密にさせる

聞いたことの記録をつけると、自分ががどういう人間かもわかってくる

相手の言葉をじっくり考えることは自分の心にその人を招き入れること

現代人は、聞かれることに罪悪感を覚える

打ち明け話をしてしまうと、人は動揺する

話を聞ける間柄でいたいなら勝手の人の話を暴露しない

しかし、「聴く」ことは自分の狭い視野を広くする

「聞かない」なら、相手を傷つけると知った上で選択する

あなたが話を聴けない人は、どんな人だろうか

【LISTEN 目次】chapter18 「聴くこと」は学ぶこと【ケイト・マーフィ・要点・もくじ】

満員の教会の告解室

一度弱みを見せることを経験した人は、相手を尊重できる

努力すれば、「聴くこと」は上手になる

話を聴かないことは、変わりゆく世界に踏み出さず、自分に閉じこもること

だれかの話を聴くのは尊敬の証

優れた聴き手は、愚かな人を見わける

LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる / ケイト・マーフィの内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる / ケイト・マーフィ【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

★自分の視野を超えた知識が持て、一生の友人をつくり、
孤独ではなくなる、ただひとつの方法★
・つまらないギャグを言う人は、大抵人の話を聞いていない
・友情を深めるいちばんの方法は、「いつもの会話」
・みんな「自分には先入観がない」と思いがち
・つじつまが合わない会話をそのままにしておくとだまされる
・なぜあの人は「空気が読めない」のか
・「自分とは違う」グループに、人は「恐怖」を抱いている
・「アドバイス」をしだす人は、きちんと相手の話を聞いていない
・「だれかの悪いうわさ」を聞くと、自己肯定感があがる

本当に優秀な人は聞く能力が異様に高い
「自分の話をしっかり聞いてもらえた」体験を思い出してみてください。それはいつでしたか? 聞いてくれた人は誰だったでしょうか? 意外に少ないのではないかと思います。
他人の話は、「面倒で退屈なもの」です。どうでもいい話をする人や、たくさんしゃべる人などいますよね。考えただけでも面倒です。その点、スマホで見られるSNSや情報は、どれだけ時間をかけるか自分で決められるし、面白くないものや嫌なものは、無視や削除ができます。しかし、それがどれほど大事でしょうか。
話を聞くということは、自分では考えつかない新しい知識を連れてきます。また、他人の考え方や見方を、丸ごと定着させもします。話をじっくり聞ける人間はもちろん信頼され、友情や愛情など、特別な関係を育みます。「自分の話をしっかり聞いてくれた」ら、自分の中でも思いもよらなかった考えが出てくるかもしれません。どんな会話も、我慢という技術は必要です。しかし、それを知っておくだけで、人生は驚くほど実り豊かになります。:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

目次紹介ページ認知症世界の歩き方

【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!
筧裕介 さんの「認知症世界の歩き方」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【認知症世界の歩き方 目次】PART 1 認知症世界の歩き方 「認知症のある人が生きている世界」がわかる13のストーリー【筧裕介・要点・もくじ】

巻頭付象 認知症世界地図/知症による心身機能障害44
はじめに

記憶のトラブル

STORY 1
乗るとだんだん記憶をなくす
ミステリーバス
自分のしたことを忘れてしまうのは、なぜ?

STORY 2
視界も記憶も同時にかき消す深い霧
ホワイトアウト渓谷
同じものを何度も買ってきてしまうのは、なぜ?

STORY 3
誰もがタイムスリップしてしまう住宅街
アルキタイヒルズ
あてもなく街を歩き回ってしまうのは、なぜ?

STORY 4
メニュー名も料理のジャンルもない名店
創作ダイニングやばゐ亭
言葉の意味がわからなくなるのは、なぜ?

五感のトラブル

STORY 5
イケメンも美女も、見た目が関係ない社会
顔無し族の村
人の顔がわからなくなるのは、なぜ?

STORY 6
目の前に突如現れる落とし穴、水溜り、深い谷
サッカク砂漠
歩くのが怖くなってしまうのは、なぜ?

STORY 7
熱湯、ヌルッ、冷水、ビリリ。入浴するたび変わるお湯
七変化温泉
大好きだったお風呂を嫌がるのは、なぜ?

STORY 8
人面樹、無人の森から聞こえる歌声、動き出す枝
パレイドリアの森
急に驚いたり不思議な行動をとるのは、なぜ?

時間・空間のトラブル

STORY 9
時計の針が一定のリズムでは刻まれない
トキシラズ宮殿
コンロの火を消し忘れてしまうのは、なぜ?

STORY 10
一本道なのになかなか出口にたどり着かない
服ノ袖トンネル
同じ服ばかり着たがるのは、なぜ?

STORY 11
距離も方角もわからなくなる
二次元銀座商店街
地図があっても迷子になるのは、なぜ?

注意・手続きのトラブル

STORY 12
ヒソヒソ話が全部聞こえて疲れてしまう
カクテルバーDANBO
人の話を集中して聞けないのは、なぜ?

STORY 13
記憶、計算、注意、空間⋯·⋯支払いに潜む数々の罠
カイケイの壁
レジですごく時間がかかるのは、なぜ?

【認知症世界の歩き方 目次】PART 2 認知症とともに生きるための知恵を学ぶ 旅のガイド【筧裕介・要点・もくじ】

DEPART 新しい旅へ踏み出す

1-1 認知症を当事者の視点で正しく理解する
1-2 今の自分の心身の状態を知る
1-3 認知症の症状は、1人ひとり違うことを知る
1-4 専門職に相談する
1-5 だれかに打ち明ける

TEAM UP 旅の仲間をつくる

2-1 頼れる仲間をつくる
2-2 当事者とつながる

ARRANGE 旅の支度をととのえる

3-1 「できる」「できない」を知る・伝える
3-2 家の中と外に自分の居場所をつくる
3-3 五感にやさしい生活空間をつくる
3-4 混乱を生むモノ・コトを生活空間から取り除く
3-5 サインや目印を工夫する
3-6 スマートフォンを使って生活を楽にする
3-7 旅の資金計画を練る
3-8 毎日の生活リズムを整える・守る

ENJOY 旅路を楽しむ

4-1 今の自分ができることを前向きに楽しむ
4-2 生きがいや役割を見つけて、挑戦してみる

RESET ひと休みする

5-1 無理しない、がんばらない
5-2 しんどい気持ちを閉じ込めない
5-3 ちょっとだけ「特別なこと」をしてみる
5-4 社会的障壁に直面したときは、だれかに話してみる
5-5 感謝の気持ちを言菜にする

PASS ON 思いを伝える

6-1 自分の経験と思いを発信する
6-2 社会を変える活動に参加する

【認知症世界の歩き方 目次】認知症世界の歩き方ができるまで【筧裕介・要点・もくじ】

おわりに

認知症世界の歩き方ができるまで

認知症世界の歩き方ポータルサイト

付録 生活シーン別困りごと索引

認知症世界の歩き方 / 筧裕介の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】認知症世界の歩き方 / 筧裕介【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

・異例の売れ行き! 13刷13万部突破!
・南日本新聞2/27〈みなみの本棚〉で紹介
・朝日新聞1/15〈売れてる本〉で紹介
・日経新聞1/8〈ベストセラーの裏側〉で紹介
・北海道新聞1/12で紹介
・福井新聞11/16で紹介
・朝日新聞デジタル10/26で紹介
・神戸新聞NEXT10/13で紹介

なかなか理解してもらえずに困っていた「認知症のある方が実際に見ている世界」が
スケッチと旅行記の形式で、すごーくわかる!

まるで「ご本人の頭の中を覗いているような感覚」で、認知症のことを楽しみながら学べる一冊です。

ーーー

ここは、認知症世界。
認知症とともに生きる世界では、だれもがいろいろなハプニングを体験することになります。

・乗るとだんだん記憶をなくす「ミステリーバス」
→自分のしたことを忘れてしまうのは、なぜ?

・だれもがタイムスリップしてしまう住宅街「アルキタイヒルズ」
→あてもなく街を歩き回ってしまうのは、なぜ?

・イケメンも美女も、見た目が関係ない社会「顔無し族の村」
→人の顔がわからなくなるのは、なぜ?

・熱湯、ヌルッ、冷水、ビリリ。入浴するたび変わるお湯「七変化温泉」
→大好きだったお風呂を嫌がるのは、なぜ?

・時計の針が一定のリズムでは刻まれない「トキシラズ宮殿」
→コンロの火を消し忘れてしまうのは、なぜ?

・一本道なのになかなか出口にたどり着かない「服ノ袖トンネル」
→同じ服ばかり着たがるのは、なぜ?

・ヒソヒソ話が全部聞こえて疲れてしまう「カクテルバーDANBO」
人の話を集中して聞けないのは、なぜ? etc...

あなたは認知症世界を旅する旅人。
この物語に登場するのは、架空の主人公でも、知らないだれかでもなく、
「少し先の未来のあなた」や「あなたの大切な家族」です。

認知症世界の旅、はじまり、はじまり。:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!
尾原和啓 さんの「プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【プロセスエコノミー 目次】第1章 なぜプロセスに価値が出るのか【尾原和啓・要点・もくじ】

乾けない世代の誕生

乾けない世代が重要視する「幸せの3要素」

「役に立つ」より「意味がある」

グローバル・ハイクオリティかローカル・ロークオリティか

所属欲求を満たすための消費活動

不安な時代のアイデンティティとしてのブランド

「信者ビジネス」の正体

世界の若者の「日本のオタク化」

フィリップ・コトラーの「マーケティング4・0」

6Dですべてのアウトプットが無料に近づく

2050年に電気代はタダになる?

物体そのものがなくなる未来

シンギュラリティ大学の「エクスポネンシャル思考」

【プロセスエコノミー 目次】第2章 人がプロセスに共感するメカニズム【尾原和啓・要点・もくじ】

オバマ大統領を誕生させた「Self Us Now」理論

ノーベル経済学賞学者の「システム1」「システム2」理論

デービッド・アーカーの「シグネチャーストーリー」

「人のために」という欲望

ハイネケンの最高すぎるCM

【プロセスエコノミー 目次】第3章 プロセスエコノミーをいかに実装するか【尾原和啓・要点・もくじ】

「正解主義」から「修正主義」へ

「幸せの青い鳥」はどこにいる?

「オーケストラ型」から「ジャズ型」へ

情報をフルオープンにして旗を立てる

クリエイターを応援してくれるセカンドクリエイター

アウトサイド・インかインサイド・アウトか

【プロセスエコノミー 目次】第4章 プロセスエコノミーの実践方法【尾原和啓・要点・もくじ】

1億総発信者時代の「Why」の価値

伝統文化の「心技体」

スティーブ・ジョブズ亡きあとのAppleの課題

最強のブランド「宗教」に学ぶ

サイモン・シネックのTEDプレゼンテーション

楽天で人気店になるための3つの法則

「しくじり」が共感を呼ぶ

「シンパシー」「コンパッション」という2種類の応援

ジャングルクルーズ型かバーベキュー型か

【プロセスエコノミー 目次】第5章 プロセスエコノミー実例集【尾原和啓・要点・もくじ】

BTSが世界市場で突き抜けた理由

ジャニーズ事務所の緻密なファン戦略

中国シャオミの「みんなで作り上げるスマホ」

メルカリでは野菜を売れ

「北欧、暮らしの道具店」が成功した理由

ゲーム配信と Clubhouseがヒットした理由

予測不能なプロセスこそ一番の果実

創業9年で10億ドル企業になった「Zappos」

広告宣伝費がゼロになる時代

Y Combinatorのオフィスアワーが生んだAirbnbとStripe

【プロセスエコノミー 目次】第6章 プロセスエコノミーの弊害【尾原和啓・要点・もくじ】

自分を大事にして常に「Why」に立ち返る

プロセスエコノミーは調整のレバーを間違えてはいけない

大切なのは他人ではなく自分のモノサシ

フィルター・バブルの危うさ

SNSがもたらすプロセスの肥大化

「主体」を「観客」にするな

「現実を視よ」

「Will」「Can」「Must」の順番を間違えない

【プロセスエコノミー 目次】第7章 プロセスエコノミーは私たちをどう変えるか【尾原和啓・要点・もくじ】

世界的ベストセラーを生んだプロセスエコノミー的な生き方

人生をEX化する

夢中の3条件

Googleの20%とマインドフルネス

2割の働きアリはなぜ砂糖を見つけられるのか

うろうろアリが生み出した Netflix

「ジグソーパズル型」から「レゴ型」へのパラダイムシフト

プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる / 尾原和啓【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

完成品ではなく「制作過程」を売る!
〝良いモノ〟だけでは稼げない時代の新常識

インターネットによって完成品はすぐコピーできるようになった。だから完成品で差別化するのは難しい。
そんな時代にはプロセスにこそ価値が出る。なぜならその人だけのこだわりや哲学が反映されたプロセスは誰にもコピーできないからだ。
完成品ではなく制作過程そのものを売る。
プロセスエコノミーはこれからを生きる全ての人の武器になる。

めちゃくちゃ面白い。価値の源泉が「アウトプット」から「プロセス」に移行する。全ビジネスパーソンにとって必読です!
山口周

プロセスエコノミーは"道"を極める日本人にとって大チャンス!
けんすう(古川健介)

プロダクトはプロセスのメディアになる
一橋大学教授楠木建:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる / ジム・コリンズ【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる / ジム・コリンズ【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

ジム・コリンズ さんの「ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】序章 なぜ今、本書を出版するのか【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

序章 なぜ今、本書を出版するのか

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第1章 ビルと私の物語【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

すばらしいメンターの「人生の教え」

与えたい気持ちにフタをするな

後戻りできないジャンプのタイミングを見きわめる

信頼という賭けに出る

人間関係を育み、人生を有意義にする

価値観から始まり、常に価値観に立ち戻る

ワッフルにはバターをのせる

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第2章 最高の人材がいなければ最高のビジョンに意味はない【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

一番重要な指標を追跡する

「育成」から「交代」に転換するタイミング

社員に成長してほしければ、まず自分が成長する

「幸運な出会い」を活かす

自分のキャリアではなく部隊に集中し、部下を大切にせよ

採用の逆回転で成長マシンをつくる

金銭的インセンティブが必要なのは採用が間違っているから

頼り合う文化をつくる

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第3章 リーダーシップ・スタイル【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

乗数効果

さまざまなスタイル

効果的なリーダーシップ 機能+スタイル

そもそも「リーダーシップ」とは何か

リーダーシップ・スタイルの7つの要素

あなたの大義は何か

優れた意思決定、正しい時間軸

エンパワーメントと無関心を混同しない

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第4章 ビジョン【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

偉大な企業にビジョンは不可欠

4つの偉大な事例

ビジョンのメリット

ビジョンのフレームワーク

ビジョンの構成要素1 コアバリューと理念

ビジョンの構成要素2 パーパス

利益よりもパーパス

ビジョンの構成要素3 ミッション

どこもかしこも「BHAG」

「やり遂げたぞ」シンドロームに注意

新社屋のリスク

すべての要素をまとめる

生き生きと魅力的に描写する

すべてをまとめる

明確さと共有

ビジョンはカリスマ的ビジョナリーだけのものではない

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第5章 幸運は諦めない者に訪れる【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

第5章 幸運は諦めない者に訪れる

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第6章 偉大な企業をつくるための「地図」【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

第1段階 規律ある人材

第2段階 規律ある思考

第3段階 規律ある行動

第4段階 永続する組織をつくる

地図をたどった先にあるもの

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第7章 戦略【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

戦略とは

戦略の要諦

戦略的判断を下す

多くの中小企業が直面する4つの重要な戦略的問題

価格をコントロールできないなら、コストをコントロールする

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第8章 イノベーション【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

イノベーティブな企業になるために必要な要素1
どこで生まれたアイデアでも受け入れ る力

イノベーティブな企業になるために必要な要素2
自分が顧客になる

イノベーティブな企業になるために必要な要素3
実験と失敗

イノベーティブな企業になるために必要な要素4
社員がクリエイティブになる

イノベーティブな企業になるために必要な要素5
自律性と分権化

イノベーティブな企業になるために必要な要素6
報酬

製品だけでなくプロセスも

クリエイティビティを刺激するためのマネジメントルール8カ条

クリエイティブ・プロセスを信じる

本当の課題はクリエイティビティではない

【ビジョナリー・カンパニーZERO 目次】第9章 卓越した戦術の遂行【ジム・コリンズ・要点・もくじ】

締め切りを設定し、枠組みの下で自由を認める

ビジョンと戦略から戦術へ

SMaCマインドセット

社員が一貫してハイレベルで戦術を遂行する環境を生み出す

心に寄りそう

戦術的BHAG

6段階のプロセス

テクノロジーと情報システム

厳格な基準

「OPUR」の精神

成功の究極の「秘訣」

「ビヨンド・アントレプレナーシップ」の謝辞

本書の謝辞

「ビヨンド・アントレプレナーシップ」序文の再掲にあたって

原注

ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる / ジム・コリンズの内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる / ジム・コリンズ【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

世界1000万部超ベストセラーシリーズ『ビジョナリー・カンパニー』の原点で最新刊!
本書『ビジョナリー・カンパニーZERO』は、『ビジョナリー・カンパニー』シリーズが発行される前の1992年にジム・コリンズが記し、日本語訳されずにいた名著『Beyond Entrepreneurship』の改訂版。まさに、ビジョナリー・カンパニーの原点だ。

◆ネットフリックスCEOなど大絶賛の声が続々!

「本書は誰よりもどの本よりも、私のリーダシップを一変させてくれた。10年以上この本を読み返した。起業家なら、86ページ分を暗記せよ」
――リード・ヘイスティングスNETFLIX共同創業者兼CEO

「自分の白いキャンバスにゼロから絵を描き人生を切り開こうとする人に、パーパス、ミッション、ビジョンなどのコンパスや道標を授け、「幸運は諦めない者に訪れる」ことを再認識させてくれる名著だ」
――田中仁 ジンズホールデイングス代表取締役CEO

「『ビジョナリー・カンパニー』シリーズの集大成であると同時に、原点でもある本で、シリーズ全体を体系的に学ぶことができる。すべての起業家、経営者、組織のリーダーにお薦めします。人生で何度も読み返したい素晴らしい本」
――小林清剛 起業家

◆スタートアップや中小企業が「偉大な企業」になるために必要なことを解説

偉大で永続的な企業になるために必要ことを1冊に凝縮してまとめた。誰と一緒に仕事をするか、リーダーシップ・スタイル、戦略、戦術をどうつくるか、パーパスやミッションなどをどう決めて実行するか重要になる。「偉大な企業」とそうでない企業との違い、規模が小さいうちから考えておくべきことなど、時代を超えて重要な内容が理解できる。

◆ジム・コリンズとビル・ラジアーの教えの例

・偉大な企業という目的地があるわけではない。ひたすら成長と改善を積み重ねていく、長く困難で苦しい道のりだ。高みに上り詰めると、新たな課題、リスク、冒険、さらに高い基準を探す。

・企業が追跡すべきもっとも重要な指標は、売上高や利益、資本収益率やキャッシュフローではない。バスの重要な座席のうち、そこにふさわしい人材で埋まっている割合だ。適切な人材を確保できるかにすべてがかかっている。

・起業家の成功は基本的に「何をするか」ではなく「何者であるか」によって決まる。

・真のリーダーシップとは、従わない自由があるにもかかわらず、人が付いてくることだ。

・重要ポストにいる人物を交代させると決めたら、「厳格であれ、非情になるな」と自らに言い聞かせてほしい。勇気と人情味を併せもつことが必要だ。

・失敗についてどう考えるべきか。成功というコインの裏面は失敗ではなく、成長だという考えに至った。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】稲盛和夫一日一言 / 稲盛和夫【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

目次紹介ページ稲盛和夫一日一言

【全目次】稲盛和夫一日一言 / 稲盛和夫【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

稲盛 和夫 さんの「稲盛和夫一日一言」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【稲盛和夫一日一言 目次】1月 人生方程式【稲盛和夫・要点・もくじ】

1月1日 人生方程式① 熱意と能力
1月2日 人生方程式② 考え方
1月3日 経営者の要件
1月4日 反省と努力
1月5日 真 心
1月6日 心の手入れ
1月7日「徳」に基づく経営
1月8日 チャレンジ精神を持つ
1月9日 思いは必ず実現する
1月10日 強烈な願望を持つ
1月11日 成功するまで諦めない
1月12日 経営はトップの器で決まる
1月13日 一歩一歩前に進む
1月14日 着実に歩む
1月15日 狂であれ
1月16日 自燃性の人
1月17日 人を動かすもの
1月18日 素直な目
1月19日 神の啓示
1月20日 仕事を愛する
1月21日 仕事を好きになる
1月22日 悩みなき成長はない
1月23日 苦労は成功の土台
1月24日 反省と利他の心
1月25日 美しき人間の本性
1月26日 人生というドラマ
1月27日「ど真剣」な人生
1月28日 宇宙の意志
1月29日 心に描く
1月30日 足るを知る
1月31日 幸福の鍵

【稲盛和夫一日一言 目次】2月 動機善なりや、私心なかりしか【稲盛和夫・要点・もくじ】

2月1日 動機善なりや、私心なかりしか①
2月2日 動機善なりや、私心なかりしか②
2月3日 従業員のために
2月4日 自然の摂理
2月5日 精 進
2月6日 修 行
2月7日 打ち込む
2月8日 天 職
2月9日 仕事の中に喜びを感じる
2月10日 成功と失敗は紙一重
2月11日 素直な心①
2月12日 素直な心②
2月13日 もっといいやり方はないか①
2月14日 もっといいやり方はないか②
2月15日 もうダメだというときが仕事の始まり
2月16日 愚直さを喜ぶ
2月17日 創造者の責務
2月18日 誰にも負けない努力
2月19日 インスピレーションの源①
2月20日 インスピレーションの源②
2月21日 両極端を併せ持つ
2月22日 本物になる人
2月23日 ベストではなくパーフェクト
2月24日 志に拠って立つ
2月25日 商いの極意
2月26日 利益を誇りに思う
2月28日 額に汗して得た利益
2月29日 土俵の真ん中で相撲をとる

【稲盛和夫一日一言 目次】3月 六つの精進【稲盛和夫・要点・もくじ】

3月1日 六つの精進①
3月2日 六つの精進②
3月3日 六つの精進③
3月4日 六つの精進④
3月5日 リーダーの自信
3月6日 経営者の勇気
3月7日 心をベースにした経営
3月8日 心は心を呼ぶ
3月9日 大善は非情に似たり①
3月10日 大善は非情に似たり②
3月11日 なぜ長期計画を立てないか
3月12日 楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
3月13日 才子の落とし穴
3月14日 雄弁家
3月15日 「プラス方向」の考え方
3月16日 チャンスをつかむ人
3月17日 未来進行形で考える
3月18日 能力を伸ばす方法
3月19日 高い目標が大きな成功をもたらす
3月20日 高い目標を掲げ達成する
3月21日 可能性を信じることから生まれるもの
3月22日 寝ても覚めても思い続ける
3月23日 状況妄動型の人間
3月24日 創造的な仕事とは
3月25日 潜在意識を活かす
3月26日 製品の語りかける声に耳を傾ける
3月27日 実体験が財産となる
3月28日 一つを究める
3月29日 能力は向上する
3月30日 夢は人生の飛躍台
3月31日 人生は素晴らしい

【稲盛和夫一日一言 目次】5月 人間として正しいこと【稲盛和夫・要点・もくじ】

5月3日人間として正しいこと
5月9日リーダーの資質
5月29日 万病に効く薬

【稲盛和夫一日一言 目次】6月 いい仕事をする条件【稲盛和夫・要点・もくじ】

6月5日いい仕事をする条件
6月27日 成功を持続させる秘訣

【稲盛和夫一日一言 目次】7月 尺取り虫【稲盛和夫・要点・もくじ】

7月9日尺取り虫

【稲盛和夫一日一言 目次】8月 サービスに限界はない【稲盛和夫・要点・もくじ】

8月28日 サービスに限界はない

【稲盛和夫一日一言 目次】10月 良い上司とは【稲盛和夫・要点・もくじ】

10月4日 良い上司とは
10月9日 成長する企業
10月18日 社長の五条件
10月29日 )成功と失敗の分水嶺

【稲盛和夫一日一言 目次】11月 強く一筋に思う【稲盛和夫・要点・もくじ】

11月12日強く一筋に思う
11月15日短所も将来役に立つ

【稲盛和夫一日一言 目次】12月 災難の考え方【稲盛和夫・要点・もくじ】

12月14日 災難の考え方

稲盛和夫一日一言 / 稲盛 和夫の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】稲盛和夫一日一言 / 稲盛和夫【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】稲盛和夫一日一言 / 稲盛和夫【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】稲盛和夫一日一言 / 稲盛和夫【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

まえがき(著者)

「魂から発せられた言葉は、
表現が少々稚拙であっても、
聞く人の魂に語りかけ、感動を与える。
全身全霊を乗せた言葉には
ある種の『霊力』があるからである。
つまり言霊である。

一所懸命、なんとか相手にわかってほしいという
思いを込めて、文字通り心の底から出た言葉は、
やはり、単なる話のための言葉よりも
訴える力が強いのは確かだ。

聞き手の感動を呼び起こすのも
それゆえにほかならない」

―――『PHP』誌(1986年9月号)に、
私はこのように記している。

実際に、全身全霊を込め、
あたかも魂をほとばしらせるがごとく話すことを、
私は常としてきた。

若い頃から、目標を立て追求していくにあたり、
将来の姿、具体的な展開、
さらには社会的な意義までを考え尽くし、
それを幹部や部下が腹落ちするまで、
徹底して話すように努めてきたのである。

相手が納得するまで話しきると、
くたくたに疲れてしまう。

まるで話すことによって、
私のエネルギーが相手にすべて送り込まれ、
自分が抜け殻になってしまったかのようであった。

このことを、私は
「エネルギーを転移する」と呼んでいる。

本書は、私から読者諸兄への
エネルギー転移の書である。

私の「一言」が、読者の皆様の魂に届き、
その人生や経営を、さらに豊かで
実り多いものにすることに役立つなら、
著者として望外の幸せである。

令和3年9月吉日 稲盛和夫

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』の
致知出版社が贈る、新たな生き方のバイブルとなる一冊:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】行動最適化大全 今日がもっと楽しくなる ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す / 樺沢紫苑【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】行動最適化大全 今日がもっと楽しくなる ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す / 樺沢紫苑【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

樺沢紫苑 さんの「今日がもっと楽しくなる行動最適化大全 ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【行動最適化大全 目次】第I部 イラストでわかる 最高の1日をつくる行動の最適化【樺沢紫苑・要点・もくじ】

1 1日のスタート「朝起き」を心地よくむかえる

2 健康的なよい習慣「朝型生活」に切り替える

3 スッキリと気持ちのいい「目覚め方」を学ぶ

4 あらかじめ決めた「朝のルーティン」をこなす

5 穏やかな「朝散歩」を日課にする

6 どんなに忙しいときでも「朝ごはん」は必ずとる

7 脳が元気な朝の「通勤・通学時間」をうまく使う

8 効率アップの「仕事のはじめ方」を実行する

9 午後からも頑張れる「昼休み」の使い方

10 ちょっとした「休憩のとり方」で効率が変わる

11 効率を上げるには「休むタイミング」が大切になる

12 眠気が出る「午後からの仕事」を最高な時間にする

13 モチベーションアップのため「会議・打ち合わせ」を改善する

14 パフォーマンスを上げる「おやつ」の食べ方

15 仕事の上で「音楽の力」を最大限生かす方法

16 成功している人は「遊び」の達人が多い

17 目的なくダラダラと「動画」を見てはダメ!

18 百害あって一利なしの「お酒」の飲み方

19 日々たまっていく「疲れ」をとる方法

20 よい睡眠は「寝る前の2時間」をどう過ごすかがカギ

21 楽しいことを考えて「眠り」につくことが大切

22 仕事のために「集中力」を高める

23 仕事や勉強の「やる気」を出す方法

24「つらい」ではなく「仕事を楽しめ」ば成果は上がる

25 誰でもできる「アイデア」の出し方

26 失敗しない「プレゼンテーション」のやり方

27 試験やプレゼンの敵「緊張」を味方につける

28 最高のツール「スマホ」を上手に使う

29 在宅ワークのための「自宅の仕事環境」を快適にする

30 もっとも効率のいい「学習方法」を身につける

31 覚えたものを忘れず「記憶」にとどめる方法

32 学習効率を上げる「インプット」のやり方

33 悩みの解決方法が書かれた「本」の活用方法

34 人生に役立つ「資格の勉強」を効率よくする

35 三日坊主にならない「続ける方法」をマスターする

36 ムリやりに「職場の人」と仲良くしなくてもよい

37 希望のある「温かい言葉」をたくさん使う

38 数多くの言葉で「伝える」よりも態度が大切

39 一緒にいるからこそ「パートナー」に感謝を伝えよう

40 パートナーとのよい関係がよい「自宅の仕事環境」につながる

41 つらいときこそ「感情」をコントロールする

42 孤独になる前に人との「つながり」を大切にする

43 毎日の運動が「健康」を支える

44 永遠の課題「ダイエット」を正しくやる

45 どんな人にもたまる「ストレス」の解消方法

46 ただ飲むだけではダメ「水分」のよいとり方

47 多くの人に愛されている「コーヒーの飲み方」の正解

48 成長するためには「まずやってみる」ことが一番大切

49 どんなときでも「幸せ」を感じることはできる

50 成長の仕組みがわかれば「人生」をよりよくできる

【行動最適化大全 目次】第Ⅱ部 最新科学・研究結果で説明する 最高の1日をつくる行動の最適化【樺沢紫苑・要点・もくじ】

第1章 「朝」の最適化

第2章 「昼」の最適化

第3章 「夜」の最適化

第4章 「仕事」の最適化

第5章 「学習」の最適化

第6章 「コミュニケーション」の最適化

第7章 「健康」の最適化

第8章 「人生」の最適化

今日がもっと楽しくなる行動最適化大全 ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す / 樺沢紫苑の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】行動最適化大全 今日がもっと楽しくなる ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す / 樺沢紫苑【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】行動最適化大全 今日がもっと楽しくなる ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す / 樺沢紫苑【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

一人のビジネスパーソンが、仕事においても健康においても最適な1日を過ごすために必要な行動を紹介。
それに加え最適な学習方法や最適な睡眠の取り方などビジネスマンに限らず子供や老人でも役に立つような情報も盛り込んでいます。
イラストだけでわかるパート1、最新学術理論を用いたパート2、この2部構成だからこそ、子供から大人まで老若男女が理解できる! :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

澤田智洋 さんの「マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【マイノリティデザイン 目次】はじめに【澤田智洋・要点・もくじ】

「いい仕事をしたい」という、だれしもの願いを叶えられない世の中はどうなのか

父親がキレイなCMをつくったところで、視覚障害のある息子は見れない

ライターがこの世界に生まれた理由。「社会的弱者」は発明の母だった

マイノリティに「広告的なやり方」で、光を当てられないか?

超アウェーの世界で、「弱さ」の反転を目撃した

マイノリティデザイン。それは「弱さを生かせる社会」を残す方法

苦手、できないこと、障害、コンブレックス⋯⋯、人はみな、なにかの弱者・マイノリティ

超・個人的な課題に、社会全体を巻き込めばいい

僕らが陥っていたのは、クリエイティブとは真逆の「納品思考」

資本主義(=強者)の伴走者のまま、才能を食い尽くされていいんだろうか?

弱さを受け入れ、社会に投じ、だれかの強さと組み合わせよう

担ぎ手が渋滞している神輿より、道に置かれっぱなしの神輿を担ごう

【マイノリティデザイン 目次】第1章 マイノリティデザインとは何か? 広告から福祉へ。「運命の課題」との出会い【澤田智洋・要点・もくじ】

最初は営業マン、お得意様の「お金の使い方」を決める仕事

生まれたときから僕は「部外者」だった

フランスの「蝶々」で言葉の、アメリカの「海軍募集CM」で広告の力を知った

「境界線上」に立つ、アウトサイダーにこそ価値がある

予算をかけた派手なCMよりも、アイデアのあるCMに惹かれた

クリエイティブ試験に合格。でも、花開かなかったコビーライターの才能

はじめて広告が掲載された日、僕は山手線に乗って1周した

映画「スーパーマン」のコビーが、渋谷駅ハチ公前の大看板になった

花形だったGMプランナーへ。そこは数千万人にリーチする世界⋯⋯でもペルソナって、本当に実在するんでしょうか?

まるで、はじけて消えるシャボン玉を無限につくる仕事をしているような

そろりと本流からズレ始めてみよう。「R25」連載マンガ

広告したい企業を、自分で選ぼう。ロイヤルホストの「黒×黒ハンバーグ」

世界の片隅で「好きなことをやれたらいっか」とせっかく思いはじめたのに

さとなおさんは書いた。「広告は、いったい何をしてきたんだろう?」

生まれて3か月目に、長男の目が見えないことがわかった

コビーライターなのに、広告コビーが書けなくなった

なんにもわからなくなったから、障害当事者200人に会いにいく

障害者と出会うことは、「Unlearn(アンラーン)」そのもの

できないことは、「克服するもの」ではなく「生かすもの」

「見えない。そんだけ。」業界の外に出るだけで、もらえたもの

銀河系軍団をコンサルするより、、弱いものを強くするほうがおもしろそうだ

広告を考えるときのように、人生のコンセブトを考えた

才能は「縦」に見ると、どん詰まり。「横」に見ると、無限の可能性がある

【マイノリティデザイン 目次】第2章 才能の使い道を、スライドさせよう。本業の外へ。マスではなく、ひとりのために。【澤田智洋・要点・もくじ】

ファストアイデアよりも、持続可能なアイデアを。

義足をファッションにした「切断ヴィーナスショー」

「制約」を「翼」に変えるのが、クリエイターの仕事だから

ふたつの仕事を通じて、マイノリティデザインが見えてきた

超高齢社会という課題を逆手にとった、J-POPならぬ「爺-POP」

才能をスライドさせた世界に、これまでの仲間を連れていった

人の弱みと強みを交換し合う、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」

「SMALL」の中に「ALL」はある。小さなアイデアは大きなうねりになっていく

「ひとり」を起点にファッションを開発する。ユナイテッドアローズと協働した「041」

「ターゲットのため」ではない、ものづくりをしてみよう

新しいインプットから始めると、新しいアウトプットが生まれる

だれかの弱さは、だれかの強さを引き出す

クリエイターの餓え、渇き。僕らはみんな、もっと「いいもの」をつくりたかった

マイノリティとマジョリティの世界に橋が架かった

より良い社会をつくる以前に、より良い自分の働き方を

【方向①】広告(本業)で得た力を、広告(本業)以外に生かす

【方向②】マス(だれか)ではなく、ひとり(あなた)のために

【方向③】使い捨てのファストアイデアではなく、持続可能なアイデアへ

自分の中にあるマイノリティのために働こう

【マイノリティデザイン 目次】第3章 運動音痴がつくった「ゆるスポーツ」「弱さ」から始まる楽しい逆襲【澤田智洋・要点・もくじ】

目の見えない息子と公園に行っても、太鼓を叩くことしかできなかった

スポーツって、なんでこんなに選択肢が少ないんだろう?

考えてみたら、僕が世界でいちばん苦手なものも「体育」だった

そもそも名前が良くないな。運動音痴は「スポーツ弱者」だ!

【仮説】「自分の強み」×「自分の弱み」でスポーツをつくれないか?

【研究】バブルサッカー⋯⋯あれをやれば、僕ら親子だってイケてる存在になれる

【発見】弱者でも楽しめるスポーツには、再現性のある「法則」があった

【事例①】運動音痴でも日本代表選手と戦える「ハンドソープボール」

ベストなハンドソーブを研究する日々は、クライアントに企画提案する日々に似ていた

ミスが怖くなくなるルールにしよう

「スポーツ弱者を、世界からなくす」世界ゆるスポーツ協会、誕生

【事例②】 歩けない人が強くなる「イモムシラグビー」

【事例③】 大手スポーツ用品メーカー、ミズノさえ巻き込んだ「ベビーバスケット」

「強い」「速い」「高い」以外の勝ち方の多様化を目指そう

アイデアを出すって、新しいスタートラインを引くこと

「磯野、野球やろうぜ!」くらいの感覚で、みんなにゆるっと呼びかけたい

コビーを書くだけで終わらずに、「遊び場」そのものをつくった

そもそもクリエイターのアイデアなんて、広告枠のオマケでしかなかったから

【事例④】 CMの代わりにスポーツをつくった。NECの「顔借競争」

企業口ゴが最後の3秒だけ出てくるCMが、うしろめたかった

【事例⑤】 BtoBからBtoCへ向かう接点として。テイ・エステックの「緩急走」

つくるべき広告はもはや、CMやポスターである必要はない

【事例⑥】 人はだれもがクリエイター。富山県氷見市の「ハンぎょボール」

【結論】 ゆるスポーツを広告換算してみると、数百億円分の露出になった

「市場を刈り取る」なんて、怖い言葉を使っていませんか?

「課題不足」って言われるけど、そもそも掘る場所が違うんじゃないですか?

マーケティングって「調査」じゃなくて、市場そのものを「つくる」こと

「流行ってるの?」「違います。流行りとかじゃないんです」

【マイノリティデザイン 目次】第4章 自分をクライアントにする方法 企画書を自分宛に書いてみよう【澤田智洋・要点・もくじ】

大切な人が思い浮かばないわたしは、どうすればいいんですか?

矢印を「外へ遠くへ」ではなく「内へ近くへ」

大事件に遭う代わりに「自分御中」の企画書を書いてみる

【分析①】 自分の感情を知る あなたの「マイ・ベスト・喜怒哀楽」は?

味わった怒りには、感情をミックスさせて立ち向かう

【分析②】 自分の役割を知る 「貢献ポートフォリオ」をつくろう

器用すぎる人ほど、「自分貢献」という項目も加えよう

【分析③】 自分の得意技を知る 仮にあなたがスーパーマンだったら

自分の会社で「当たり前の力」は、他業種で「感謝される力」

【分析④】 自分の苦手を知る 生まれ変わったときになくなっていてほしいものは?

【実践①】 人生のコンセプトをつくる 働く理由を「スタート地点」に置く

【実践②】 自分をディレクションする 人生に「立ち入り禁止ソーン」を設定する

兎にも角にも、「納品するだけで重労働問題」

厄介すぎる「仕事後のビールうますぎ問題」

なんのための代案か? 「採用されるのは、結局1案問題」

【仕上げ】 トンマナをつくる 働き方のキャラや雰囲気を考える

「ユーモア」は、張り詰めた空気にヒビを入れる

もっと自分が居心地のいい世界をつくるために働けばいい

【マイノリティデザイン 目次】第5章 マイノリティデザインのつくり方。 秒単位の「暇つぶし」ではなく、長生きする「生態系」を【澤田智洋・要点・もくじ】

持続可能なアイデアのつくり方をだれも教えてくれなかった

秒単位の「暇つぶし」ではなく、成長していく「生態系」そのものをつくる

つくって終わりではなく、つくって始まるクリエイティブ

生態系のつくりかたは「PPPPP」。

ビンチ、フィロソフィー、プラットフォーム、ビクチャー、プロトタイプ

気の合う仲間を集めたいときにも、「PPPPP」は力になってくれる

御社だけが抱えている課題って、なんだと思いますか?

みんなの心で、長生きする言葉を。「高知家」

キャッチコピーならぬ、「キャッチ概念」をつくろう

「一瞬」より「一生」を。「楽しい」より「うれしい」をつくろう

遊び心、怒り、疑い、エール、驚き。最終点検は「企画のあいうえお」

人ではなく、言葉にリーダーシップを持たせる

組織名やチーム名にすら、リーダーシップを持たせることができる

SNSで見る「#ハッシュタグ」も、リーダーシップのある言葉

自分がスターになるのではなく、社会にトーチを掲げよう

いい企画は、「現実」と「目指したい未来」の差分を明らかにする

【マイノリティデザイン 目次】おわりに【澤田智洋・要点・もくじ】

無駄だと思っていた時間は、10年後に効いてきた

「SDGs」の外へ。18番目の目標は、自分の中にある

新卒採用の面接で、「10年後も御社は残っていますか?」と聞いた

アウトサイダーであること。コンセブトをつくること。星座を見つけること

走馬灯という「人生最後のメディア」に入り込める仕事がしたい

あなたには、もうかならず生み出しているものがある

「宝物のような迷惑」を与えてくれて、ありがとう

マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう / 澤田智洋【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

・重版5刷突破。NHK「あさイチ」で紹介されました!
・Yahoo!ニュース<雑誌経済>ランキング1位
・メディア各紙で続々紹介、話題沸騰!

朝日新聞、東洋経済オンライン、NewsPicks、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンライン 、PHPオンライン衆知、現代ビジネス、BuzzFeed Japan、新R25、Business Insider Japan、サイボウズ式、agendanote、Queticほか。

日本テレビ「シューイチ」、NHK「おはよう日本」などにたびたび出演。本書の著書は、SDGsクリエイティブ総責任者ヤーコブ・トロールベック氏との対談をはじめ、各界が注目する「福祉の世界で活躍するコピーライター」澤田智洋。

こんな話があります。

「ライター」は、もともと片腕の人でも火を起こせるように発明されたものでした。「曲がるストロー」は、寝たきりの人が手を使わなくても自力で飲み物を飲めるよう作られたものです。それが今では障害者、健常者、関係なく広く利用されています。障害者にとって便利なものは、健常者にとっても便利だからです。

つまり、「すべての弱さは社会の伸びしろ」。
ひとりが抱える「弱さ」を、世界を良くする「力」に変えるアイデアのつくり方。それがマイノリティデザインです。

大手広告会社で名だたる企業のCMを手がけるコピーライターだった澤田氏は、自身の息子が目に障害を持って生まれてきたのを機に、「広告をつくらないコピーライター」となりました。そして、活躍の舞台を広告業界という「マス」の世界から、福祉業界という「マイノリティ」の世界にスライドさせ、「弱さ」を起点に社会課題を解決する仕掛け人となります。

その活動は多岐に渡ります。

・福祉器具である義足をファッションアイテムに捉え直した「切断ヴィーナスショー」
・視覚障害者の「足」と寝たきりの人の「目」を交換する「ボディシェアリングロボットNIN_NIN」
・過疎化地域への移住を劇的に促進させたPRプロジェクト「高知家」
・ユナイテッドアローズと立ち上げた、ひとりの悩みから新しい服をつくるレーベル「041」
・運動音痴でも日本代表選手に勝てる「ゆるスポーツ」etc……。

苦手、できないこと、障害、コンプレックス=人はみな、なにかの弱者・マイノリティ。テレビやウェブで話題になった数々の仕事、その全貌を書き下ろした、ビジネス書としては澤田氏初の書籍となります。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ ビジネス書グランプリ2022】

【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ】【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

太刀川英輔 さんの「進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【進化思考 目次】はじめに【太刀川英輔・要点・もくじ】

はじめに

【進化思考 目次】序 章 創造とは何か【太刀川英輔・要点・もくじ】

序 章 創造とは何か

【進化思考 目次】第1章 進化と思考の構造【太刀川英輔・要点・もくじ】

第1章 進化と思考の構造

【進化思考 目次】第2章 変異【太刀川英輔・要点・もくじ】

第2章 変異

1 変量――極端な量を想像してみよう

2 欠失――標準装備を減らしてみよう

3 融合――意外な物と組み合わせよう

4 逆転――真逆の状況を考えてみよう

5 分離――別々の要素に分けてみよう

6 交換――違う物に入れ替えてみよう

7 擬態――欲しい状況を真似てみよう

8 転移――新しい場所を探してみよう

9 増殖――常識よりも増やしてみよう

【進化思考 目次】第3章 適応【太刀川英輔・要点・もくじ】

第3章 適応

1 解剖――内側の構造と意味を知ろう

2 系統――過去の系譜を引き受けよう

3 生態――外部に繋がる関係を観よう

4 予測――未来予測を希望に繋げよう

【進化思考 目次】第4章 コンセプト【太刀川英輔・要点・もくじ】

第4章 コンセプト

【進化思考 目次】終 章 創造性の進化【太刀川英輔・要点・もくじ】

終 章 創造性の進化

おわりに

参考文献

著者注

図版一覧

進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔の内容説明

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

ビジネス書グランプリ2022 目次記事まとめ ランキングTOP10のもくじを全部紹介!【全目次】進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 / 太刀川英輔【要点・もくじ】  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

第30回「山本七平賞」受賞作

★進化思考──それは、生物の進化のように二つのプロセス(変異と適応)を繰り返すことで、本来だれの中にもある創造性を発揮する思考法。

私たちは道具の発明を通して、擬似的な「進化」を達成してきた。そこには必ず、私たちの本質的な願いが込められている。

小さいものを見たいから目を進化させるために顕微鏡を。
寒さをしのぎたいから皮膚を進化させるために服を。
速く移動したいから足を進化させるために乗り物を。
子孫に残したいから記憶力を進化させるために本を…。
40億年にわたり変異と適応を繰り返してきた生物や自然を学ぶことで、創造性の本質を見出し、体系化したのが『進化思考』である。

変異(HOW):偶発性を起点にした発想手法
適応(WHY):自然選択を起点にしたリサーチ手法

変異によって偶発的に無数のアイデアが生まれ、それらのアイデアが適応によって自律的に自然選択されていく。変異と適応を何度も往復することで、変化や淘汰に生き残るコンセプトが産まれる。その結果、本質的な願いを具現化するイノベーションを起こせるようになる。

この本は、「あなたが進化思考を実践しながら身につけられる」ことを目指している。そのため50個の進化ワークが登場する。「変異」の章では、たくさんのアイデアを出し、「適応」の章では、たくさんの情報や繋がりを理解し、「コンセプト」の章では、それらが美しく結合した時代を生き残るコンセプトに出会うことができるだろう。

濱口秀司(ビジネスデザイナー)
「進化パターンの百科事典。
結合の要素が分かれば、誰もが創造できる。
この本は、流し読みにはもったいない」

柳澤大輔(面白法人カヤックCEO)
「ここまでイノベーションを体系化した本はなかった。
こりゃ執筆に3年かかるな、脱帽」

2025大阪・関西万博、横浜DeNAベイスターズ、東京防災、クックパッド…
各分野で絶大に支持される「生物の進化に学ぶ創造性」、待望の書籍化!
・生物の進化、人類の創造を追体験できる、150点の写真・図版を収録。
・読みながら実践できる、50個の進化ワークを収録。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

【全目次】読者が選ぶビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP10のもくじを全部紹介!

ビジネス書グランプリ2022の目次記事をまとめました。
気になった記事がありましたら是非目次記事を見ていただければ嬉しく思います。

またこの記事がお役に立てば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1位 1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書
藤尾秀昭
全目次紹介記事
2位 超ファシリテーション力
平石直之
全目次紹介記事
3位 LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる
ケイト・マーフィ
全目次紹介記事
4位 認知症世界の歩き方
筧裕介
全目次紹介記事
5位 プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる
尾原和啓
全目次紹介記事
6位 ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる
ジム・コリンズ
全目次紹介記事
7位 稲盛和夫一日一言
稲盛和夫
全目次紹介記事
8位 今日がもっと楽しくなる行動最適化大全 ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す
樺沢紫苑
全目次紹介記事
9位 マイノリティデザイン 「弱さ」を生かせる社会をつくろう
澤田智洋
全目次紹介記事
10位 進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」
太刀川英輔
全目次紹介記事

※この記事はモクホン様の掲載許可・同意を得ての記事となります。

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
Amazon プライム無料体験に登録可能、かつ、過去にAmazon プライムに登録経験のないお客様

この記事が気に入ったら いいねしよう!
最新記事をお届けします。

更新情報用を受け取る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のり - norinori0107

ギタリストとして活動する中、1人でほぼ初海外で世界一周の旅に出る。帰国後演奏しながら株式会社を立ち上げ経営。役に立てることが嬉しいと思う性格。ブログのアクセスは月34万PV達成!(34万PV達成記事はこちら)、累計1030万PV達成。 ミルクティーとフルグラと甘い物と犬が好きです! ■ 詳しいプロフィール ■お問い合わせはコチラからどうぞ

-本・読書
-, ,

Copyright© のり部屋 , 2022 All Rights Reserved.