練習方法 考え(音楽) 音楽

ギター講師として富山に呼んで頂きました。個人指導とアンサンブル指導。

投稿日:2017年8月5日 更新日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

先日、富山県に行ってきました!

富山県民がオススメしてくれた最高の富山観光!

この記事は「観光」のみ書きましたが、本来の目的は

ギター講師!

そう、ギターを教えるために富山県にお邪魔しました。

スポンサーリンク

今回やったこと

今回富山に行きやったことは2つ。

  • ギターの個人指導
  • バンドアンサンブル

  •  です。

    ギターの個人指導

    ギターの個人指導でやったことは色々。
    ちょっとずつ紹介していきますね。

    キレのあるピッキングのための右手の使い方

    「キレのあるピッキングのための右手の使い方」をまずはガッツリやりました。

    コード弾き・カッティングの際にキレが必要です。

    演奏テクニックとしてキレがあったほうがカッコ良く聴こえる。

    さらに重要なのがこれにより

    ピッキングのニュアンスの幅を広げられる

    ということ。

    尖った音、スピーディな音などが武器として加えられる。
    さらに、キレのある音でも強弱をつければかなり音の幅が広がります。

    そのための練習とそれをこなすための方法をレッスン。

    手首の回転、手首の角度、ピックの進入角度、ピックの出口の角度・・・など。

    じっくりとやって修正していきます。

    正面からでは分からない部分もあるので色んな角度から見てもらいました。

    動画も撮ったり。
    キレのあるピッキングのための右手の使い方 ギター講師として富山に呼んで頂きました。

    これはある意味企業秘密なので、秘密が分かりづらい画像をチョイス(笑)

    同じ音やキレが出せない時は、何かが違うという事。

    僕も相手のフォームを見てダメなところは見抜きまくります。
    気付きと洞察力はかなり自信があるので。

    数時間だったけど、みるみる良くなっていくのは教えていて楽しい瞬間です。

    ちなみに僕はピックはMLピック ULTEM (ウルテム) Triangle 0.80mmを使用しています。直接マーケティング!

    左手のフィンガリングの強化

    左手のハンマリング&プリングの強化。
    左手の人~小指をしっかり使う練習。
    音をハッキリ出す練習。

    これらもじっくり。

    これは全て1つの練習で強化できます。

    この練習は僕が10代の頃にじっくりやった練習方法で、左手強化に役立ちました。
    超オススメ方法があるんです。

    これを1分間練習続けるだけで効果あり。
    ちゃんと続ければ1週間~1か月で効果が出まくる方法。

    リズム感を出す弾き方

    リズム感を出す弾き方もレッスン。

    バッキングでも単音でもソロでもこれは使えます。

    同じフレーズを弾いても、超リズミカルで思わず身体が動いてしまうという人がいますよね。

    これには理由があるんですよね。

    自分がアイリッシュ音楽をやっていること&それを掘り下げていって、さらに他の要素を組み込んで出来るようになった部分です。

    簡単なフレーズでもこれが出来るのと出来ないのでは自分の演奏、さらにバンドのアンサンブルが一気に変わります。

    「クリックに合わせればOK」という技術ではないです。
    文章だと難しいけど、聴いてもらうと全然違うため一瞬で違いが理解できます。

    これはすぐにはできないと思うけど、少しずつ練習して良くなってもらえればなと思っています。

    バンドアンサンブル

    この日はバンドの方も来てバンドの曲をギター2本用にアレンジ。

    フレーズアレンジ

    フレーズを少しアレンジ。

    さらにギター1本だけでもリズム面で問題ないようにレッスン。

    これも僕がアイリッシュをやっているので、ギター1本でノらせるのは得意。
    簡単なようで難しいんだけど、これができるとバンドのまとまり方も違ってくるのが大きい。

    ギター2本用にアレンジ

    最初から最後まで同じようなのが続いてしまうと曲の抑揚がなく飽きてしまいますよね。

    イントロ、Aメロ、Bメロなど少し変化をつけて盛り上げていくようアレンジ。

    バンドでもギター1本でも変化がないと退屈になりやすい。
    ちょっとしたスパイスで盛り上げていくのが大事なのです!

    今回は出来なかったけど、二回りめ(2番)のAメロ、Bメロなども最初とは違う感じのフレーズや表情付けが出来ればさらに良い曲に仕上がると思います。

    おわりに

    ギター講師として富山に呼んで頂きました。

    今回の富山でのギター講師としてのお仕事内容でした。

    とても楽しかったし、個人指導もどんどん上手くなるし、アレンジも良い方向に進んでいるしとても良い時間でした。

    僕の演奏の肝の部分は動画ではほぼ分からない・・・ようです。
    フィンガリングもピッキングも動画を見てくれた人の感想と、実際に見た人の感想はかなり違うんですよね。

    そして、音源に混ぜると僕がこだわってる部分はかなり分かりにくい。

    でも、あるとないとじゃ良さが全然違う

    これは実際に会って聞いてもらえればすぐにわかるし、この秘密を教えられると思います。

    また今までのたくさんのプロと深い話をして得た知識も教えることができます。
    作曲家との話はギタリストにとっては目から鱗の話ばかり。
    これを知っているのと知らないのでは「良いプレイヤーにはなれない」と感じました。

    上手いギタリストにはなれる人は多いけど、良いギタリスト・作曲家が頼みたいギタリストはそこまで多くない。 
    これはギタリストが求めているものと作曲家が求めているものが違うから。

    総合的にレベルアップしてもらいたいと思っています!

    必要であればお問い合わせからご連絡くださいませ!


     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

    ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ

    -練習方法, 考え(音楽), 音楽
    -, ,

    Copyright© のり部屋 , 2017 All Rights Reserved.