【Amazon】Prime プライムデーのセールで実際に売れた人気のオススメ商品を一気に紹介!

考え

投稿日:2018年5月17日 更新日:

「いいね」「RT」が少なくても気にしない方法。いいね・RTをしない心理。Twitter・Instagram・FacebookのSNSのいいねは意味がない!?

Pocket

「いいね」「RT」が少なくても気にしない方法。いいね・RTをしない心理。Twitter・Instagram・FacebookのSNSのいいねは意味がない!?

Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSの「いいね」や「RT」。

この「いいね」「RT」があるかないか、多いか少ないかを気にする人は少なくはありません。

僕も気にしていた時期がありました。

あれって結構気になりますよね。

僕の場合は「いいねよりもRTして欲しいし、それ以上にコメントをして話せればいいのにな」と思いはじめ考えるようになりました。

その結果、「いいね」「RT」が少なくても気にしない方法を見つけました。

気にしている方の気持ちが少しでも和らげば嬉しいです。

RT・いいねをしない人は25%いる

普段から「いいね」をしない人がいます。

とある調査によると「いい投稿だと思ったけど「いいね」をしない人」は全体の1/4、つまり25%ほどいるそうです。

そもそもイイネをしない人がいるので、フォロワーがいたとしても気にする必要はなさそうです!

投稿に気付いていない

投稿に気付いていない場合があります。

TwitterやInstagramなどは投稿した瞬間に見ていないと投稿はすぐに流れてしまいます。

「RT・いいねがない」のではなく、見ていないのでイイネを押せない 可能性もあります。

この場合しかたがないですよね。

無かったとしても「見ていないのかな」と思えば少しは気が楽になりますね!

いいねは既読の意味

RT・コメントをして欲しいのにいいねしかない。

そんな風に思っていた時があったのですが、いいねの意味が違うのではないかと考えるようになりました。

良かったらイイネ」ではなく、「読んだよ=既読」の意味でしている人が結構います。

これを知った瞬間にRTやいいねの数を気にしているのがバカみたくなりました。

イイネが良いではなく、ただの既読ですよ。

「読んだよ~」という特に意思のない行動を気にしているのなんてバカらしいですよね。

既読の数を気にするよりもコメントやRTを気にした方が良い気がします。

イイネ=既読の数は考えても意味がない。

そう考えるようになってから1つ楽になりました。

RTやコメントをする価値がない

いいねが既読の意味だとして、なんでRTやコメントをしてくれないんでしょう?

そう考えた時に浮かんだのが「RTやコメントをする価値がない」でした。

結構キツイ結果ですが考えてみると理解できるはずです。

どうしても伝えたい時や応援した時は行動に移す

RTやコメントをしたい時・・・それはせずにはいられなくなった時です。

例えばアイドルにリプをしているファンがいますよね。 返信があるかどうかはわからないけど「自分の想いを伝えたい」んです。 そして応援したいからRTもします。

知人に良いことがあったり、結婚をしたりしたら「おめでとう!」とコメントが増えますよね。
お祝いの気持ちを伝えたいからです。

「〇〇したい」という気持ちになれば自然とするものです。

RTやコメントがないのはその気持ちまでいっていないということで、「RTやコメントをする価値がない」ということ。

手軽な「いいね」で済ます

いいねはとても手軽な方法です。

コメントをしなくても「いいね」を押すだけでなんらかの意思は伝えることができます。とても簡単。

返信されてそれを返すのめんどいから「いいね」で済ますことができる。とても簡単。

RTはしないけど、「ちゃんと読んでるからね」という意思表示もできる。とても簡単。

面倒なことを全部「いいね」で済ますことができる。とても便利!

・・・

「いいね」はとても便利なんですよね。

でも、実はたいして絡みたくないから「いいね」で済ましているだけなんです。

そういう人を気にしているのもアホらしい

RTやコメントをする価値がない。
たいして絡みたくないから「いいね」で済ましているだけ

こういう風に考えているからRTもコメントもないのかも。

それだったら、そういう人達のことを考えるのもアホらしく感じてしまいますよね。

それだったらしてもらわなくてもいいかな。

この考えになってからRTやコメントの数もたいして気にならなくなりました。

もしまだRTやコメントが欲しい場合は今いる人ではなく新しい人を探した方が良さそうです。

RT・コメントしてもらえるよう頑張る

相手側の理由は色々とあるかと思います。

RTやコメント、イイネが少ない場合は自分の投稿がつまらないという理由も考えられます。

「相手が〇〇だから・・・」と考えると同時に、自分もRTなどしてもらえるよう面白い投稿をするなり楽しい投稿をするように頑張るのも大切です。

自分も変えていければ良いですね♪

「いいね」「RT」が少なくても気にしない

いいねは「RT・いいねをしない人は25%いる」「投稿に気付いていない」から少ないのかもしれません。

RTやコメント・リプが少ないのは「手軽な「いいね」で済ます」人が多いからかもしれません。

反応を気にしているのがなんか馬鹿らしい気がします。

SNSのRT・いいねで悩んでるのはちょっともったいないです。

相手の行動で悩むのではなく、悩まないように考え方を変えるのが一番良いと思います。 
考えた方が楽です。

悩んでいる人の気持ちが少しでも安らげば嬉しいです^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で nori_blog(更新情報用)を

-考え

Copyright© のり部屋 , 2018 All Rights Reserved.