▶ ランダム記事
Amazonタイムセール

役立ち

投稿日:

年金納付額を安くする方法、年金支給を増やす方法、クレジットカードで払う方法を紹介!全部やらないと損!【前払い・付加保険料・クレカ払い】

amazon-student-Prime Student無料体験に登録可能、かつ、過去にPrime Studentに登録経験のないお客様

年金納付額を安くする方法。年金支給を増やす方法、クレジットカードで払う方法を紹介!全部するのがオススメ!【前払い・付加保険料・クレカ払い】
みなさん年金納付しているかと思います。

現在令和4年度の納付額は月額16,590円です。
年間199,080円の支払い・納付となります。

年金納付金額が安くなったら…嬉しくないですか?

さらに65歳からの年金受給額が増えたら…嬉しくないですか?

先日、いくつかお得になる方法を知って全部やりました。

20~60歳の年金納付額が合計306480円 安くなります。
65歳以降の年金受給額が年額96000円 増えます。

この方法は日本年金機構が用意している方法で利用するのもとてつもなく簡単です。

「この方法をもっと早く知りたかった!最初に教えて欲しかった!」と思いました。

なので役に立てればと思いこの記事で紹介をします!

利用するのが早ければ早いほどお得になるので、是非お試しください^^

年金納付額を安くする方法。年金支給を増やす方法、クレジットカードで払う方法を紹介!全部するのがオススメ!【国民年金前納割引制度前払い・付加保険料・クレカ払い】

細かい説明の前に今回やった方法を一気に紹介します。

  • 国民年金前納割引制度(前納)を利用する
  • クレジットカードで年金を納付・支払いをする
  • 付加保険料を利用する
  •  
    の3つです。

    ここから1つ1つ詳しく・分かりやすく説明をしていきます。

    年金納付額を安くする方法は国民年金前納割引制度(前納)を利用する【支払うお金を減らす!】

    年金納付額を安くする方法の1つは「前払い制度(国民年金前納割引制度)」を利用します。

    ざっくり分かりやすく説明をすると

    「まとめて払ってくれたら安くしますよ~」

    というものです。

    国民年金前納割引制度(前納・前払い)

    日本年金機構での国民年金前納割引制度の説明はこちらです。

    現金払いで、1年度分を前納すると、年間3,530円、2年度分の前納なら、2年分で14,540円の割引となります。

    ※割引額は年率4%で複利計算した額です。年平均では、約1.8%の割引となります。

    前払い 年金納付額を安くする方法。年金支給を増やす方法、クレジットカードで払う方法を紹介!全部するのがオススメ!【前払い・付加保険料・クレカ払い】

    1年度分を前納すると、年間3,530円の割引
    2年度分の前納なら、2年分で14,540円(1年単位で7,270円)の割引

    になります。

    1年、2年以外にも任意の月分を選べます。

    僕は2年分をまとめて年金前払いをしました

    僕は2年分をまとめて支払いました。

    年金はどうせ払うことになるし、まとめて払えば安くなるならその制度を利用したほうがお得ですよね。

    2年分だとたくさん払うことになりますけど、約1か月分の年金納付分がなくなるのと一緒なのでかなりお得です。
    14,540円がもらえたとも考えるとお得感が強いですよね。

    20~60歳までの割引額

    年金納付は20歳から始まり60歳までの40年間納付します。

    2年分をまとめて支払った場合は14,540円割引・安くなります。

    20~60歳を毎回2年分まとめて払った時の割引き額を表にしてまとめてみました。

    2年で1回分として表記します。最大20回。

    1回 14540 円
    2回 29080 円
    3回 43620 円
    4回 58160 円
    5回 72700 円
    6回 87240 円
    7回 101780 円
    8回 116320 円
    9回 130860 円
    10回 145400 円
    11回 159940 円
    12回 174480 円
    13回 189020 円
    14回 203560 円
    15回 218100 円
    16回 232640 円
    17回 247180 円
    18回 261720 円
    19回 276260 円
    20回 290800 円

    20歳から毎回2年分をまとめて払っていれば最大で29万円も安くなります。

    29万円を自由に使って良くなるようなものなのでかなりお得です。

    ここでは2年分で計算しましたが、もしかしたら2年以上まとめて払えるかもしれないですね。

    まとめて払うのは年金納付額を安くする方法でとてもお得なのでオススメです!

    年金納付額を安くする方法はクレジットカードで年金を納付・支払いをする【支払うお金が実質減る!】

    年金納付はなんと、「クレジットカードで年金を納付・支払いをする」ことができます。

    クレジットカードで支払うメリットはいくつかあるんですが、一番大きいメリットは

    ポイントが貯まる

    ことです。

    ポイントが貯まるということは実質値引きでもありますよね。
    貯まったポイントで好きな物を購入することも可能です。

    ポイントの還元率は低めですが、実質安くなるのでクレジットカードでのお支払いをオススメします。

    クレジットカードで2年分をまとめ払い

    僕はメインのクレジットカードは楽天カードを使用しています。

    楽天で使えるし、楽天でポイントが貯まりやすくなります。またマクドナルドや他のお店でポイント払いも可能で気に入っています。

    先日、2年分まとめて支払った際にポイントが 784ポイントが付与されました。
    年金納付額を安くする方法はクレジットカードで年金を納付・支払いをする【支払うお金を減らす!】 年金納付額を安くする方法。年金支給を増やす方法、クレジットカードで払う方法を紹介!全部するのがオススメ!【前払い・付加保険料・クレカ払い】

    392030円の支払いで784ポイントなので、還元率は0.2%ほどですね。

    還元率は低いですが、現金で支払って0ポイントよりかはクレカを使うだけでポイントをもらえるだけお得ですよね。

    ※還元率に関してはクレジットカードによりけりだと思います。楽天カードでの場合は784ポイントでした。

    20~60歳までの還元ポイント

    年金納付は20歳から始まり60歳までの40年間納付します。

    2年分をまとめて支払った場合は784ポイントが還元されます。

    20~60歳を毎回2年分まとめて払った時の割引き額を表にしてまとめてみました。

    2年で1回分として表記します。最大20回。

    1回 784 ポイント
    2回 1568 ポイント
    3回 2352 ポイント
    4回 3136 ポイント
    5回 3920 ポイント
    6回 4704 ポイント
    7回 5488 ポイント
    8回 6272 ポイント
    9回 7056 ポイント
    10回 7840 ポイント
    11回 8624 ポイント
    12回 9408 ポイント
    13回 10192 ポイント
    14回 10976 ポイント
    15回 11760 ポイント
    16回 12544 ポイント
    17回 13328 ポイント
    18回 14112 ポイント
    19回 14896 ポイント
    20回 15680 ポイント

    ずっとクレジットカードで支払い続ければ15680ポイントが貯まることになります。

    1円としても使えることが多いので、実質15680円安くなったとも言えます。

    クレジットカードを持っているのならクレジットカードでのお支払いがお得なのでオススメです!

    年金受給額を増やす方法は付加保険料を利用する【もらう年金を増やす!】

    支払額を減らす方法を二つ紹介しましたが、次に紹介するのは「もらう年金を増やす方法」です。

    その方法は「付加保険料」という制度を利用します。

    付加保険料について

    付加保険料は簡単に説明すると

    「月額400円を上乗せして払ってくれたら、年金受給額も増やすよ~!」

    というものです。

    国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者は、定額保険料に付加保険料(月額400円)を上乗せして納めることで、受給する年金額を増やせます。
    年金受給額を増やす方法は付加保険料を利用する【もらう年金を増やす!】年金納付額を安くする方法。年金支給を増やす方法、クレジットカードで払う方法を紹介!全部するのがオススメ!【前払い・付加保険料・クレカ払い】

    20~60歳まで付加保険料を上乗せして払った場合は96,000円(年額)増えます。

    月換算だと8000円増えます。

    400円×12か月=4800円を支払うと、月額8000円増えます。

    4800円払うと8000円増える。

    月にもらえる年金が8000円増えるのスゴイですよね。

    これは是非ともやった方が良いです。

    年金事務所の窓口にて「国民年金前納割引制度」「クレジットカード払い」「付加保険料」全てをお願いしましょう

    「国民年金前納割引制度」「クレジットカード払い」「付加保険料」の3つのお得な制度がありますが、これを全て利用するためには年金事務所に出向かなければいけません。

    お近くの年金事務所にて窓口にて相談してください。

    僕は「3つお願いしたいことがあります。2年分の前払いと付加保険料上乗せをお願いします。それをクレジットカードで支払いたいです。」というようなのを伝えたような気がします。

    ワードを言えば担当の型が理解してくれるのでなんとなくでも問題ないはずです。

    伝えると説明と用紙を持ってきてくれるので記入すれば終わりです。

    窓口に行く際には身分証明書、クレジットカードを持って行きましょう。
    年金手帳や年金番号が分かるものも持って行ってください。

    年金納付額を安くする方法。年金支給を増やす方法、クレジットカードで払う方法を紹介!全部するのがオススメ!【前払い・付加保険料・クレカ払い】

    今回「年金納付額を安くする方法。年金支給を増やす方法」を紹介しました。

    年金は絶対支払うものですので、少しでも支払う金額を減らして、もらえる年金を増やせればお得ですよね。

    こういう制度は最初に教えてくれるわけでもないのでわからないですよね。

    この記事を見て知ることができたので、是非利用してもらえたらと思います!

    少しでもこの記事はお役に立てれば嬉しく思います。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    もう一つ、こんな記事もいかがですか?
    Amazon プライム無料体験に登録可能、かつ、過去にAmazon プライムに登録経験のないお客様

    この記事が気に入ったら いいねしよう!
    最新記事をお届けします。

    更新情報用を受け取る

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    のり - norinori0107

    ギタリストとして活動する中、1人でほぼ初海外で世界一周の旅に出る。帰国後演奏しながら株式会社を立ち上げ経営。役に立てることが嬉しいと思う性格。ブログのアクセスは月34万PV達成!(34万PV達成記事はこちら)、累計1030万PV達成。 ミルクティーとフルグラと甘い物と犬が好きです! ■ 詳しいプロフィール ■お問い合わせはコチラからどうぞ

    -役立ち
    -

    Copyright© のり部屋 , 2022 All Rights Reserved.