PC・ガジェット

ロジクール「MX ERGO」VS「M570」の比較。 MXTB1s MX ERGOが超便利!最強のトラックボールマウス。

投稿日:

Pocket

先日ロジクールより「MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO 」が発表されました。
Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応 筋緊張20%軽減 8ボタン 高速充電式 2年間無償保証

僕はこの前のモデル「ワイヤレストラックボール M570」を愛用しています。

とても気に入っていますが、「ここがこうなったらなぁ」と思うことがいくつもありました。

MX ERGOはそのほとんどを改良してきたトラックボールマウス。

この出来は最強だと思います。

持っているM570と比較したいと思います。

スポンサーリンク

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO の特徴

左が「MX ERGO」、右が「M570」

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO の特徴

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO の特徴

MX ERGOの大きな特徴は 4つ

  • 0°or 20°で最適な角度を選べる
  • プレシジョンモードでカーソルの速度と精度を変更し、最適なコントロールを実現
  • ティルト機能付きのプレシジョンスクロールホイール
  • 長続きする高速充電バッテリー

  •  です。

    この文字だけだと少し分かりづらいのでM570と比べつつ説明をしていきます。

    0°or 20°で最適な角度を選べるMX ERGO

    M570を使用していて気になっていたことがあります。

    トラックボールを親指で操作する場合の手の位置はこうなります。
    M570を使用していて気になっていたことがあります。

    手が一番楽な状態でトラックボールに手を添えた状態はこうなります。
    M570を使用していて気になっていたことがあります。

    この違いは分かりますか?

    一番楽な状態は少し立て気味になっていて、操作する時は手首を少し内側にひねってから操作しています。

    これが何を意味するのか?

    一番楽ではない状態で操作=手首に負担がかかっている

    ということです。

    ほんの少しの差や負担かもしれないけど、ずっとPC作業をしていると少しの負担はバカには出来ません。
    塵も積もれば山となるで、のちのち手首や肩甲骨、肩に響いてきます。

    MX ERGOの快適性

    MX ERGOはこの悩みを解消してくれる仕様になりました。

    公式ページにはこう書かれています。

    あなたの求めていたトラックボールがついに登場。独自の調節式ヒンジによって、0°or 20°で最適な角度を選ぶことができ、より自然な位置に手を配置して快適性を高めます

    この文章だと分かりづらいですが、画像を見れば一目瞭然。

    MX ERGOの快適性

    MX ERGOの快適性

    傾きを調整する事が出来るんです!!

    Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO の特徴

    この画像見た時に感動しました。

    「これこれ!欲しかったのこれ!!」

    と大きく頷いてしまいました。

    これだけで確実に負担が減ります。

    僕は一度PCのやり過ぎで肩甲骨や指を痛めた事があります。
    それから知り合いのプログラマなどに聞き、キーボードはキーが軽い「東プレ REALFORCE108UDK」、マウスは「Logicool Wireless Trackball M570」に変更しました。
    換えて以来、明らかに体の快適さ・疲れが違うので、毎日使うモノは負担がかからないものに限ると思っています。

    だから今回のこの仕様はとても素晴らしい変更点です。

    プレシジョンモードでカーソルの速度と精度を変更し、最適なコントロールを実現

    プレシジョンモードでカーソルの速度と精度を変更し、最適なコントロールを実現

    高度なトラッキングとプレシジョンモード ボタン
    ボタンを1回押して、カーソルの速度と精度を変更し、最適なコントロールを実現。

    この横のボタンが新たに付けられたボタン。
    細かい作業もやるので、カーソルを素早く動くのと遅く動く切り替えられるのは便利ですよね。

    よく考えてるなぁ。

    スポンサーリンク

    長続きする高速充電バッテリー

    個人的にかなり好印象なのが充電バッテリーの採用です。

    以前書いた記事「Amazon 充電式電池が安くて便利過ぎる!これで電池切れの心配は無し!」。

    ここでは「充電式の電池を買ったよ!愛用しているマウスにも使っているよ!」と書きました。
    EX ERGO 充電バッテリーの採用長続きする高速充電バッテリー

    PCを一日中操作していると電池が案外早くなくなります。
    そのため、Amazonの充電式電池を購入し、「これで電池の交換なんてしなくて済む^^残量も気にしなくて済む♪」と喜んでいました。

    でも、今回EX ERGOがやってくれました。

    500mAhのリチウムポリマー電池による充電式を採用
    EX ERGO 500mAhのリチウムポリマー電池による充電式を採用

    長続きする高速充電バッテリー
    フル充電後のバッテリー使用可能時間は最長4ヵ月です。1分の充電で1日中使用可能です。2

    これこれ! もっと前から採用してよ!!

    電池の問題は煩わしく感じていた人は多い気がします。

    500mAhのリチウムポリマー電池内蔵で、簡単に充電ができ、1分の充電で約8時間利用可能

    これ最高です。こういうマウスが欲しかった!
    これで単三電池とはおさらばだよ!
    Amazonの充電式電池は他ので使わせて頂きます!

    EX ERGOは大きく重い

    サイズと重さの比較です。

    サイズ(mm) 重さ(g)
    MX ERGO 132.5 × 51.4 × 99.8 164
    M570 145 x 45 x 95 139

    EX ERGOは全体的に大きく重くなっています。

    EX ERGOは全体的に大きく重くなっています。

    M570は139.8gなので結構重くなっていますよね。

    ・・・でもよく考えたらトラックボールマウスは動かす必要がないので重さはほとんど関係ないですね。

    重さを見て「重くなってる!?」と思った人はほぼ関係ないので気をつけて!

    おわりに

    MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGOの特徴解説をM570と比較して書いてみました。

    ハッキリ言ってこれは良過ぎます。

    トラックボールマウスは一見使いにくそうで僕も使うまでは「使いやすいのかな?これ慣れなかったらどうしよう。。」と思っていましたが、1日目で普通に使えてしかも使いやすいというものでした。すぐに慣れます。

    これはPC作業をずっとする人はもちろん、PCを使う人全員におススメしたいです。

    僕は確実に買います。

    こちらも是非

    身体の負担が気になる人はこちらの記事も是非!

    Loctek スタンディングデスク F3 Wが楽すぎる!腰の負担が減って痛みが全く無い不思議なデスク!

    ギタリストのための整体 -腰痛や背中痛にならないためにここに注意!-

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

    ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ

    -PC・ガジェット

    Copyright© のり部屋 , 2017 All Rights Reserved.