考え(音楽) 音楽

ギタリストとして成功するための3つの方法

投稿日:2017年7月12日 更新日:

Pocket

ギタリストとして成功するための3つの方法
どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

先日、先輩ミュージシャンの皆さんに誘って頂き飲み会に参加させて頂きました。

色々と興味深いをたくさん聞かせて頂きました。

その中でも「当り前だけどとても大切な事」を聞いて改めてこれが大事なんだなと思ったことがありました。

スポンサーリンク

大きな事故で演奏ができなくなる

お話した方は、大きな事故にあってしまったそうです。

その事故のせいで以前のプレイスタイルでは演奏が出来なくなってしまいました。

指も思うように動かない。

ミュージシャンとしては絶望的な状態。

しかし、そこから這い上がり今では世界の有名ギタリストが彼の名前を知っているほどになっています。

・・・

では、どうしてそこまで行けたのか。
何をしたのか、何を考えたのか。

その話をお聞きする事が出来たのでシェアしたいと思います。
色々と参考になるしモチベーションアップにも繋がるはずです!

スポンサーリンク

どの位置に行くかを明確にした

まず以前のプレイスタイルでは演奏できなくなってしまい試行錯誤をして「これしかない」という方法に辿り着いた。

次に何を考えたか。

1年後に〇〇の横にいる

ということを頭に思い描いたそうです。
〇〇は世界的なミュージシャンの名前です。

これは「どの位置に行くかを明確にした」ということ。

明確な目標を設定した。

これがまず一番大事なこと。

期限を設けた

さらに重要な事は

期限を設けたこと。

今回の場合「1年後」という時間。

この期限・締切日を設けるのは本当に大事なんですよね。

これがなければ死ぬまでやっていい。ただその気持ちだと100%達成される事はない。

ビジネス書などでは「時間・期限を設定する」は当然のように出てきます。
夢に日付を!」をという本はタイトルからしてそれを言っていますよね。
著者は和民の渡邉 美樹さん。
色々とあるけど、創業しここまで大きくした手腕と気合はすさまじいものがあると思っています。

そのために何をするか

明確な目標を作り
期限を設定し

そのあとどうしたか。

そのために何をするかを考えた

です。

具体的に何をしたかは細かくは聴いていないけど、会話でこういうことを言っていた。

12時間練習したら、そのぶんちゃんと返ってくるんですよ

この言葉だけで充分です。

1年後というのはハッキリ言って短いですよね。

その短い期間で世界のトップまで行くために「12時間練習」というのは当然とも言える行動だと思います。

もちろん「そんなの当り前だからその人凄くないぞ」と言いたいわけではないですよ。

1年間て時間になおすと、8760時間です。

それから過去に演奏して音楽の脳があるとはいえ、全く指を腕を動かせなくなってしまった。

ほぼゼロの状態からトップに登るには8760時間のうちどれくらい費やせばいいのか。
1日24時間のうちどれくらい費やせばいいのか。

1年という期間では「可能な限り」費やすしかないんですよね。

そして1日の半分の12時間という膨大な時間を費やし続け、1年後には本当にそこまで登り詰めてしまったわけです。

毎日大量の努力を積んでいたんですよね。

やめようと思わなかったんですか?

僕は途中で少し意地悪な質問をしました。

やめようと思わなかったんですか?

そんな大きな事故にあって、思うように演奏できない、今まで培った技術は水の泡。

その状況は本当にキツイはずです。

純粋に気になった部分もあります。

その答えは

いや、なかったですね。
一回も考えたことなかったです。
どうすれば演奏できるようになるかしか考えなかったです。

この言葉聞いてとても感動しました。

この発言の時の「目」の力強さも凄かった。

結局ここなんですよね。

意思の強さ」なんですよね。

音楽に限らずですけど、意思の強い人は上に行きやすいですよ。
全員ではないけど、意思の強さ無くしては上に行けないです。
上手くもならないです。絶対に。

「とにかくあそこに行くぞ!」という強い意思。

これがこの方を大きく前に進めさせた原動力だと思いました。

おわりに

成功なんてそんな簡単ではないですよね。
でも今回お話を聞いて、少しでも良くなるヒントが多く含まれていると感じました。

方法として大切なことは3つ

  • どの位置に行くかを明確にした
  • 期限を設けた
  • そのために何をするかを考えた

  •  そして一番大事なのが

  • 絶対にくじけない意志の強さ
  •  
    です。

    以前書いた「欲しい物を手に入れるには「 GRIT(グリット)」が必要!見返りを期待しない状態で黙々とやるのみ!!」という記事の中でこう書きました。

    プレゼントを期待しない状態で黙々とやってきた人だけがプレゼントを受け取れる


     
    さらに「「執念は才能に勝る」最後まであきらめずに、粘り強く、ひたむきに取り組み続ける人たちが成功をする。」という記事の内容がこの方に当てはまっていたので、「ここで言っていることは正しいんだな」と思いました。

    「執念は才能に勝る」
    根性の見返りは大きい。


     
    今回話を聞いて「自分もしっかりしなくては」と思いました。
    気合入りましたね~。

    この記事を読んでくれた人にも気合が入れば嬉しいです。
    少しでも良い方向に動きますように。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

    -考え(音楽), 音楽
    -

    Copyright© のり部屋 , 2017 All Rights Reserved.