考え(音楽) 音楽

ギタリストの「今の年齢の実力」を目指してはいけない理由。「〇〇歳までにその実力を身につけたい」ではダメ。

投稿日:2017年7月22日 更新日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

このブログを読む人はギタリスト達が多いと思います。

好きなギタリスト、尊敬ギタリストが誰かしらいるはずです。

その人は年上だと思うんだけど、こんな風に思ったことはないですか?

「〇〇歳までに同じ実力を身につけたい」

今の年齢を見て「その年齢までに同じように弾けるようになりたいな」っていう。

・・・

これね、絶対ダメね。

今回は自分も陥ってしまった考え方を書いてみたいと思います。

どれくらいの人がなるかは分からないけど、もし同じような考え方の人は直ちに考え方を改めないと危ないですよ。
あまり年齢どうのこうのというのは正直好きではないんですが、年齢を基準にしている人は絶対見ておいてください。

スポンサーリンク

〇〇歳までに同じ実力を身につけたい

「〇〇歳までに同じ実力を身につけたい」

これ結構思う人が多いんじゃないかなと思うんです。

例えを出して書いてみます。

イングヴェイ・マルムスティーンの場合

例えば、イングヴェイ・マルムスティーン
トライアル・バイ・ファイアー:ライヴ・イン・レニングラード’89 [DVD]

インギーは現在54歳ですね。
(思ったよりも年齢いってるなぁ・・・)

「インギーは今54歳か、54歳までにあんなに弾けるようになりたい!」

みたいな。

パット・メセニー(Pat Metheny)の場合

大天才のパット・メセニー(Pat Metheny)。めちゃめちゃ好きです。
パット・メセニー(Pat Metheny)

メセニーは現在62歳。

62歳までにあんな弾けるようになって、あの位置まで行きたいな!

ちょっとこれは年齢が上に行きすぎてたかな^^;

ガスリー・ゴーヴァン(Guthrie Govan)の場合

おそらく世界でトップのテクニカルさの実力を誇るガスリー・ゴーヴァン。
ガスリー・ゴーヴァン(Guthrie Govan)
ガスリー・ゴーヴァン(Guthrie Govan)は45歳。

ガスリーは45歳か・・・。
45歳までにあそこまで弾けるようになってやる!!

大村孝佳さんの場合

BABYMETALやソロでも大活躍中の大村孝佳さん。
ケルベロス

大村孝佳さんは現在33歳。

大村孝佳さんは33歳か・・・。
33歳までにあんなふうに弾けるようになりたい!

・・・

他にもたくさんの老若男女のアーティスト・ミュージシャンがいますよね。

でもね、そんな考えだとアカン!!!

なんでダメかを説明していきますね。

成功している人は若い時からスゴイ

彼らに限らず、成功している人は若い時からスゴイんですよね。

そして若い時に既に認められているんです。

今回挙げた人だけを書いてみます。

インギー 18歳

Yngwie Malmsteen 18 years old

18歳でこの技術。
現代とは違い、このスタイルは今までにいなくて革命を起こしたプレイです。

そして20歳でデモテープを聴いたシュラプネル・レコーズのマイク・ヴァーニーの誘いでロサンゼルスへ渡る。そこから世界で活躍して行きます。

パット・メセニー 18歳

ゲイリー・バートンはメセニーの実力を認め、彼の推薦で18歳でバークリー音楽大学の講師を務めた。
18歳で入学・・・ではなく講師だからね。 18歳であの名門大学の講師。 早熟の天才。

20歳、ゲイリー・バートンの『リング』でレコーディング・デビュー。

21歳にジャコ・パストリアスを迎えて発表した初リーダー作『ブライト・サイズ・ライフ』をECMで発表しソロ・キャリアをスタートさせた。
あの名盤が21歳!(笑)

ガスリー 22歳

ガスリーに関しては若いころの情報や演奏があまりない(と思う。)

2001年にエイジアの「オーラ(AURA)」にレコーディングで参加。ここが大きなターニングポイントとなる。(30歳)

衝撃作の「EROTIC CAKES」を発売したのが2006年の35歳。

これだけだと若いころからの活躍が分からない・・・。

と思っていましたが発見!

Guitar on the Edge」というコンピレーションアルバムに参加した時の音源。
曲はEROTIC CAKESにも収録されている「Waves」。

アルバムが1993年の物で、この時ガスリーの年齢は・・・ 23歳!!

23歳でこの完成度。作曲能力。

大村孝佳 21歳

大村さんはたしか2004年のYOUNG GUITARのDVDが初めて大きく取り上げられた気がします。
当時21歳。

また21歳で「NOWHERE TO GO」のCDを発売。

目指すべきなのは当時の年齢

目指す人の現在の年齢での実績やプレイはたしかにスゴイです。
ですが、だいたいは若い時からスゴイ人達ばかりです。

目標とする年齢と実力を間違うと成長度・成長曲線を大きく間違える事となります。

現在の年齢を目標にした場合

もし、現在の年齢を目標にした場合。
「〇〇歳までに同じ実力を求めた」場合のグラフはこうなります。

ギタリストの「今の年齢」を目指してはいけない理由。「〇〇歳までその実力を身につけたい」ではダメ。

青線が目指す人(インギーでもメセニーなど)、
赤線が自分。

縦軸が実力、横軸が年齢と見てください。

目指す人は何歳から始めたのか分からないので、0歳から始めたと仮定。
自分はだいたいは10~20歳の間で始めてると仮定。

最終的に到達するのが目指す人の年齢だと、この成長度で行けばその年齢で同じ場所に行けます。
目標の人より少し角度がキツイけど、比較的同じ角度でずっと続ければたどりつける。

・・・

そんなわけないんですよね!

若い時から活躍している

目標としている人達は「若い時から活躍している」んです。
若い状態で既に実力が飛びぬけているんですよね。

グラフはこうなります。
有名ギタリストは若い時から活躍している

自分は15歳でギターを始めたとして、インギーと比べてみるとこの図になります。
18歳であのレベル&世界のプロデューサーに認められる腕があった。

大雑把ではあるけど、途中で既に世界トップレベルの実力があったりします。
若い時の時点で凄まじい力があるんですよね。

そこから活動や練習を続けて今があります。
若い時ほど時間は取れないかもしれないし、そこから死に物狂いで練習してもその位置=成長の限界かもしれない。
ある地点からは伸びにくくなるかもしれない。

そういうのを考慮すると、「現在の年齢で同じ場所を目指す」のは一生たどり着けないのではないかなと考えています。

確実にその人を越えることは無理ですよね。
目指すべき点が同じなので。

そしてここから導き出したのがこの考えです。

スポンサーリンク

若い時を基準として考える

それは

「今・現在」ではなく「若い時を基準として考える

ということです。

そして、その地点を同じ年齢で目指すということ。

グラフにするとこうなります。
若い時を基準として考える

ありえない成長線の角度ですよね(笑)

自分が15歳でギターを始めて、インギーを例にすると、「3年後にインギーの当時の実力に追いつかなくてはならない」という状況になります。

その勢いで練習・成長していかないとインギーには追いつけないという事です。

だって、インギーは18歳で世界に認められちゃってますよ?
メセニーなんて18歳であのバークリーの講師やっちゃってますよ?

成功したいなら。「20歳までに、25歳までに・・・」そんなことを思っている余裕ないですよね。

最初のグラフと最後のグラフ、どちらの成長度の方が彼らに近づけるか?

おわりに 少しでも早く同じレベルに

今回はHR/HM系のギタリストばかりになってしまいましたが、他のジャンルの人でも同じことが言えます。
テクニックだけの話になったけど、同じ、あるいは近いレベルには出来るだけ早く行った方が良いのは確実です。
テクニックだけではなく音楽のレベルも上げていかないと同じにはならない。でもまずは目標とする人のテクニックには近づいておいて損はないです。

そして、目指す目標を間違えると何年やろうが辿り着けません。

目標とする人は「現在」だからスゴイのではなく、「若い時の時点で」スゴかった。

これさえ忘れなければ、練習のやり方・かける時間も変わりますよね。

仮にネットの人で尊敬する人が30歳で、「僕も30歳であんなふうに弾けたらな」と思うのではなく、「今あんなふうに弾きたいな!どうすれば弾けるようになるかな?」と考えた方が確実に伸びます。爆発的に成長できます。

先日書いた「ギタリストとして成功するための3つの方法」というのも参考にしてみてください。
今回のと完璧にリンクした内容です。

今回の記事が少しでもやる気が出る内容であれば嬉しいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

-考え(音楽), 音楽
-

Copyright© のり部屋 , 2017 All Rights Reserved.