つれづれ 考え

何気ない時間を共有するだけで親孝行なのかもしれないですね。

投稿日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

先日、両親と一緒に最寄り駅付近にあるラーメン屋さんに行ってきました。

スポンサーリンク

駅近くのラーメン屋さん

 何気ない時間を共有するだけで親孝行なのかもしれないですね。
僕は3回くらい行ったことのあるラーメン屋さん。

会話で「あそこっておいしいの?」と母から聞かれる事があった。

「あそこ結構おいしいよ」と答えていたんだけど、この言葉だけじゃわからないよね。

「これは実際に食べてもらった方が良いな」と思った。

それから両親を連れて行こうと思ってたけど、案外時間が合わず考えてから1か月近く経ってから行くことになりました。

行こうと思った理由

行こうと思った理由は3つある。

駅付近の飲食店はあまり行かない

「駅付近」の飲食店って、結構行かないもんなんですよね。
どこかに行って帰る時は、もうそのまま帰ってしまうし。
僕だったら「お腹減ってるしラーメンでも食べるかな~」と思うけど、親はそうそうはならない。(僕もだいたいは「もうすぐ家だし帰ろう」てなる)

ガッツリ離れた場所の方が一緒に行く理由もあるし行くきやすい。

最寄り駅付近は何かきっかけがないと案外行かないから、これは行く機会を作らないとダメだなぁと思った。

実際に味わってほしい

「味」ってやっぱり自分で食べてみないと分からないですよね。

「鰹のダシが利いてて~」とか聞くよりも「食べてみた」ほうが分かりやすい。

「あ、こういう味なんだ~」と分かってもらえた方が良いよね。
自分で感じた事は覚えやすいし^^

新しい発見をして欲しい

この要素が一番大きいです!

僕が世界一周の旅をして感じた事に基づく人生論みたいのがあって、

新しい事を経験した方が楽しい!

というのがあるんです。

新しい場所、新しい味、新しい人、新しい遊び・・・色々!

何かしら発見があるし、楽しいと思うんだよね。

ラーメンでも同じ。
食べた事のない味を知るのは楽しい。

目の前をいつも通り過ぎる度に「ここのラーメンはおいしいのかな?」と思うよりも、「ここのラーメン美味しかったな」と思えた方が楽しい。 
知らないことを知るのは楽しいと思っているんだよね。

僕の性格上、疑問を疑問のまま終わらせるのがあまり好きじゃないだけなんだろうけど(笑)

こんな感じで、一緒に行きたいなぁ~と思ったわけです^^

味はまぁまぁ気に入ってもらえたようです。

大盛りが無料だったので、みんな大盛りを頼んで、お腹いっぱいになり過ぎて「くるしぃ~」という状態でした(笑)

で、これをFacebookで書いたところ、面白い書き込みがありました。

スポンサーリンク

何気ない時間を共有するだけで親孝行

Facebookで書いたところ、このような書き込みが。

親孝行ですね。
何気ない時間を共有するだけで親孝行だと思うこの頃です。

親孝行!?

まさかの言葉でビックリ。

ちなみに意味を調べてみると

■ 親孝行
子が親をうやまい、親につくすこと。孝行。

まさかの親孝行!?

もちろん「親孝行」という意識はなかった。
ラーメン屋に一緒に行くのが親孝行なんて思わないもんね(笑)

でも、なんとなく分かる気がします。

何気ない時間を共有」って、大事だよね。

普通なんだけど、その普通が大事。

犬もできるだけに一緒にいるのが孝行

我が家には犬が4匹います。

親犬が15歳?だっけかな?
残りの3匹はその子供です。

犬で15歳って結構な歳なんですよね。

正直、いつまでいるか分からないです。

だからこそ、できるだけ一緒にいたいなと思っています。
一緒にいて、たくさん遊んで、横にいて落ち着いてもらったり、一緒に寝たり・・・。

そういう何気ない時間をできるだけ増やすことが、犬に対しては大事なのかなと思っています。

孝行のしたい時分に親はなし

今回の件は親孝行なんて全く考えてはいないけど、出来るだけ家族と過ごしたいとは思っています。
何かあった時には自分が支える感じで。

それがやりたいのもあって今の仕事を選んでいるというのもあります。

Facebookではなんとなく「両親とラーメン屋に~」と投稿したけど、思いがけず大事なことを再認識できた気がします。

何気ない時間を共有するだけで親孝行なのかもしれないですね。

孝行のしたい時分に親はなし

まだ両親は健在なので、出来るだけ親孝行をしていきたいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

No Trackbacks.

-つれづれ, 考え
-

Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.