つれづれ 機材 考え 音楽

ギタリストは指の筋肉を鍛えるな!? 筋肉を鍛えるアイテムは指を痛める原因に!

更新日:

Pocket

どもー♪ のり(@norinori0107@norinori_sub)です!

今日このアイテムを見つけました。

FINGERWEIGHTS ( フィンガーウェイツ ) / M05B 5 Set

なにこれー!!!(笑)

スポンサーリンク

FINGERWEIGHTS ( フィンガーウェイツ ) / M05B 5 Set

指にはめて弾くだけで指の力を効果的に鍛えられます!フリーサイズでどの指にもジャストフィット!着脱可能なウェイトにより、自分に合ったトレーニングを行なう事が可能です。

というものらしいです。

フィンガーウェイツ 指を鍛える

ウェイト(重り)を指にハメて演奏して、指の力を鍛えるというモノですね。

指の筋肉を鍛える必要はあるのか?

ふと気になったのが「指の筋肉を嫌える必要があるのか?」ということ。

指の筋肉自体はあった方が良いとは思う。
だけど、道具を使ってまですることなのかな?

腕とかも筋トレで鉄アレイを使うよね。
同じ原理なので、アリっちゃあり。

ただ、個人的な思いとしては「演奏していれば必要な筋肉は身に着く」と思っています。

ほとんどのギタリストはこういう器具は使っていないはず。
必ずしも必要はないということでもあるよね。

筋肉がないよりかはあった方が良いとは思っているけど、無駄な筋肉は必要ではないと思っています。
使って鍛えられた筋肉の量はその動作で必要な筋肉の量でありますよね。

また、ギターを弾くうえで指の筋肉はそこまで必要がないという持論がある。
脱力とか色々あるけど、最小限の力を使えればいいわけで、力を上手く使えれば良いということでもある。
必要なのは「筋肉量」ではなく、「力の使い方・伝達方法」だと思う。

伝わるかな??(笑)

しっかりした音を出す、しっかりと押さえられる力の使い方を覚えることができれば、そこまでムキムキの筋肉は必要ないんじゃないかなと。

あとは、弾いてれば勝手に筋肉は鍛えられるので、「筋肉が足らない」と思ったらそれは「弾き足りない」とも言えるのかなと。

長年弾いた人は筋肉がついている

でもね、長年弾いた人はしっかりと筋肉がついているんだよね。

昔フラメンコギターを習っていた時に、先生が僕の指の上から「こうやって弾くんだよ」と力を入れてくれたんだけど、あの時の力強さには驚いた思い出があります。
先生は50年以上はギターを弾いていたので、ベテランもベテランで、しかも「フラメンコ」というジャンルなので力強さは必須だったとは思う。(キレを出すために鋭さが必要なので)

あれを思い出すと筋肉の必要性は感じてしまうんですよね。
指の力もあるし、腕の力、そして使い方。
どれも大事ですよね。

なので僕は「FINGERWEIGHTS ( フィンガーウェイツ ) / M05B」というアイテムは完全には否定はしないです^^ 程々に使う分にはアリなのかなと思います。 程々にね。

僕も他のを使っていたことがあります

上記の「フィンガーウェイツ」は使ったことはないけど、他の器具は使ったことがあります。
やっぱり鍛えたくなっちゃうんですよね(笑)

Planet Waves PW-VG-01 Varigrip

Planet Waves by D'Addario プラネットウェーブス ハンドトレーナー 握力トレーニング PW-VG-01 Varigrip 【国内正規品】

これはニギニギして指を鍛えるものですね。
これはPlanet Waves からのものですけど、他のは色々な硬さがあった気がする。

個人的には筋肉をつけるのには良いとは思う・・・けど、ギターを弾くための筋肉とは違う気もします。
負荷をかけて鍛えるわけだけど、押し込む方法が楽器的ではないなと。
特に力がない状態の時は無理をして押し込もうとします。しかも何回も。
違う力の鍛え方になりやすいのでちょっと危険かなと思いました。

知り合いでやり過ぎて「後遺症でひねると痛くなる」という状態になってしまった人もいます。

負担のかからない回数、無理をしない負荷を徹底するならありだと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

ランキングへの投票よろしくお願いします! にほんブログ村 音楽ブログへ
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

-つれづれ, 機材, 考え, 音楽
-

Copyright© のり部屋 , 2017 AllRights Reserved.