Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Amazon Prime でアニメが見放題!

本・読書

【内容まとめ】できる人のお金の増やし方 / リチャード・テンプラー 【要約】 もう一つの新しい収入源を作り、お金を働かせる

投稿日:

Pocket

先日読み終えた本は「 できる人のお金の増やし方 / リチャード・テンプラー 」。

【内容まとめ】できる人のお金の増やし方 【要約】 もう一つの新しい収入源を作り、お金を働かせる

■50ヶ国以上で読まれている世界的ベストセラー
英語版170万部突破。日本語版30万部突破。
現在、世界50言語で翻訳されている“Rules"シリーズの最新刊。

「お金」に対しての意識を変えさせてくれる本です。自己啓発的要素もあるかな。

この本は当たり前のことも書かれているけど、色々と勉強になった本です。

5秒で分かるコンテンツ

「お金持ちにはなれない」という思いを捨てる

あなたが今日お金を手に入れられなかったら、それはお金に理由があるのではない。
理由は、あなたのほうにある。

お金持ち全員が「私はお金が欲しい」と考え、その想いを行動に移している。

お金に縁が無い人はみな「お金はいりません」「お金持ちになるなんて私には無理です」「私にはお金持ちになる才能などありません」などと考えている。

自分なりの「お金持ち」の定義を決める

あなたにとって「お金持ち」とはどんな状態のことだろう?

友人の一人は「利息でくらしているうちは、お金持ちではない」と言う。
「資産の利息の、そのまた利息で暮らせるようになればお金持ち」だ。

著者の「お金持ち」の定義は「お金の心配をする必要がなくなる」ことだ。

あなたの「お金持ち」の定義は何だろう?

メモ

「お金持ち」の定義を考えてみよう!

お金の目標を決める

お金持ちの定義=目的地がはっきりした。
具体的な目標」と「期限」を決める。

  • 「お金持ち」になったら何をしたいか?
  • いつ「お金持ち」になるか?
  • いつ、始めるか?
  • どういう手順で「お金持ち」になるか?

  •  例)「私は40歳の誕生日までに資産を1億円貯める。そのために不動産会社を起業し、その利益で目標を達成する」

    「お金が欲しい」と漠然に思っていただけで具体的に考えたことが無かった。

    自分の価値観と合う目標でなければならない。
    自分に嘘をつくと必ず失敗に繋がる。

    お金の目標は秘密にしておく

    「お金持ちになる」という旅に出た。
    旅の目的地は秘密にしておいたほうが良い。

  • ほとんどの他人の意見は、否定的でやる気をそぐ。
  • 周囲の人を”上から目線”で見ているように思われる。
  • マネされたら、あなたの取り分が少なるかもしれない。
  • うわさの的になっていいことはない。
  • 秘密は楽しい。

  •  かならず周囲の誰かが足を引っ張る。

    新たな目標を宣言するのは、ある意味で彼らに「さよなら」を告げることだから。

    お金持ちを目指すのは一人でやった方がいい。

    現実的に考えて行動する

    お金を増やしたいのなら、積極的に行動しなければならない。

    とにかく現実的になることが大切。
    建設的にじっくりと考えて、答えが出たら実行する。
    お金の問題から抜け出す方法はそれしかない。

    お金は知恵と労働の結果だと理解する

    収入とはご褒美ではなく、労働の直接の結果だ。

    普段からお金持ちが読む物を読むように習慣づけておかねばならない
    (フォーブスのサイトをブラウザのトップページにしたり)

    収入は、知恵がある人が実際に行動した結果なのだ。

    スポンサーリンク

    なんのためのお金が欲しいのかを見極める。

    あなたはなぜお金持ちになりたいのだろう?
    その答えから、あなたの心の奥底にあるお金に対する思い込みが見えてくる。

    お金で実現したいことがあるなら、お金以外の方法で実現できないかを考えておくべきだ。

    自分なりの目標を決め、決めたら紙に書いてしまっておこう。
    目標を紙に書くと、よりリアルに感じられる。
    いつか紙を見て、最初の目標と実際に辿り着いた場所を比べてみることもできる。

    お金がお金を生むことを理解する

    お金がある程度貯まると、そこからお金は加速度的に増えていく。

    「複利」が蓄財の基礎。

    複利とう概念を理解している人はお金持ちであり、理解していない人はそうではない。

  • 毎月、決めた額を必ず貯金に回す事。
  • 貯まったお金の"ごく一部だけ"を消費に回す事。
  • 貯まったお金の大部分を投資に回す事。
  • 周囲の人には秘密にすること。

  •  
    少しずつ投資をしていくのが良い。

    お金持ちの考え方を身につける。

    お金持ちになりたいなら、お金持ちの考え方を身につけなければならない。

    彼ら特有の言葉遣いを学び、彼らが食事をする場所や住む場所を知り、働き方と休みの過ごし方を知り、貯金と投資の仕方を知っておこう。

    お金を増やしたかったら勉強しなければならない。

    お金持ちと話したり、インタビューや伝記を読もう。貴重なヒントが得られるはずだ
    お金持ちに嫉妬するのは無意味だ。むしろ彼らから学ばなければならない。

    目先の楽しみより、将来のお金を選ぶ。

    お金持ちになるには、若くて貧乏な時代から、かなりの犠牲を払う覚悟が必要だ。
    自己管理を徹底し、目先の快楽に惑わされず、長い目で見た利益を第一に考える

    目的地への計画を立てる。

    計画があれば、どうやって目的地にたどり着くかが分かるのだ。

    ただ座っていても、お金が増えることはない、

    お金の“水漏れ”を止める

    税金、利息の支払い、無駄遣い・・・お金が漏れる原因は数限りなくある。

    まずは1週間、すべての支出を記録してみて、自分のお金の使い方を把握しよう。

    リスクへの態度を決める

  • すべての卵を1つのかごに入れない
  • 自分のストレス耐性を知っておく
  • 最悪のシナリオを想定する
  • 自分が持っている情報量を評価する
  •  
    リスクは悪い物ではない。
    リスクとは、ただ結果が分からないというだけのことなのだ。

    信用できない人とビジネスをしない

    なにかが間違っていると感じるなら、それは、おそらく本当に間違っている。

    直感的に相手が信用できないなら、その人物と取引をしてはいけない。

    スポンサーリンク

    できるだけ早く貯金の習慣を身に着ける

    生活の一部として、無理なく、意識しないで貯金する習慣を身につける。

    収入の半額を銀行口座に直行させる。

    その口座から払っていいのは税金だけだ。
    残り全ては貯金になる。
    それがある程度の額になったら、また別の長期用の口座に移している。
    その口座からは、個人年金の積立金を支払っている。

    金銭管理と貯金の習慣は、お金持ちになるために欠かせない。

    がむしゃらに働く

    お金持ちになりたいのなら、彼らと同じ事をしなければならない。

    がむしゃらに働く必要をなくすには、がむしゃらに働くことから始めなければならない。

    努力していることを他人に知られてはいけない。
    クールにふるまい、努力していないように見せるのが大切だ。

    お金持ちだけが知っている二つの秘密がある。

    今までの自分と比較にならないレベルで働く

    一つ目の秘密は今までの自分と比較にならないレベルで働くことだ。
    誰も見ていない、上司などいないと思って働く。
    この仕事に人生がかかっていると思って働く。

    その仕事を徹底的に楽しむ

    二つ目の秘密はその仕事を徹底的に楽しむ事だ。
    仕事を楽しめないのなら、一生懸命になる意味などない。

    ただ、がむしゃらに働けばお金持ちになれるわけではない。

    考え方を変える

    がむしゃらに掃除するより、清掃会社を立ち上げた方がいい。
    自分で会社を作り、クライアントを見つけ、いい人材を雇い、やる気を出して働いてもらう。

    そういう方向でがむしゃらに働けば、必ずお金持ちになれる。

    どんなに優れたビジネスアイデアがあっても、アイデアを実行に移さなければお金にはならない。
    美味しい思いをする前に、まず努力しなければならないという事だ。

    取引の技術を学ぶ

    あなたの持ち物の中で、他の人が欲しがりそうなものは何だろう。

    スキルや知識も、十分に取引材料になる。
    時間や労力でもいい。
    誰がそれを欲しがるだろう。
    そして、その見返りになにを要求できるだろう

    大金は給料ではなく取引で手に入る

    大金持ちを目指すなら、他人に雇われて受け取る給料ではなく、自分自身で取引する必要がある。

    スポンサーリンク

    お金のためではないように働く

    あなたにとって「お金がもらえなくてもやりたいこと」は何だろうか。

    もし今のあなたに、そこまでの情熱や決意が無かったとしても、真似ることはできる。
    彼らのように振る舞えば、彼らのようになれるのだ。

    お金なんて興味がないように働こう。

    そして、好きな事だけをする人生を実現させよう。

    収入より支出を少なくする

    1週間でいくら稼ぎ、この1時間でいくら稼ぐか。
    これらはきちんと知っていなければならない。

    スキルをお金にする方法を探す

    「笛吹きが演奏する曲は、お金を払った人が決める」
    イギリスの諺。

  • 演奏する曲に需要がある事
  • その曲を演奏する人が他にいない事
  • その曲を演奏するために、特別なスキルが必要であること
  •  
    需要があればいい。つまりお金を払いたいという人がいればいい。

  • あなたにはどんなスキルがある?あなたの才能は?長所は?
  • 誰がそのスキルを必要としている?
  • どうすればそのスキルを有効に活用できる?
  • 必要としている人に、あなたの存在をどう伝える?
  • メモ

    自分のスキルを販売する「ココナラ」を見てみるのをお勧めします。

    生きるための仕事に没頭しない

    あなたは、生きるために働いている?
    今の仕事ではお金持ちになれないと思っている?

    最悪のシナリオは、仕事に満足できないし給料も少ないのに、仕事に時間と労力を取られて、もっと稼いで幸せになる戦略を考えられない状況。

    10年後、あなたがずっとその状だったことに気付いたら、どんな気分だろう。
    今のあなたがそうなら、すぐに行動を起こさなければならない。

    積み立て

    毎月1万円を年利5% 20~65歳。 65歳時に2千万になる。

    SBI証券口座で100円から積立が可能。

    投資から二つの成果を得る

    投資は

    1. 収入を増やす
    2. 資産価値を上げる

     定期的な収入が得られる
    資産の価値が上昇する

    この二つの成果を得られるような投資が望ましい。

    収入から定額を投資に回す

    本物のお金持ちは、予想外の収入を手にすると、それを元手にさらにお金を増やそうとする。

    それ程でもない人は、ここぞとばかりに浪費するから、ずっとそのままだ。

    お金を使わずに、しかるべき場所に置いて「お金を働かせる」ようにすれば、しだいに元手は大きく育ち、さらにお金を生むようになる。

    贅沢な旅行に出かける前に、手持ちのお金を減らさず、元手を賢く育てなければならない。

    今より上のライフスタイルを目指すのなら、毎月の給料から決まった額を貯金して、投資の元手を作ること。

    それなりの額を賢く運用すれば、今度はお金がお金を生んでくれる。
    理想の形は何らかの資産に投資して、その資産が収入をもたらしてくれること。

    セールスのスキルを身につける

    お金を増やせるセールス

  • 自分自身(能力・スキル・発想)を売る
  • 他人が作ったものを別の他人に売る
  • 生産コストが低いものを高く売る
  • 99%の家庭で必要な物を広く売る
  • 他の誰かに売ってもらう。自分が寝ている間でも何かを売る。
  • 貯蔵や運搬が簡単な物を遠くの国で売る。
  • 好き嫌いでお金の決断をしない

    ただ儲かるかどうかだけを基準に考える事

    コストを差し引いて、一番大きな利益になるのはどれか・・・判断基準はそれだけ。

    投資で確実に儲ける人は、心ではなく頭で買っている

    お金のための時間を決める

    お金と人生の幸せを両立している人は、次の四つの原則に従っていた。

    1. 目標を決めたらすぐに始める。
    2. 一度決めたら目標を変えない
    3. お金の計画に当てる時間を決めている
    4. その時間以外は、お金のことは忘れて人生を楽しむ

    もう一つの新しい収入源を作る

    お金を増やす最高の戦略は、そもそもの収入を増やす事。

    自分の収入について見直し、収入源を増やす方法を考えてみよう。

    例)大道芸人
    自分が稼げる場所に行くのではなく、もう一人の自分を作る。
    二つの場所で同時に芸を披露する。
    防止の数が多くなれば、入ってくる小銭の額は多くなる。

    ・収入源を増やす。

    資産を投資に回して「お金に仕事をさせる」・・・株や配当
    自分のスキルや専門や知識を他の仕事でも活用する。

    今の仕事と違う分野で、自分のスキルを活かす方法を考えるといい。

    「分散」

    複数の収入源を持ち、分散投資をしていれば、不測の事態が起こっても、すべてを失うことはない。

    読むだけでなく行動する

    大抵の人は、知っていることと、実際にやっていることの間に大きな開きがある。
    読むだけではどうにもならない。

    いいアイデアだと思ったら実行しなければならない。

    新しい習慣を身につけるには、誰でもかなりの努力が必要になる。

    ゆっくり時間をかける

    お金を増やすのは、じっくり時間をかけた方がいい

    長期戦で取り組んで、バラエティに富む収入源と投資先を手に入れれば、一回のトラブルではびくともしなくなる。

    お金を働かせる

    あなたが働くと同時にお金にも働いてもらわなければならない。

  • 利息の高い貯蓄口座にお金を移す
  • よりよい金利を探す
  • 手数料の安い所を選ぶ
  • 不動産は空室を避ける
  • 投資目的でも、実用性を考慮する
  • すべての選択肢を吟味する
  • すぐに始める
  • 【目次】できる人のお金の増やし方

    + 目次を表示する場合はクリックして下さい

    1章 お金持ちの心の持ち方手に入れる19のルール

    ルール1 「私はお金持ちにはなれない」という思いを捨てる
    ルール2 自分なりの「お金持ち」の定義を決める
    ルール3 お金の目標を決める
    ルール4 お金の目標は秘密にしておく
    ルール5 必要な努力をすると決意する
    ルール6 現実的に考えて行動する
    ルール7 お金に対する偏見を捨てる
    ルール8 お金は知恵と労働の結果だと理解する
    ルール9 何のためのお金が欲しいのかを見極める
    ルール10 お金がお金を生むことを理解する
    ルール11 手取り金額を計算する
    ルール12 お金を見ない。問題の本質を見る
    ルール13 お金持ちになることと、いい人であることを両立する
    ルール14 お金と良心を取引しない
    ルール15 お金と幸せの関係を理解する
    ルール16 価値と値段の違いに目を向ける
    ルール17 お金持ちの考え方を身につける
    ルール18 お金持ちに嫉妬しない。彼らから学ぶ
    ルール19 目先の楽しみより、将来のお金を選ぶ

    2草 お金持4(の道を進む50のルール

    ルール20 今の経済状況を正確に把握する
    ルール21 目的地への計画を立てる
    ルール22 お金の"水漏れ"を止める
    ルール23 保険を見直す
    ルール24 お金持ちに見える人になる
    ルール25 成功する可能性に賭けて行動する
    ルール27 リスクを取るなら代替案を吟味する
    ルール28 信用できない人とビジネスをしない
    ルール29 年齢を理由にあきらめない
    ルール30 できるだけ早く貯金の習慣を身につける
    ルール31 必要なお金はライフステージによって変わることを理解する
    ルール32 がむしゃらに働く
    ルール33 取引の技術を学ぶ
    ルール34 交渉術を身につける
    ルール35 禁欲的な節約をしない
    ルール36 大金は給料ではなく取引で手に入る
    ルール37 会社を辞めずにお金を曽やす方去を考える
    ルール38 先延ばしで時間をむだにしない
    ルール39 お金のためではないように働く
    ルール40 収入より支出を少なくする
    ルール41 お金を借りてはいけない
    ルール42 借金を一つにまとめる
    ルール43 スキルをお金にする方法を探す
    ルール44 借金の返済に最優先に取り組む
    ルール45 生きるための仕事に没頭しない
    ルール46「まずは貯金からという考えを疑う
    ルール47 住宅は借金してでも買っていい
    ルール48 投資から二つの成果を得る
    ルール49 収入から定額を投資に回す
    ルール50 長期的に不動産が株を上回ることはない
    ルール51 セールスのスキルを身につける
    ルール52 他人の目から見たイメージをコントロールする
    ルール53 社会の現実を受け入れる
    ルール54 株式投資の練習をする
    ルール55 短期間でお金を増やそうと思わない
    ルール56 理解できる企業の株式だけを買う
    ルール57 好き嫌いでお金の決断をしない
    ルール58 手数料無料のインデックスファンドを検討する.
    ルール59 お金のアドバイスにお金を払う
    ルール60 一度決めた投資戦略をすぐに変えない
    ルール61 長期の視点で考える
    ルール62 お金のための時間を決める
    ルール63 細部に目を光らせる
    ルーレ65 「もしsなら」と考える
    ルール66 衝動買いは1週間待つことにする
    ルール67 持ちかけられた儲け話に注意する
    ルール68 お金を増やす秘密の方法はないと心得る
    ルール69 読むだけでなく行動する

    3章 お金を大きく育てる17のルール

    ルール70 定期的に「お金の健康診断をする
    ルール71 お金のメンターを見つける
    ルール72 直感を正しく使う
    ルール73 成功にあぐらをかかない
    ルール74 自分にできないことは人に任せる
    ルール75 自分の長所と短所を見極める
    ルール76 隠れたチャンスを探す
    ルール77 ゆっくり時間をかける
    ルール78 うまい話は疑ってかかる
    ルール79 お金を働かせる
    ルール80 投資のやめどきを見極める
    ルール81 自分の投資スタイルを知る
    ルール82 バランスシートの読み方を学ぶ
    ルール83 税務署の一歩先を行く
    ルール84 自分の資産をすべて把握する
    ルール85 今の給料が自分の価値だとは思わない
    ルール86 他人と同じ道を行かない

    4章 お金を守り人生を楽しむ9のルール

    ルール87 品質重視の買い物をする
    ルール88 同意する前に小さな文字をすべて読む
    ルール89 手に入る前に使ってはいけない
    ルール90 老後の資金計画を立てる
    ルール91 緊急事態のためのお金を用意しておく
    ルール92 払う必要のないお金を払わない
    ルール93 友人と家族からは絶対に借金しない
    ルール94 会社の権利を手放さない
    ルール95 お金を増やすことをやめる基準を決めておく

    5章 お金を正しく分け合う11のルール

    ルール96 賢いお金の使い方を見つめ直す
    ルール97 友人や家族にお金を貸すなら返済を期待しない
    ルール98 事業資金を貸すなら、持ち分を要求する
    ルール99 生きているうちにお金の始末をつけておく
    ルール100 正しい「ノー」の言い方を学ぶ
    ルール101 負い目を感じさせずに、お金を渡せるようになる
    ルール102 子どもにお金の不自由を経験させる
    ルール103 自分なりの規準を決めて寄付をする
    ルール104 自分のお金は自分で使う
    ルール105 アドバイスは自己責任で取り入れる
    ルール106 豊かさを見せびらかさない

    6章 他人のお金に振り回されない10のルール

    ルール107 お金のあるなしで人を決めつけない
    ルール108 お金持ちをねたまない
    ルール109 相手が求めたときだけアドバイスをする
    ルール110 親のお金は親のものだと納得する
    ルール111 遺産についての親の判断を受け入れる
    ルール112 自分の選択を受け入れてくれた親に感謝する
    ルール113 お金よりも家族の縁を大切にする
    ルール114 子どもは親に対して何の義務もない
    ルール115 お金の話題を家族のタブーにしない
    ルール116 もらったお金は完全にあなたのものだ

    おわりに

     できる人のお金の増やし方 / リチャード・テンプラー 」で気になった部分をまとめてみました。

    気になる部分がとても多かった本です。
    おかげで付箋もたくさん。
    【内容まとめ】できる人のお金の増やし方 【要約】 もう一つの新しい収入源を作り、お金を働かせる

    【内容まとめ】できる人のお金の増やし方 【要約】 もう一つの新しい収入源を作り、お金を働かせる

    これでもだいぶ厳選したんですよ
    ここには書かなかった部分も大事な部分がたくさんありました。

    なので他の部分も含めて是非とも全文読んでほしいです。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Twitter で nori_blog(更新情報用)を

    -本・読書

    Copyright© のり部屋 , 2018 All Rights Reserved.