つれづれ 考え

嘘をつく人が嫌いな理由。自己保身の嘘は最悪だよ。

投稿日:2017年11月12日 更新日:

Pocket

嘘をつく人が嫌いな理由。自己保身の嘘は最悪だよ。

昨日呟いた「嘘」についてのツイート。

誰かの事とかではないしなんとなく呟いたことないんです。
で、改めて「嘘」について考えてみました。

嘘ね。嘘。

いや~、嘘ってめっちゃ嫌いなんですよね。

普段「嫌い」っていうのはあまり口にしたくない人間なんだけど、嘘だけはハッキリと嫌いと言える。

ここまで嫌いになったのには、18歳の時のバイトでの一件があったから。

スポンサーリンク

バイト

18歳の時の話。
高校を卒業するのを控えて、ギタリストになるためにフリーターになり、とにかくギターの練習&色々なバンドのサポートをやり始めた時のこと。

ギターも練習するけど、お金も必要なんですよね。なので、バイトをしました。
バイトは倉庫でペットフードを仕分けするというもの。

面接の時に「ギター練習を最優先させたいので、10時~18時まででお願いします。」というのを伝えて了承してもらい採用してもらった。(募集時間のMAX)

バイト自体は楽しかったし好きでした。

でも途中から忙しくなったようで、バイトの終わる時間が19時、20時と伸びて最終的には22時まで働くことが続いた。

10時~22時の毎日。

これじゃギター弾けないな

ギタリストになりたいのにギターの練習ができない・していない。
このままでギタリストになれるわけがないですよね。

定時での帰宅

「このままじゃアカン」と思い始めたため、現場にいる社員のリーダーさんに

今のままだと最初に伝えたギターの練習ができなくなっているので、契約の18時で帰らせてほしい

と伝えた。

「なんだコイツ」という表情がありありと出ているかなりイヤそうなな顔をしつつ「あぁ、分かったよ。」と言われる。

「すみません」と伝え帰宅していた。

その後も18時になったら自分の仕事を終わらせてから、毎回現場の社員リーダーに断りをいれて毎度イヤそうな顔をされながらも了承してもらい帰宅。

嘘をつく社員

そんな日々を過ごしていたある日の昼間。

「おぅ、お前か!」

バイト作業中にいきなり呼ばれ、顔をあげると現場リーダーと知らない人がいた。
現場リーダーの社員は知らない人の後ろにいる。
現場リーダーよりも位が上の社員っぽい。全部を統括するポジションのような感じ。

おぅ、お前!
勝手に帰ってるらしいな!

・・・勝手に!?

僕「勝手にではないです。そこにいる現場リーダーさんに毎回伝えて了承を得て帰っています」

「あぁ? 聞いてる話と違うな。現場リーダー、コイツはお前に言ってるらしいけど本当か?」

現場リーダーの言葉

聞いていません。いつも勝手に帰っています。

はぁぁぁあああ!?
この人何言ってんの!!

「え、僕は毎回伝えてるじゃないですか。。」
「聞いてない。」

このやりとりのあとに統括ポジション社員が

「お前なぁ、勝手に帰るようなヤツはいらねぇんだよ。お前の代わりなんていくらでもいんだよ。 帰れ! そしてもう来るな!」

とガッツリ言われた。

その時の現場リーダーのニヤリとした顔。

・・・

すぐに面接してくれた社員さんのもとへ行き話すも通じず。

そしてバイトを辞める・・・というか人生で初めてのクビとなったわけでした。

いや~・・・これね、めっちゃショック。

クビになったことではなくて、嘘をつかれたことが。

ショックすぎて悔し涙を流した一件でした。

そしてこの一件から僕は強く思ったことがあります。

スポンサーリンク

自己保身のための嘘はクソ

この内容は内部の人間からすると「人手が足らないのに困る」とかあると思う。
だから仕事上では僕の行動は正しいとは言えない。
だけど僕としては「契約と違うよ」というのがあったし、その範囲内でバイトはしたかったという想いはあった。

と、色々あるけど行動の是非は置いておいて・・・。

今回の件で思ったのは

自己保身のための嘘はクソだな

ということ。

そしてあの時に強く思ったのが

あんな最低の大人にならないようにしよう

状況はどうあれ、自己保身のための嘘はクソです。

自分を守るために嘘をついて誰かをおとしいれたり、傷つけるのはありえない。

あなたの自己保身のための嘘で、しわ寄せが周りに行くからね。

それから、嘘はつかないようにしようと心に決めて生きてきた。
自分としてはほとんど嘘はついていない・・・はず。

できているかは分からないけど、嘘をつく気は基本的にない。 言う事に関しては出来る限り正直に話す。

しょうもない嘘はやめよう

冗談でいう軽い嘘のようなものは別に良いんだけど、自分を守るしょうもない嘘はやめましょうよ。

そういうのって絶対どこかしらでバレるから。

「嘘をつく人間」というレッテルを貼られたら信用されなくなっちゃうよ。
自分を守るためについた嘘で、自分の信用が落ちるのなんてアホらしい。

でも、こういう人は「嘘がバレないようにまた嘘をつく」のが多い。

嘘をついて、嘘がバレないように嘘をついて、その嘘がバレないようにまた嘘つく・・・。

でもこれもどこかしらで辻褄があわなくなって「ん?おかしいぞ?」となってしまうんよ。

こんなことになるんだったら、嘘をつかないのが一番

僕の場合はめんどくさがりでもあるので、そういうのを探るのも疑ってしまうのも面倒。
相手にもそうはさせたくない。

探ったり疑ったりするのが無い方が関係が楽じゃないですか(笑)
面倒くさいの嫌じゃないですか(笑)

おわりに

僕は今回書いた経験をしてから「嘘」というものが嫌いになりました。
嫌いというか憎むレベル。 Don't like ではなくHateレベル。

本当に、嘘はアカンのです。

嘘つく人間になったらアカンのです。

嘘が苦手すぎるので、嘘をつく人達からは僕は距離を置いてしまうかな。悪口を言う人と同じで。

僕は極力嘘はつきたくないし、僕の周りにいる人も出来るだけ嘘はついてほしくないなぁと思っている。

もっと簡単で楽で気持ち良い関係であればいいのにね。
楽しくなる嘘なら大歓迎だけど^^

ある意味この出会いがあったからこそ、嘘をつく人間にならずに済んでいるのである意味では良い出会いだったのかもしれません。

ちなみに!!

一番最初の画像・・・カワウソと嘘をかけたのわかった!?
ちょっと高度すぎたかな~^^(ごめんなさい ←真面目に書きすぎたので

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnori_blog(更新情報)をフォローしよう!

-つれづれ, 考え

Copyright© のり部屋 , 2017 All Rights Reserved.