つれづれ 考え

投稿日:

「どんな仕事がしたいか」よりも「どんな生き方をしたいか」で物事を選んだ方が幸せになれる。

Pocket

「どんな仕事がしたいか」よりも「どんな生き方をしたいか」で選んだ方が幸せになれる。

最近ずっと思っていることがあります。

それは

「どんな仕事がしたいか」よりも「どんな生き方をしたいか」で選んだ方が幸せになれる。

ということ。

仕事と生き方・生活ってかなり密接な関係で同じような意味も持つけど、実際は全然違うものでこれを考えないと理想の生活は手に入らないとも言える。

そんな事を書いていきます。

「こんな考えもあるのか」くらいにでも思ってもらえれば嬉しいです。

理想の職業の生活

夢って大事ですよね。(唐突

色んな夢がありますよね。

それはかなりの数で「夢=職業」となります。

  • 僕の夢はサッカー選手になること。
  • 私の夢は声優になること。
  • 俺は政治家になること。
  •  
    ・・・などなど。

    なりたい職業のために頑張る。

    これはこれでとても大事で良いとも思っています。

    でも、現実的にちゃんと考えないといけない事もあります

    理想の職業の収入・生活

    理想の職業で考えなくてはならない事に収入、勤務時間、なるために必要な時間・・・などがある。

    理想の職業の収入

    収入は大事だよね。

    なりたい職業でも「月に10万円しか収入がありません」というのでは生活が難しい。
    介護士などがキツイ仕事のうえに収入も低く、以前から問題視されていますよね。

    現実的に収入も考えないと大変。

    理想の仕事の勤務時間

    なりたい職業の勤務時間も大事。

    なりたい職業に就けたとして、「朝7時から夜中の2時までが仕事」・・・みたいな生活だと人によっては耐えられないかもしれない。

    Youtuberの中で日本人トップのHIKAKINさん。

    とてつもない人気で動画再生数もずば抜けています。

    でも、動画の製作にはかなりの時間をかけています。

    「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演した際には

  • 朝7時頃まで徹夜で動画編集を行い、起床は午後4時半。
  • 約2時間の撮影が終わると、編集に移る
  • 6時間かけて編集を行い、7分の動画を完成させた
  • このあともゲーム実況動画の撮影を行い、全てが終了したのは深夜1時

  •  など。

    楽そうに見えてかなりの労力が必要で、勤務時間と言える作業時間もイメージよりもかなりヘヴィなものとなっています。

    案外見えにくい部分ですよね。

    僕の仕事は YouTube」というのも楽ではないということですよね。

    なるために必要な時間

    技術系は特に大きいのが「なるための時間」。

    僕はギタリストでもありますが、ギターで仕事をするためにはかなり膨大な時間が必要となります。

    技術系で習得するには1万時間が必要とされ言われています。

    個人的にはそれは嘘でもあり罠だとも思っていて、以前その記事を書きました。

    でも、かなりの時間が必要なのは確かで、仕事になっても学び続けなければ無理な事が多いのも事実です。

    どんな生活をしたいのか

    「なりたい職業」の現実的な面を書いてきましたが、あまり目を向けられない部分ですよね。

    で、こういうのを踏まえたうえで気にしなくてはならないのが

    「どんな仕事がしたいか」よりも「どんな生き方をしたいか」で選んだ方が幸せになれる。

    なんじゃないかなと。

    兄の生活を見て

    僕が20代の頃、兄はサラリーマンとして働いていて、月に100万以上を稼いでいました。

    収入面では年収1000万越えという素晴らしい額。

    でも生活としては朝6時くらいに起きて、帰宅は日をまたぐ日の連続。
    だから睡眠時間は多くて5時間とか。

    「サラリーマンとしてまぁよくあることじゃない?」

    という声もありそうだけど、それを見て「収入はたくさん稼げてるけど、この生活はしたくないな」と僕は思いました。

    仕事も兄も否定する気はなく、あくまで「その生活」は僕には合わないなって。

    なりたいギタリストを諦めた

    私事ですが、ギタリストではあるけど「なりたいギタリストを諦めた」人間です。

    ギタリストと言っても色んな仕事があります。

    アーティストのライブサポートをする人、レコーディングをするスタジオミュージシャン、自分がアーティストとして生きる人、ギター講師・・・などなど。

    僕はライブサポートやスタジオミュージシャンになりたくて頑張り、実際そのお仕事をやるようになりました。

    で、やっていくうちに「なりたい職業についたけど、この生活は自分がしたい生活なのか?」と思うようになり疑問を持ち始めました。
    もちろんその道で食べていくほどの実力がないとかもあるとは思うけど。

    なんにせよ「なんか違うぞ」という思いになったんですね。

    ギターも仕事も好きだけど、その仕事を極める事は自分のなりたい生活ではないと。
    先がなんとなく見えてしまったのもこの考えに辿り着いたことでもあります。

    今もレコーディングやサポートはしているけど、その道でガッツリやるのではなく、頻度ややりたいことを見て選んで自分のやりたい生活に合わせてやらせて頂いています。

    何が自分にとっての幸せか

    僕は20代の頃にバックパックを背負い世界一周の旅をしました。

    「どんな仕事がしたいか」よりも「どんな生き方をしたいか」で選んだ方が幸せになれる。

    旅の中でたくさんの人に出会いました。

    日本人も外国人も色々。

    人それぞれ幸せの形が違うんですよね。

    半年働いて半年旅に出る人もいたし、何年も働いたお金でエジプトでのんびり何年も暮らしたり、ダイビングが好きだからエジプトの紅海のダイビング店でインストラクターとして働いたり。

    それがこの人達にとってやりたい生活であり幸せなんだなって。

    それでいいと思うんですよね。

    僕の考えは「何が自分にとっての幸せか」ということなんです。

    なりたい仕事がなりたい生活か?

    「なりたい仕事がなりたい生活か?」

    これはじっくり考えた方が良いです。

    サッカー選手になるのも世界的に有名になれば何億という稼ぎもあり、知名度も上がる。
    でもメリットだけでなく、デメリットもありますよね。
    長く続けられても40代で終わる可能性が高いとか。

    物事全てにメリットデメリットがあるので考える必要がありますよね。

    なりたい生活を基準に考える

    ここまで書いた事を見て「甘えるな!」という声もありそうですね(笑)

    でも甘えていいんです(笑)

    「なりたい生活を基準に考える」ことをすればいいんです。

    もちろん決して楽ではないですよ。

    それを実現できるようにマジで頑張れば良いだけだから。

    働かないでお金が入る生活がしたい~

    「働かないでお金が入る生活がしたい~」というのでも良いと思う。

    先程のHIKAKINのようにやれば、年収1億は軽く越えますから。 ここまで仕組みを作れば数年は働かなくても毎年億は稼げるはずです。

    株の配当金で暮らすのも手です。
    元手が必要だけど、毎年配当があるので、放っておいてもお金は入ってきます。

    とにかく有名になりたい!

    「とにかく有名になりたい!」なら、スポーツ選手になるのも方法だし、選挙に出るのもあり。
    芸能人になるのも1つの方法ですよね。

    理想の生活を送るために、なんの仕事をえらぶか。

    「どんな仕事がしたいか」よりも「どんな生き方をしたいか」で選んで、

    理想の生活を送るために、なんの仕事をえらぶか。

    ということが大切なんだと思う。

    職業ではなく「なりたい生活」を軸に選ぶと無限に方法を見つけることができるし。

    僕にとって人生は「後悔を出来る限り減らして、幸せに生きる」です。
    その幸せに「何物にも縛られないで暮らしたい」というのがあります。
    こんな考えだからこそ自分で経営をしたり、何かに属さずにやっていっているんでしょうね(笑)

    まだまだですけど、人を幸せにできることをやって、自分も理想の生活を送ることができれば、それって超幸せですよね。

    人それぞれ送りたい生活・幸せは違うはずです。

    幸せになれる生活・・・と考えた時の選択肢として仕事があるんだと思います。仕事ありきではなく。
    稼ぎがどこかにあれば仕事すら必要ないと思いますし。

    何があなたの幸せか、どれがあなたの送りたい生活か。

    ここらへんをハッキリすると良い人生が送れるんじゃないかなと思います。

    人生短いですからね。
    あっという間に年寄りになって死にます。

    後悔しない・・・は無理だと思ってるから、出来る限り後悔を減らせるようにね。
    「〇〇しておけばよかった」なんて一番の後悔ですから。

    少しでも良い人生が送れますように。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Twitter で nori_blog(更新情報用)を

    -つれづれ, 考え

    Copyright© のり部屋 , 2018 All Rights Reserved.