Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Amazonタイムセール

つれづれ 考え 考え(音楽)

失敗した人ほど経験値を積んでいる。「さっさと安く失敗する、うまく失敗する、かしこく失敗する」

投稿日:2017年1月11日 更新日:

Pocket

何かしら行動すれば成功することもあれば、失敗をすることもあると思うんですね。
全部成功する人はあまりいないでしょう。
上手くいかなかったり失敗する人の方が多いと思うんです。

で、失敗した人を見つけては文句や批判する人というのをみかけるわけです。特にSNSで。
僕が言われたわけではないんだけど、いつも思うことがあるんです。

その人達はあなたよりも経験値積んでるよ?

行動に対して文句を言う人達

大なり小なり文句を言う人達っていますよね。
対象のものを見る人が多くなればなるほど、そういう人も多くなっていきます。

  • なにこれwww
  • よくこんなの外に出せたよな
  • 超下手じゃんww
  • 才能ねーよw
  • そんなのやる前から失敗するってわかってんじゃんwアホかよw

  •  
    とか色々あるよね。

    音楽でもなにかしら発表・外に出せば感想で良いのもあれば悪いのもあります。
    事業・会社でも色々な事をやっては、成功するのもあれば失敗するのもあります。

    少し前の事だけど、だれもが知るAmazonや全品送料無料というのを「1500円以上送料無料」にした。
    これに対して「全部送料無料なんて無理に決まってんじゃん!」「だからやめとけって言ったのにw」「Amazon無能かよ」とか見た事あるんですね。
    言った人達がどれだけAmazonの考えを理解しているかはわからないけど。

    サービスでも個人の発表でもなんにでも言う人はいるもんです。

    でも、仮に失敗したとしてもある事が起こっているんですよね。

    失敗したとしても経験値を積んでいる

    僕も失敗をたくさんしてきたし、失敗を覚悟でやったこともあります。
    失敗して、ちょっとイタイ思いをするのも多いけど、なんだかんだそこで得た経験って大きいんですよね。

    他の人も何かしら失敗してもそこからたくさんの経験値を得ているんですよね。

    だからね、失敗したことをバカにする人もいるけど、確実にあなたよりも失敗した人の方が経験を積んでいるんですよね

    実際にバカな失敗をしたかもしれないけど、何かしらの経験値は得られているはず。

    Amazonも送料の変更は作戦だと思うけど、仮に「あぁ、やっぱ送料無料は無理やった。。1500円以上に戻すで・・・イタタタ」っていう状況だったする。 
    でも、送料無料にした場合の人の動き、買い物の変化、合わせ買い、購入頻度、客単価・・・などのデータを得られた。
    これはAmazonにとっては、”経験値”と言えるのではないかと思うんですよね。

    「Amazonは本当にバカだな~(笑)」って笑っている人と、「大事なデータを得られた」というAmazon。どちらがバカなのかな?

    Amazonの場合は絶対作戦・戦略で他にもいろいろな事を考えてやっているはずなので、これは失敗とは呼べないだろうけど。

    他から見えるのと、実際に行動を起こした人では感じ方が違うんですよね。

    スポンサーリンク

    行動すれば痛い思いもするけど成長しているよね

    これは友達と話した時に僕が例え話として出した事。
    僕は自分の生き方とかをRPGに直して考えることが多いんです。

    最初の街・城から外に出るとモンスターがたくさんいる。
    ドラクエで例えると、スライムとかがたくさんいるわけ。

    最初はレベルも低いし、装備品も貧弱。
    一番弱いスライムにも苦戦したり、やられて教会に送られたりするよね(笑)

    スライムにやられる僕らを見て「弱いんだから戦うなってのwww」「ほら、また死んだw」「だから言ったじゃねーかよw」という人がいる。

    でも、そんな失敗をしつつ戦っていれば、戦い方も分かるし引き際も分かる。
    少しずつ勝って経験値も得られる。
    そしてレベルが1から2に上がる。

    レベルが上がればスライムと戦っても死ななくなったし、簡単に勝てるようになる。
    そして、余裕が出来て次の街へ・・・。

    ・・・

    ゲームのRPGをやったことある人は理解してもらえるかもしれない^^

    こんな感じだと思うんだよね。

    外から文句言う人って、何もやってない人も多い気がするんですよね。

    街の中から文句を飛ばしてもいいけど、あなたたちは一回も戦ったことないじゃん?
    経験値積んでないし、ずっとレベル1のままじゃん?
    そんな安全で害のない場所から言われても・・・。

    こっちはまぁ大変だったけど、経験値も積んでなんだかんだレベル3になったよ。
    っていう。

    前に書いた「【音楽RPG編】いや~、魔王までの道のりめっちゃ長いわ~。しんどいしつらい(笑) 【そして伝説へ・・・】」に近いお話。

    さっさと失敗する。うまく失敗する。賢く失敗する

    僕は読んだ本をノート一枚にまとめています。

    以前読んだ「0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる」という本に書いてあったことを思い出しました。

    アメリカのシリコンバレーの会社での話。

    ここではこういう言葉がある。

  • さっさと安く失敗する
  • うまく失敗する
  • かしこく失敗する
  • どれも失敗という言葉だけど、どれもポジティブな捉え方。

    現状100万円かけた案件だけど、続けるとなると数千万かかってしまう。しかしこのまま行ってもたいした利益が得られない可能性がある。
    それがわかったならきっぱりとこの案件はやめよう。
    数千万を使わなかっただけ賢い選択だ。

    という。

    やってみないと分からない事も多い。
    失敗となってしまった事でも、そこから多くの事を得られる。

    さっさとうまく失敗する。
    この言葉は今の自分の中の柱となっていますね^^

    この本はかなり面白いので本当にオススメ!

    兼好法師 徒然草にも書かれているよ!

    日本の三大随筆に「徒然草」というのがある。
    これは吉田兼好(兼好法師)がまとめたもので、「つれづれなるまゝに」という文章で始まるのはあまりにも有名。

    この中にある文章でもとても良い事が書かれているんです。
    徒然草の150段目の文章です。
    まずは原文から。

    能をつかんとする人、「よくせざらむほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらむこそ、いと心にくからめ」と常にいふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、そしり笑はるゝにも恥ぢず、つれなくて過ぎてたしなむ人、天性その骨なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能の嗜(たしな)まざるよりは、終に上手の位にいたり、徳たけ人に許されて、ならびなき名を得ることなり。

    天下のものの上手といへども、はじめは不堪(ふかん)の聞こえもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。けれども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埒(ほうらつ)せざれば、世の博士にて万人の師となること、諸道かはるべからず。

    これだとよくわからないので、現代語に訳すとこのようになります。

    これから芸事を身に着けようとする人はとかく「ヘタクソなうちは誰にも見せたくない。こっそり練習して、ある程度見られるようになってから披露するがカッコいい」と言うものだけど、そういうことを言っている人が最終的にモノになった例えはひとつもない。

    まだ未熟でヘタクソな頃から、上手くてベテランな人たちに混ざって、バカにされて笑われて、それでも恥ずかしがらずに頑張っていれば、特別な才能がなくても上達できる。道を踏み外したり、我流に固執することもないだろう。

    そのまま練習し続けていれば、そういう態度をバカにしていた人たちを遥かに超えて、達人になっていく。 人間的にも成長するし、周囲からの尊敬も得られる。

    今は「天下に並ぶ者なし」と言われている人でも、最初は笑われ、けなされ、屈辱を味わった。それでもその人が正しく学び、その道を一歩一歩進み続けてきたおかげで、多くの人がその教えを授かることができるようになった。

    どんな世界でも同じである。

    いかがでしょう?

    「徒然草」がまとめられたのは鎌倉時代末期(1330年頃)。
    今から700年以上前のものです。

    700年前からこのようなことが書かれているんですよね。700年経っても人間ってのは変わらないし、書かれてる事は普遍的な事なんだと思うんですよね。

    仮にバカにされている人がいても、気にすることはないです。
    誰もが通る道だから。

    おわりに

    第二次世界大戦時に首相を務め、イギリスを勝利に導いたウィンストン・チャーチルもこんなことを言っています。
    失敗した人ほど経験値を積んでいる。「さっさと安く失敗する、うまく失敗する、かしこく失敗する」

    成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである
    Success is stumbling from failure to failure with no loss of enthusiasm
    (ウィンストン・チャーチル)

    たくさん失敗した人ほど経験値を積んでいる。
    周りに何かを言われても気にしないで続けていれば、レベルが上がる。

    文句を言う人がいても、いずれは「ずいぶん下から声が聞こえる気がする」という状況になるよね。

    上手く早く賢く失敗して、たくさん経験値を得ましょうね。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Twitter で nori_blog(更新情報用)を

    -つれづれ, 考え, 考え(音楽)
    -

    Copyright© のり部屋 , 2019 All Rights Reserved.