ペット

【まとめ】犬・猫のペットを飼っている人必見!役に立つ絶対読むべき人気記事まとめ!

投稿日:2018年9月2日 更新日:

Pocket

【まとめ】犬・猫のペットを飼っている人必見!役に立つ絶対読むべき人気記事まとめ!
僕は犬を飼っており色々と気付いた事を役に立てればと思い書いています。

人気の記事をまとめました。

参考になれば嬉しく思います^^

シニア犬・老犬が食べやすいオススメの食器! ペティオ (Petio) 犬用陶器食器

ペティオ (Petio) 犬用陶器食器 メモリ付ボーン Mのレビュー説明・良さ
我が家にはミニチュアダックスが4匹います。(母犬1、子3)

先日、母犬の食器を新しくしました。

母犬は15歳という高齢で歯もほとんどありません。

今までの食器では食べにくそうだったんですが、新しい食器はとても食べやすそう

今回は食べやすそうなイヌ用食器の紹介です。

>>> シニア犬・老犬が食べやすいオススメの食器! ペティオ (Petio) 犬用陶器食器

【徹底解説】小型ペット体重計 「ペットくん」が5g単位で計測できてオススメ!病気の治療中、太り過ぎ、老犬の体重を量って対策をして長生き!

小型ペット体重計 「ペットくん」が5g単位で計測できてオススメ!病気の治療中、太り過ぎ、老犬の体重を量って対策をして長生き!
病気治療中の犬・猫がいる場合、体重を知ることはとても重要です。

家にある人間用の体重計は200g単位でしか計れなくて良いのを探していたら、5g単位で計測できる体重計!!というのを発見しました。

使ってみると、超細かい数値が計測され、大事な家族(ペット)の体重を把握できて大満足の体重計でした!

あまり情報がない体重計ですので、細かく紹介したいと思います。
少しでも参考になれば嬉しいです!

こんな方におすすめ

  • 病気治療中のため体重を管理したい
  • 太り気味のため細かく体重を量りたい
  • 小さなペットの体重を量りたい

>>> 【徹底解説】小型ペット体重計 「ペットくん」が5g単位で計測できてオススメ!病気の治療中、太り過ぎ、老犬の体重を量って対策をして長生き!

肉球が剥がれて血が出た時の対処法。犬の足の裏を守り舐めるのや病気を防ぎ散歩もさせて元気で長生き。

肉球が剥がれて血が出た時の対処法。犬の足の裏を守り舐めるのや病気を防ぎ散歩もさせて元気で長生き。
先日、愛犬と散歩に行って帰ってきてから足裏を舐めてるのを発見しました。

肉球の剥がれは時間をおいたら治るもので、そこまで深く考え必要はないのかもしれません。

でも、愛犬となると肉球の剥がれなど気になってしまいますよね。

散歩を毎日するワンコもいますし、外でしかオシッコをしないワンコもいると思います。
そういう子のためにしっかりした犬用の靴下や靴を用意しておくのも良いと思います^^

ネットで調べるとしっかりした犬用の靴下や靴は色々とありました。
最後に個人的に良さそうと思ったのを紹介しますね! 

少しでもこの記事がワンちゃんのお役に立てれば嬉しく思います^^

>>> 肉球が剥がれて血が出た時の対処法。犬の足の裏を守り舐めるのや病気を防ぎ散歩もさせて元気で長生き。

【実体験】犬のおしっこが多い場合はクッシング症候群・腎臓の病気の可能性あり!

【実体験】犬のおしっこが多い場合はクッシング症候群・腎臓の病気の可能性あり!
1か月前くらいから子供の犬がやたら「水をたくさん飲んで、たくさんオシッコをする」ようになりました。

最初は「たくさん水飲むな~(笑) おしっこも多いなぁ(笑)」くらいだったんだけど、2週間前くらいからオシッコを大量に出してから、凄まじい量の水を飲み、またオシッコをするという状態。

そこで言われたのが、クッシング症候群という初めて聞く病名でした。

「最近ちょっとオシッコが多いな?」
「よく水を飲むなぁ」

と思ったら早めに動物病院へ行ってあげてくださいね。

クッシング症候群という病名を知らない人も一度見て覚えていてもらえたら動物のためになるかと思います!

>>> 【実体験】犬のおしっこが多い場合はクッシング症候群・腎臓の病気の可能性あり!

犬がクッシング症候群発症から亡くなるまでの履歴。病気になった際に気を付ける事。

犬がクッシング症候群発症から亡くなるまでの履歴。病気になった際に気を付ける事。
クッシング症候群になった犬が亡くなってしまいました。
その発症から亡くなるまでの記録を病院のカルテを頂いたので書きました。

我が家で出来る限りのことをしたつもりでも、「〇〇していれば」とやっぱり気にしてしまいますよね。

亡くなるまでも書いてしまいましたが、僕自身クッシング症候群で亡くなるまで思っていませんでした。

クッシング症候群の怖さ、どうなるのかなどを知ってもらえたら嬉しいです。
多飲多尿などのサインも見逃さないようになれば嬉しいです。

>>> 犬がクッシング症候群発症から亡くなるまでの履歴。病気になった際に気を付ける事。

愛犬が亡くなり1ヶ月経った心境から見るペットロスで気を付ける事。

愛犬が亡くなり1ヶ月経った心境から見るペットロスで気を付ける事。
自分の家にいる家族が亡くなることは初めての経験でした。

亡くなってから色々な事があります。

これらを知っていたらもっと気持ちはダメージを受けなかったのかもしれないと思いました。

「こういうことがある」というのは知っておいて欲しいなと思いました

>>> 愛犬が亡くなり1ヶ月経った心境から見るペットロスで気を付ける事。

【必見】犬・猫のペットの葬儀・火葬のオススメ場所。安くてしっかりとした葬儀をして頂きました。【さいたま】

火葬当日の流れ 【必見】犬・猫のペットの葬儀・火葬のオススメ場所。安くてしっかりとした葬儀をして頂きました。【さいたま】
ペットが亡くなって泣いてばかりはいられず、やらなくてはいけないことがいくつかあります。

その中の1つが「葬儀」です。

人間と同じように火葬をします。

ペットが亡くなるのは初めての経験なので、どうすれば良いのかわからず、とりあえずネットで検索をしました。

色んな葬儀会社、色々な方法、様々な値段がありました。

どれが良いのか分からない!

どこに頼んでいいのか、どこが安くて親切なのか・・・とても悩んでしまいました。
検索した人はかなりの人が同じ想いをするはずです。

色々と検索をして、マンションの犬の会の仲良い人に聞いて辿り着いた場所があります。

どこよりも安く、丁寧でした。
ここにお願いして良かったなと思いました。

この記事が役に立つはずです。是非お読みください!

>>> 【必見】犬・猫のペットの葬儀・火葬のオススメ場所。安くてしっかりとした葬儀をして頂きました。【さいたま】

犬や猫のペットの死亡届の手続きと死亡届の書き方と必要な物。【さいたま】

犬鑑札。犬や猫のペットの死亡届の手続きと死亡届の書き方と必要な物。【さいたま】 犬や猫のペットの死亡届の手続きと死亡届の書き方と必要な物。【さいたま】

今回は「死亡届」についてです。

死亡届は必ず手続きをしないといけません。

先日実際に死亡届の手続きをしましたのでこの記事を書いてみます。
参考になれば幸いです。

>>> 犬や猫のペットの死亡届の手続きと死亡届の書き方と必要な物。【さいたま】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で nori_blog(更新情報用)を

-ペット

Copyright© のり部屋 , 2018 All Rights Reserved.